2017年04月27日

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち


yamato2202_dvd_a.jpg

無限に広がる大宇宙・・・

耳に馴染みのあるナレーションで、いよいよ始まった「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」。劇場には見に行けなかったが、ようやくDVDを観ることができたので、軽く雑感など述べておく。

DVD第一章の「嚆矢こうし篇」には第01・02話が収録。第二章以降は四話ごとの収録になるということなので、おそらく前作「2199」と、そして旧作のTVシリーズとも同じ、全26話の構成になるのだろう。「2199」のときと同じように、1年後くらいにTV放映されることを願い、そのときには一話一話じっくり旧作との比較レビューをしたいと思う。


旧作から40年近くが経ち、成熟した現代のアニメ技術で、映像はもちろん構想・設定まで現代のアニメファンの視聴に耐えるように、そして、アニメオタク文化の誕生と発展や紆余曲折を共にしてきた旧作世代のファンの期待に耐えうるクオリティにするべく練って練って練り上げられているのは、前作「2199」と同じ。弥が上にも期待が高まる。

結城信輝の美麗なキャラクターや、旧作の松本零士テイストを継承した緻密なメカデザインはそのまま引き継がれているので、ぱっと見の印象として前作との大きな変化を感じにくいが、「2199」の要であり総監督だった出渕裕が降板し、監督は羽原信義に、脚本及びシリーズ構成は福井晴敏に引き継がれた。
まぁ、ブッちゃんはもともと続編を作るつもりがなかっただろうから、降板というよりは「出渕裕はあくまで2199の監督であり、2202には無関係」と割り切るべきだろう。とりあえずは新体制での「2202」を楽しもう。



さて、それでは気づいた点などぼちぼちと・・・。

まずは「お馴染み」と思いがちな冒頭のナレーションだが、旧作と本作「2202」では、まったく似て非なる扱いが為されている。

無限に広がる大宇宙、そこには様々な生命が満ち溢れている。
死んでゆく星、生まれて来る星
その、生命から生命へ受け継がれる大宇宙の営みは、永遠に終わることはない。

あの忌まわしいガミラスと地球の戦いも、宇宙の雄大な時の流れの中では、束の間の混乱に過ぎなかった。
そして今、時は流れて・・・。


これはTV放映版の「2」で使用されたナレーションで、劇場版「さらば〜」ではまた微妙に異なるのだが、内容やその趣旨に大きな違いはない。大宇宙の雄大さと、地球の人類史など比較にもならない悠久の歴史を客観的に述べている。

ところが「2202」では、

無限に広がる大宇宙
静寂な光に満ちた世界
死んでいく星もあれば、生まれてくる星もある
そうだ・・・宇宙は生きているのだ。

生きて・・・ 生きて・・・

だから・・・「愛」が必要だ!


yamato2202_dvd_b.jpg
ナレーションを担当しているのは、ズォーダー大帝役の手塚秀彰氏。
・・・というか、この一説は客観的なナレーションではなく、ズォーダーの主観垂れ流しになっている。
ちなみに、このアオリの立ち絵は湖川友謙氏の作画らしい。

実は、はじめの四行は「さらば〜」や「2」ではなく1977年の最初の第一作劇場版の冒頭と同じもの。
旧作では、どこまでも広大な深遠なる静寂で生命に満ち溢れた宇宙、しかしその片隅で、今「地球」という星が滅びようとしている、という導入だった。
そして、地球人にとって大きな出来事だったあの戦争も、宇宙は何もなかったかのように受け入れている。しかし地球レベルにおいては、今また新たな災厄が迫っていた。というのが「さらば〜」や「2」の冒頭だ。

「愛」が必要だ!
どっから出てきたよ、このフレーズ!

あくまで私見だが、旧作の劇場版「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」は、まったく桁外れに強大で理不尽な敵に、古代が地球人類を勝手に代表して「宇宙の愛」や「宇宙の真理」を解き、同胞の屍を涙ながらに踏み越えて地球が平和を手にする物語だ。今観ると、かなり説教じみてて古臭い。
そして、さらに続編を作ることが決定したため、主要クルーを死なせないように改変したのがTV版「2」なので、メインテーマを失った「2」は相当ぬるくてつまらない作品になっている(あくまで私見)。

この21世紀に「犠牲の美学」は受け入れられにくい。「2202」は、時代錯誤とならないように、されど「さらば〜」「2」を明らかに踏襲した展開が求められるという、困難な問題に立ち向かわざるをえないのだ。

そこで採用されたと思われるのが「愛」。
「愛の戦士たち」という副題からして、もう寒気がするほど古臭いのだが、それを押して「愛」をメインテーマに据えることで旧作とのリンクを図ろうというのだろう。方向性は間違っていないと思う。


虚しい・・・実に虚しい・・・
彼らの生命に何の意味があったんだ・・・
その苦痛に報いるどんな意義が、人の生涯にあるんだ・・・

やはり愛が必要だ・・・
この宇宙から根こそぎ苦痛を取り除く「大いなる愛」が・・・。


征服者に抗う弱者の殉死ほど無意味なものはない。暴力によってそれらをも包括統制し、最終的に広義の平穏を与えることができるのは自分だけであると、ズォーダーは極めて独善的な「愛の在り方」を解く。

これに対し、古代たち地球人は、そしてテレサは、どのような「愛」を訴えるのか。羽原・福井コンビの作り出す新たな世界に期待したい。



また、前作「2199」を観た方は誰しも考えたと思うが、前作の制作陣が続編を作らない覚悟で「2199」を完結させた(たぶん)ため、旧作をただなぞっては作れない様々な事情が存在する。

「2199」において、地球を汚染物質から救う「コスモリバース」の依代となったヤマトが、波動エネルギーの兵器への転用を禁止することをスターシアと約束し、艦首波動砲を封印していたことや、
地球連邦政府が、ガミラス新政府との間に和平を結び、同盟国となっていることなどが、その代表的な例だ。

ヤマトの波動砲はもとより、波動エネルギーの兵器転用ができないとなれば、アンドロメダも建造できない。

しかし地球連邦政府は、あれは沖田艦長の独断で為された口約束に過ぎず全地球の意思ではないと、スターシアとの約束を反故にし、アンドロメダを旗艦とする波動砲艦隊構想を進めていた。イスカンダルの姉妹星であるガミラスと同盟関係にあるというのに、である。

yamato2202_dvd_c.jpg yamato2202_dvd_d.jpg

済んだことよりも未来のこと。地球の復興とより一層の発展、またガミラスと共に宇宙の恒久平和を目指すためには強力な軍備が必要となることは明白なので、政治的な決断としては正しいのかもしれないが、地球は未来永劫「恩人に後ろ足で砂をかけた」と言われ続けることになるだろう。

yamato2202_dvd_e.jpg
この3年で再編成された地球連邦宇宙軍にも相応の変化があったことが伺え、ヤマトに潜入させたクーデター部隊の首謀者としての咎で更迭されたのか、「2199」最終回には司令部から姿を消していた芹沢が、以前よりも軍事最高責任者としての発言権を増している。波動艦隊構想推進派とタカ派の後押しによって復権したらしい。

yamato2202_dvd_f.jpg
そして、あろうことかヤマトも波動砲艦隊構想の一翼を担うべく大幅な改装工事が施されていた。
あぁ、ティザーサイトの小林誠のイラストはこれだったか。
ヤマト強化の理由付けとしてはいささか苦しい気がする。


で、ガトランティスは「2199」と「星巡る方舟」で、すでに登場済みだからなのか、「全てが謎に包まれた正体不明の敵」ではない。ガミラスと抗争中の敵勢国家で、ドメル艦隊に蹴散らされていたのがウソのように強い。
しかも謎の巨大石柱の中から大型戦艦が現れ、ガミラス・地球連合艦隊は壊滅的被害を被るのだが、

yamato2202_dvd_g.jpg yamato2202_dvd_h.jpg

コレ・・・ちょっとネタバレするけど・・・
ラストで超巨大戦艦が出て来る布石と考えるべきなのか、超巨大戦艦登場の驚きや絶望感が台無しになると危惧するべきなのか、第一話でこのギミック使っちまうのかよ・・・と少々驚いた。

余談だが:
本作では白色彗星帝国のことを「ガトランティス」と呼んでいるが、旧作では「ガトランチス」だった。


yamato2202_dvd_i.jpg
旧作では「ものすごい高出力で発せられている恒星間通信」だったテレサのメッセージは、元ヤマトクルーの脳にだけ直接伝わる念波のようなものになっており、各人身近な故人の幻覚を見たという。古代の場合は沖田艦長が「ヤマトに乗れ」と・・・。
故人の幻がオレンジ色の世界なのは旧作を踏襲していて良いね。

ヤマトに残された謎の女性からのメッセージ。それは地球へ向かっている未知のクエーサーとほぼ同じ方角から明らかに地球をめがけて発せられていた。謎の女性は明らかにヤマトを呼んでいる。

yamato2202_dvd_j.jpg
スターシアとの約束を破ってまで軍拡路線に発展してきた地球への違和感と、沖田艦長の願いが古代の背中を押したのはもちろん、今の地球を方向づけた側に立っていた真田さんまでが「行くべき」と考えている。
 
テレサのことは、ガミラスの地球駐在大使も知っており、地球とガミラスの命運に関わる事態と認識、古代たちに何かを期待しているようだ。


旧作で印象的だったエピソードも忘れてはいない。

yamato2202_dvd_k.jpg
古代と雪は旧作同様婚約しているし、

yamato2202_dvd_l.jpg
英雄の丘に集まる元ヤマトクルーとか、

yamato2202_dvd_m.jpg
アンドロメダに向かって「バカヤロー」とか・・・。


EDテーマは「ヤマトより愛をこめて」だ。
旧作「さらば〜」で使用された音源が流用されているので、若々しいジュリーの歌声に感激したファンも多かったそうだが、僕的にはイマイチ。TVサイズに編集されているのは仕方のないこととして、何よりこの曲は毎回聞くものではないような気がするのだ。・・・いや、第二章は違うEDに変わる可能性高いか。では尚の事、今使うべき楽曲ではないと思う。

ついでに言うとOPテーマは「宇宙戦艦ヤマト」の吹奏楽バージョンで歌詞がない。やっぱり「イスカンダルへ」がマズイのかなぁ・・・。

yamato2202_dvd_n.jpg

こんなところにしておこう。後はTV放映が決まったときに、もしくはどうしても書きたいことが思いついたときに。

前作「2199」のレビューはこちらから。

posted by BIE at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙戦艦ヤマト

2017年04月24日

ONEPIECE 863「義侠派」


op_863a.gif
ウェディングケーキの中から一斉に飛び出した無数のルフィ。

ルフィが計画した「おもしろい登場の仕方」とは、ブリュレの能力でルフィに化けさせた動物たちを、一斉に解き放つ、というものだった。

いきなり横道にそれるが:

op_863b.gif
チョッパーとキャロットに捕まってからというもの、情報は喋らされるわ、「どこでもドア」替わりに使われるわ、タクシー替わりにされるわと、ブリュレとディーゼルには良いことがない。まぁ、捕虜なんてそんなもんだ、と言ってしまえばそれまでだ。

しかし、ママの性格もその恐ろしさも、そしてウェディングケーキをどれほど楽しみにしているかも、当然熟知しているはずのブリュレが、

op_863c.gif
この期に及んで「ごめんよママ、いう事聞くしかなかったんだ!」とは片腹痛い、いや実に興味深い泣き言である。

これはただの裏切りではない。ママの暗殺計画なのだ。

平時でも、裏切り者はママに始末されることをブリュレは知っている。今回手を貸すことを拒絶すればベッジに殺されたかもしれないが、この計画に協力してしまったら、計画の成功失敗の如何を問わず、全家族を敵に回すことになることをブリュレは分かっているのか。
仮に計画が成功して、もっとも恐ろしいママが居なくなったとしても、兄弟の誰かに始末されることは間違いない。今を無事乗り切ったとしても、茶会のあとで許しを請うて通用する相手ではないのだ。

しかもブリュレは、ルフィたちがビッグ・マム海賊団の「歴史の本文」の写しを取ることに密かに成功したことも知っている。

その上で「ごめんよママ、いう事聞くしかなかったんだ!」とは、
一時的に家族に害する行動を取ることになるけど、大丈夫!起死回生の手をすでに仕込んである、とか、あとで汚名を返上する策を持っているとか、そういうことでない限り、これはもう家族の元へ戻ることを諦めたと考えるしかない。

すなわち、ママの命、家族との絆、信頼、ママの庇護下での地位や待遇それらすべてをかなぐり捨ててでも、自分の命ひとつが大切だと、ブリュレは判断したことになる。
・・・こいつバカだろ・・・。


〜閑話休題〜


op_863d.gif
混乱する会場で、マザー・カルメルの写真立てを狙うルフィだったが、それを先読みしたカタクリに阻止された。

カタクリは「モチモチの実」の・・・デンプン人間? とにかく自然系ロギアの能力者だ。水気があれば脱出できるが触れると固められるという謎仕様。覇気では逃げられないのか。

op_863e.gif
カタクリに襲われたルフィを助けに入ったジンベエは、正式にママの傘下からの離脱を宣言。しかもジンベエは逃げも隠れもしない。先だっての「落とし前」という名目のルーレットは理不尽な悪意に塗れていたが、筋の通った落とし前ならいくらでも付けてやる。

op_863f.gif
いくらでも寿命を取るがいい。

op_863g.gif

しかしジンベエからは魂がこぼれ出ない。


op_863h.gif
未来の「海賊王」の仲間になろうっちゅう男が、「四皇」ごときに臆しておられるかァ!!!
これにてビッグ・マム海賊団をやめさせて貰う!!!


チョッパーが男泣きするほどカッコいい!!これぞ「義侠派」。漢ですわ・・・。
図らずも大勢の立会人が見守る中での、正式な脱退となった。これを今さら覆すことはママのメンツが許さないだろう。

そんな騒動を他所に、こっそりひっそり

op_863i.gif
任務完了。


op_863j.gif
これはカタクリが、おそらく「見聞色の覇気」をもって、ルフィの気とケモノの気を判別しそれを皆に伝えたことで、ルフィ本体以外の「ルフィの姿をしたもの」はすべて警戒の対象から外れていたせいだ。
今回のシリーズ、ブルックが地味に、しかしめちゃくちゃ重要ないい仕事してる。

さぁ、こっそりひっそりはいいけれど、皆この好機を見逃していないだろうな。
そして本当にママは正気を失うのだろうか。

続きはGW明け!

posted by BIE at 17:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | ワンピース

2017年04月20日

ONEPIECE 863 速報


きっちり義理を通し、盃返上。
ジンベエさん、カッケェ!

記事本文はこちら
posted by BIE at 14:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | ワンピース

2017年04月17日

ONEPIECE 862「頭脳派」


前回ラストで、ベッジをも唸らせた「演技派」サンジの浮かれっぷりは

op_862a.gif
演技ではなく、とはいえ本気で浮かれているわけでもなかった。

天性のスケベ心がムクムクと鎌首を持ち上げて、わかっちゃいるけど、ムラムラとムフフを隠せないだけ。って見たまんまかーい! かと思えば、いやそう単純ではないのかもしれない。

女は蹴ってはいけない。レディは優しく丁重に扱う。そして

op_862b.gif
「女のウソ」は許すのが男。

本能的には危機を察知しながらも、これら幼少の頃から培ってきた女性観が、持ち前のジェントルな(すなわち建て前の)部分で、心とはうらはらにプリンの裏切りを許容しようとしているのだ。これは考えてやっていることではないので、サンジにもどうにもできない。(たぶん


衆人環視の中、特別製の巨大ウェディングケーキの上で執り行われる誓いの儀式。

op_862c.gif
ヴィンスモーク家が座る特別席の周囲は、密かにビッグ・マムの子供たちに取り囲まれ、レイジュはここで滅ぼされる覚悟を決めたようだ。


op_862d.gif

いよいよ誓いのキス。
プリンも、他の兄弟たちも、銃を抜く準備は万端だった・・・が、しかし

op_862e.gif
「血の宴」開幕の狼煙は上がらず、突如泣き崩れるプリン。

一体何が起こったのか。


op_862f.gif
プリンは、計画通り、サンジがベールを上げた瞬間に「第三の眼」を露出した。愛しい花嫁が「三つ目のバケモノ」だったことにサンジが怯んだスキを突くつもりだった。
プリンの目論見通り、サンジは一瞬怯んだが、しかしそれはプリンが「三つ目」だったことに驚いたのではない。

op_862g.gif
プリンの瞳があまりにも美しかったからだ。


op_862n.gif
幼少期からバケモノ扱いをされ、人々に忌み嫌われてきた結果、すっかりひねくれてしまったプリン。「三つ目」を唯一必要としてくれるママにさえ「気味が悪いから隠せ」と言われ、自分でもこの「三つ目」を忌まわしいものと認識していた。

プリンは生まれて初めて、「三つ目」を嫌うどころか、その「三つ目」を本心から好いてくれる男に出会ったのだ。激しい動揺、止まらない涙、もうプリンにこの男を殺すことはできない。

ヴィオラに続き、またしても、サンジの一点の曇りもない下心が、頑なになった女の心を溶かした瞬間だ。


op_862h.gif
この異常事態をいち早く察知したカタクリがサンジを狙撃するが、サンジには当たらない。カタクリが撃ち出したジェリービーンズは、プリンの代わりにサンジを撃とうとした神父に当たってしまい、神父の銃は空を撃った。

それが作戦開始の合図となった。

作戦の開始前から、すでに計画通りに事態が進んでいないことを知らないルフィは、予定通りの「おもしろい登場の仕方」とやらを決行。

op_862i.gif
巨大ウェディングケーキの中から、無数のルフィが飛び出した。

地下の囚人図書館に幽閉し、その後オペラが勢い殺してしまったはずの「麦わらのルフィ」が大量に、それも、今回の茶会でママがもっとも楽しみにしていたウェディングケーキを台無しにしながら登場したのだ。さすがのママもこれには驚いた。・・・しかし、これは怒るでぇ・・・。


さて、いくつか気になることがあるな。

まず、時間ギリギリまでベッジの体内で眠っていたルフィが、いつの間にケーキの中に移動したのか。

op_862j.gif
これは、登場の演出についてルフィが事前にベッジに何やら頼み事をしていたので、ケーキの中もしくは裏にでも、あらかじめ鏡を用意させていたと考えるべきだろう。

次に、カタクリの能力について。
前々回860話のレビューで、僕は「見聞色の覇気」をいくら鍛えようとも、未来のことが分かるようにはならない」と断言した。

レイリーの解説が適切だという前提でだが「相手の気配を敏感に察知する、人間誰しもが持っている能力」である「見聞色の覇気」では、周囲の空気の流れや音の変化、相手が発する気配、筋肉や目の動き、鼓動、あるいは血液や体内の神経伝達物質の動きまで感じることができたならば、目の前の敵がこれからどう動くかを瞬時に感じ取ることができるだろう。それは次の動きの「予兆」を見ているからだ。

しかしその理屈なら、たとえば目の前の人物「A」の動きに反応して、予期せぬ行動を取った別の人物「B」の動きを事前に察知することはできない。「B」の動きの予兆は、「A」の行動があってはじめて現れるからだ。
覇気は超能力ではない。いくら鍛えようと、万能にはならないはずだ。・・・と僕は確信していたのだが・・・

op_862k.gif
今回カタクリは、これからサンジが「三つ目」を見て取る意外な反応を、その時点では想像だにしていなかったプリンが、サンジの言葉に心を揺さぶられ、泣いてうずくまる様子を見ている。(なぜ足元が、ケーキの下にいるカタクリから高い目線で見えているのかは謎だが。

残念だが僕の考えは大外れだった。カタクリは、本当に少し先の未来を見ることができる。

では、そこまで超人的な未来予見能力を持ちながら、なぜジェリービーンズを外したのか。それは、カタクリほどでは無いにせよ、サンジもまた「見聞色の覇気」の優れた使い手だからと考えるべきか。でなければ「自分の行動の結果は予見できない」とかいう、作品展開上都合のいい弱点があるのかもしれない。

op_862l.gif
また、不測の事態にママを庇うように立ちはだかったのはさすがだが、「おれにも手が出せねェ」とはどういう意味か。
op_862m.gif
ルフィが飛び出してくること、ルフィが大勢いること、ケーキが破壊されること、今からではこれらを「止められない」のは分かる。「手が出せねェ」って何だろう?


あと、ヴィンスモーク家の男どもは、本当に何も気付いていないし、何も企んでいなさそうだ・・・。
がっかりさせてくれるわ。


ところで・・・
「頭脳派」って誰のこと言ってるんだ? 

「美しい瞳」発言は、サンジがプリンに銃を撃たせないために、考えて言ったわけではない。ふと本心から零れ出た言葉だからこそ、プリンの胸を打ったのだ。
だが、前回の「演技派」も、そう見えただけで実際はそうではなかったから、今回のサンジは言葉巧みにプリンを拐かした「頭脳派」に、少なくともベッジには見えていた、ということなのかな・・・。
posted by BIE at 09:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | ワンピース

2017年04月13日

ONEPIECE 862 速報


ルフィの奇策は・・・ルフィ松さん!?

記事本文はこちら
posted by BIE at 17:56 | Comment(7) | TrackBack(0) | ワンピース