2009年10月05日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第26話

原作:52話〜53話終盤まで

hagane_26a.jpgコミック版通りの展開

hagane_26b.jpg
アルフォンスの鎧から覗く光点は、当然"眼球"ではありません。
実際に光っているハズはないので
あくまで"アルの心象を視聴者に伝え易くするための手法"として
光って見えているだけだと思いたい。
この辺、原作者から解説ありませんかね。

hagane_26c.jpghagane_26d.jpg
ブラッドレイ誕生のくだりに出て来た金歯の医師は
実は錬金術師で、今連載中の98話99話に出て来ている重要人物ですね

真理の扉をくぐる際に、やせ細ったアルフォンスの実体に出会ったエド
気付いた瞬間、扉に飲まれ伸ばした手もアルへは届かないのですが
hagane_26e.jpghagane_26f.jpg
閉じた扉をこじ開けてアルに「待ってろ」と言い残しました。
思いの強さがコミック版より伝わってくるいいシーンですが
閉じた扉をこじ開けるなんてことは出来っこないので
ちょっと・・・て感じですかね。

次回予告で若い頃のピナコばっちゃんが出てた気がしますが
ここでオリジナルエピソード挟みますか。シナリオ進行押してるのに…。
posted by BIE at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師

2009年10月01日

ONEPIECE 559 「天命」

扉絵シリーズ8人目はゾロ
タイトルが「ゾロのあいつらどこだ世話が焼ける」となっているので
ゾロはまるで事態が把握できていない様子。
剣も返してもらえたようだし、ペローナ様ひょっとして恋しちゃった?


op_559a.jpg
自分が引きおこした大戦争に、大事なオヤジや仲間、弟を巻き込みたくない一心で
必死で叫んだエースでしたが、ようやく覚悟を決めました。

前回センゴクの作戦に勘づいた白ひげは、部隊を大きく動かし、
敵に回すとめんどくさい"極悪囚"がゴロゴロいるバギー一味を
体よく味方に引き込んで事態に備えます。

op_559b.jpg
とりあえず下手に出た白ひげのおかげで
バギーの株が天井知らずのうなぎ上り状態。当分下落しないと思われます。
今ならまだ買い時ですよ、お客さん。

スモーカーは、ローグタウン・アラバスタから貯まっていた憤懣を
晴らすかのごとくルフィを打ち据えます。
攻撃が当たらないモクモクの実の能力に加え海楼石を仕込んだ十手

op_559c.jpg形勢はルフィの激不利でしたが、
ここでルフィを傷つけられたことに怒ったハンコックが"覇気"を込めた攻撃
ルフィが"覇気"を使いこなす伏線になることは間違いないでしょう。

op_559d.jpg
スモーカーが、九蛇クジャの"覇気"か…!!! と言っています。
そういえばアマゾンリリーでは"覇気"は使えて当たり前なんだった。
"覇気"さえ纏っていれば、自然系ロギアにもダメージを与えられるようです。
ハンコックの"覇王色の覇気"のことまでは知れ渡ってはいないでしょうけど、
こういうことなら、そりゃ九蛇海賊団は強いわけですね。

そしてバーソロミュー・くまは、
かつて「暴君くま」と呼ばれた、イワさんが知る「くま」ではないそうです。
op_559e.jpg
安易に考えれば、スリラーバークで麦わら一味をしとめ損ない
シャボンディ諸島で黄猿の任務を邪魔した、責任を取らされ洗脳された
というところか。

今目の前にいるのが、本物なのかパシフィスタなのか
聖書持ってるから本物のくまの肉体だと思うんだけど。

まぁ死んでないと思うのでいずれ復活するんじゃないですかね。根拠はないけど。
posted by BIE at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワンピース