2015年10月29日

ONEPIECE 805 速報


!!
サンジたちに一体何が・・・!?
ミンク族のガーディアン、月夜だったらどうなってた・・・?

本スレはこちら
posted by BIE at 13:36 | Comment(7) | TrackBack(0) | ワンピース

2015年10月27日

ONEPIECE 804「象の背の国の冒険」


op_804a.gif

ようやく頂上、すなわち巨象の背に到達したルフィたち。

ここは容易に辿りつけない幻の島であり
千年以上の歴史を持つと云われる秘境。

黄金こそないが、なんとなくシャンドラに似てるかも・・・
と、思って比べてみたら

op_804b.gif そうでもなかったww。

まぁ、空白の100年の動乱の時代からそのまま忘却された古代都市
という共通点は、今後どこかでリンクすることがあるのかもしれないが
今のところ直接的な関係はなさそうだ。


そこで登場したミンク族。

op_804c.gif
そのミンク族の戦士らしき女性が、ナミの服を着ている謎。
よく見ると、ハイヒールまでナミのものっぽい。

795話でのナミは別の衣服を着ていたので
追い剥ぎに会ったわけではない。

サニー号にいるときに奪われたのか、
それとも持参した荷物から盗られたのか、
はたまた、友好的に譲渡されたのか・・・。

もう一人のウサギっぽいミンク族の少女は
op_804d.gif
側面総編み上げの超ミニ・ボディコンワンピにブーツ。
およそ外界との接触を拒んでいる種族の格好とは思えない。


これは例えば、
独自の閉鎖空間で暮らす彼女らミンク族には服を着る文化がなく、
あとから男どもが来るから、とりあえず私の服を着ろ。
と、ナミが自分から提供したものである可能性がある。
(それ以前にサンジとブルックがおかしくなるから…かも

このナミの服を着た人物は
ルフィたちについて予め知っていたようだしな。

では、彼女が言う”くじらの森”に現れた「侵入者」とは誰だ?


今、ゾウには
・ミンク族
・シープスヘッドの部隊(すでに撤退した可能性あり)
・ルフィたち
・ナミたち

加えて、錦えもんたちと、ハートの海賊団が居るはずだ。

シープスヘッドたちは、どうやら侍を求めて
侍と関係あるらしいミンク族を迫害しているようだったが

op_804e.gif
自分たちも今だけ外から来ているなら、
それを棚に上げて、ナミに向かって「侵入者」とは言うまい。
彼らはゾウに常駐していると考えるのが自然だ。

他にもミンク族と敵対する勢力があるとか
ミンク族が二分して勢力争いをしてるとかだと、もう分からないが
くじらの森の侵入者とは、少なくともナミたちではなさそうだ。

と、なると
ベポたちハートの海賊団か、
もしくはすでに先回りして入国した錦えもんたちという可能性もあるか。



話が前後するが、
錦えもんとカン十郎は、象の足を登っているさ中

op_804f.gif
上から落下してきた何者かと激突、転落し、現在別行動中。

その何者かが、行方不明だったもう一人の侍
忍者「雷ぞう」らしいのだが

op_804g.gif
どう見ても、エテ公 ゲフンゲフン…可愛い仔猿だ。

追記:この猿=雷ぞうと考えるのは早合点だ、とご指摘いただきました。

シルクハットにスーツ・革靴というのが、
まったくワノ国の人間らしくなく、違和感がハンパない。

雷ぞうはゾウの門の守護をしていたと考えられ、ミンク族とも知り合いのようだ。
雷ぞうが落ちてきたのは、ゾウの門で誰かと戦い
投げ落とされたと考えるのが自然で、

ということは、門を破壊したのも、くじらの森の侵入者もそいつらだろう。


ただ、僕がもっとも腑に落ちないのは

op_804h.gif この展開だ。
ここで錦えもんとカン十郎(と雷ぞう)を別行動させる展開に
あまりにも無理がある気がしてならない。

というのは、
僕は、はじめからカン十郎は敵ではないかと疑っているからだ。

錦えもんとモモの助にとっては、
麦わらの一味は「恩人」だが、カン十郎は違う。
それに、彼らには
ルフィにもまだ打ち明けられない、ゾウへ来た「やんごとなき」事情があり、
そのためには優先するべき順番もあるだろう。

仮にルフィたちを欺き裏切ることになろうとも、
彼らには為すべき大事があるはずだ。それは理解できる。

しかし、どうもカン十郎は、錦えもんをさえ欺いているのではないか。
この目隠しからの一連の行動も
「わざと」ではないかと思えてならないのである。



さて、犬やウサギなど、喋る動物人間「ミンク族」。
雷ぞうが猿っぽいことも、関係があるのかもしれないし、
ネットでは、ベポもミンク族ではないかと一部で噂されているようだ。


余談だが:

op_804i.gif

人身売買の価格相場を見る限り、
ミンク族の価値は、イデオやブルーギリーと変わらないが
同じ価格帯のトンタッタ族は非常に珍しいとされていた。

「亜人」であることで、魚人以上にレアな存在なのに
ヒューマンオークションは、貴族や天竜人の道楽の意味合いが強いので
純粋に「種」として珍しいとか、学術的な価値とかは一切関係なく
怪力や戦闘力、特殊技能や美しさなどで、貴族たちにいかに役に立つか
いかに彼らを満足させるか、が価値の判断基準となっているのだろう。

彼らもまた魚人のように人間を憎んでいるのだろうか。
ワノ国との繋がりは何か。

ちょっと初っ端から謎が多すぎるわ・・・


あぁ、ところで・・・ゾウの門に刻まれてた文字

op_804j.gif 解読できた人いますか?

posted by BIE at 16:28 | Comment(13) | TrackBack(0) | ワンピース

2015年10月22日

ONEPIECE 804 速報


ミンク族・・・くじらの森・・・・

ミンククジラ・・・・・・違うな・・・

言語も不明瞭だし、まだまだ謎すぎるな。

本スレはこちら

posted by BIE at 18:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | ワンピース

2015年10月11日

ONEPIECE 803「登象」


バルトロメオたちと別れた麦わらの一味プラスαの一行は
雲をつく巨大な象の背中に存在する土地「ゾウ」を目指す。

op_803a.gif
しかし、ここに至っても
錦えもんたちがゾウへ来なくてはならなかった理由は、まだ話せないという。

では、錦えもんたちの状況を分る範囲で整理してみよう。


op_803b.gif
「ワノ国」は他所者を受けつけない鎖国国家。

錦えもんが他国の食事や衣装などの文化に疎いのは、
鎖国により情報・交流が遮断されているため。


何らかの理由で「ゾウ」を目指し4人で海へ出たが
遭難し、忍者雷ぞうを除く3人だけがドレスローザへ漂着した。

ドフラミンゴの手下に追われ、
船に密航したモモの助は、たどり着いたパンクハザードで、
ベガパンクが作った、オリジナル「人造悪魔の実」を口にしてしまい、
モモの助を追って来た錦えもんは「吐くほどに大嫌い」な海賊、
麦わらの一味と出会い、行動を共にする。

op_803c.gif
竜(ドラゴン)には「親の仇同然」の遺恨がある。

op_803d.gif
カイドウの名前に反応を見せる。



op_803e.gif
巨大象の背中へ登るために
カン十郎は昇り竜(のような何だか気の毒な生き物)を出したが

それに対する錦えもんの反応は
op_803f.gif あのな

錦えもんは、竜が「親の仇同然」に憎いのだから当然だが
それを知るカン十郎は、軽い皮肉とばかりに笑いながら
「目には目を」と言う。

これの意味する所は、
錦えもんが竜(ドラゴン)を憎む元凶がここに居る、もしくは
少なくとも、ゾウへ来た目的にその元凶が関係している、ということだろう。


そこでどうにも引っかかるのは、やはりカイドウだ。


錦えもんたちがドフラミンゴに狙われていた理由は
まだ明らかにされていない。

ドレスローザ編中盤からは、モモの助が狙われているという描写があるが
これは、ベガパンクのオリジナル「人造悪魔の実」の貴重な被験者だから
という疑いが強いため、
もともと錦えもんたちが狙われていた理由は別にあると考えたほうがいい。

そして今、
錦えもんたちが何としても来なくてはならなかったゾウに

op_803g.gif
侍を探す集団が居る。この集団はカイドウと繋がりがある可能性が高い。

錦えもんはカイドウの名に反応していたし
カイドウとドフラミンゴはビジネスパートナー以上の関係がある。

ドフラミンゴに狙われていた理由は、カイドウに由来するのだろう。

op_803h.gif
ただ・・・シープスヘッドのチームやジャックがつけているこの旗印が
カイドウのものだという確証はまだない。
結構前から登場しているアイアンボーイ・スコッチや、
op_803i.gif
793話に出てきたカイドウの部下たちには見られないし、角も付けていないからだ。

また別の・・・新しい勢力である可能性も・・・ある。


ま、シープスヘッドやジャックがカイドウの部下だと仮定するとしたら
錦えもんが竜(ドラゴン)を「親の仇同然」に憎む理由も
カイドウが関係している可能性がある。

op_803j.gif
角・ヒゲ・鱗・最強の生物・・・カイドウの正体が竜なのかな・・・
ワンピ世界でもドラゴンは空想上の生物らしいけど。


現状では微妙に未確定の要素が多く、
ナミが追ってきた犬っぽい少女と、チョッパーが助けたい「彼ら」が
仲間や同一の種族であるとは限らないが、
どちらか、もしくは両方がローが言うところの「ミンク族」なのだろう。

そしてどうやら、ミンク族を迫害すると「侍」が出てくるような
縁があるように言われている。


これまで、錦えもんの「親の仇同然」という言葉からは
肉親ではないが近しい者たちを竜(ドラゴン)に殺された、
ひいては、ワノ国が竜(ドラゴン)に滅ぼされたのではないかと考えられていたが

親同然の古よりの縁者(ミンク族)が竜(ドラゴン)に迫害を受けている
という意味だったのかもしれない。

そうなってくると、
大昔、空飛ぶ竜を斬り落としたと言われる伝説の侍
剣豪リューマの逸話も、俄然真実味を帯びてくる。


まぁ、錦えもんが憎む竜(ドラゴン)というのが
モンキー・D・ドラゴンのことで「ドラゴン」と付くものすべてが許せない・・・
ということでは・・・ないと思う。



ついでにそのドラゴンだが・・・

op_803k.gif なんだか老けたな・・・。

その革命軍のアジトであるバルディゴがピンチだ。

ジーザス・バージェスが、
ドレスローザでサボに敗れた後、命からがら革命軍の船に忍び込み、
現在バルディゴに潜伏中。

op_803l.gif
さて、バージェスの命が尽きるのが早いか
バージェスのビブルカードを辿って、
黒ひげ海賊団がバルディゴに攻めこむのが早いか。

ドラゴンの老け込み方を見ると、
革命軍の壊滅&代替わりもあるかな・・・と思うね。


バギーのことは・・・まぁいいや。



余談だが:

カン十郎と「絵心」の感性が近いロビンが
昇り竜に萌えているww

op_803m.gif
その表情が・・・なんともかわいい・・・


op_803n.gif
そして「忍者」に反応する野郎ども・・・
ロボにも、ビームにも反応しなかったゾロとローまでが
目を輝かせている・・・
「忍者」とは、どれだけロマンを感じさせるジョブなのか・・・

posted by BIE at 11:49 | Comment(5) | TrackBack(0) | ワンピース

2015年10月09日

ルパン三世 新作TVシリーズ


lupin_4_2015.png

いよいよ、待ちに待ったルパン三世の
嘘偽りない30年ぶりの新作TVシリーズが始まった。

「嘘偽りない」とは、幾度となく肩透かしを食わされたからだ。

2012年に放送された「LUPIN the Third-峰不二子という女-」は、
挑戦的な意欲作だが、タイトル、劇伴から分かるように、
あくまでもスピンオフ作品の位置づけだった。
しかし、
モンキーパンチの原作の雰囲気を強く打ち出し
ワイルドでアダルトなタッチと、サイコでミステリアスな展開に、
見事ルパンの新機軸を打ち立てたと言っても過言ではない。

その雰囲気を色濃く継承した2014年の短編
「LUPIN the Third-次元大介の墓標」は、
主役が次元だけにコメディ色をほぼなくした良作だった。

それら評価の高いスピンオフ作品の雰囲気を維持しながらも
より広い視聴者層へアピールするためか、ややキャッチーに作りなおされた
あくまでもTVシリーズ向けのルパンが誕生した。

今回のジャケットは青。舞台はサンマリノだ。

初見では、鮮やかすぎる青のジャケットに違和感を覚えたが
TVシリーズでは、緑 → 赤 → ピンクと
シリーズごとにルパンのジャケットの色は変化してきたので
新しいルパン像を構築する上で、この変化は歓迎するべきだろう。

そういう意味では、
主題曲が「ルパン三世のテーマ」であることは、僕的に大いに不満である。

「ルパン三世のテーマ」は確かに名曲だが、
TVシリーズにおいては、セカンドシリーズでしか使用されておらず
それどころか、これまでTVシリーズ及び劇場版では
もれなくオリジナルの主題歌(もしくは主題曲)が用意されていた。

オープニングムービーもめっぽうオシャレでカッコイイのだが
是非とも新曲を採用して欲しかったところだ。

あと、オープニング映像で、
銭形がルパンたちと肩を並べて歩いているシーンがあるが
あれはどうなんだろうか・・・


兎にも角にもはじまった新作ルパン。
第1・2話では新キャラの説明の役割も多く銭形がまったく存在感を失っているが
このままということもないだろうから心配はしていない。

全24話。期待するしかないのだが・・・
なぜ深夜枠なのだ! それが非常に残念だ。

posted by BIE at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ全般

2015年10月08日

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ


G_orphens_01a.jpg

はじまったね。
とりあえずのファーストインプレッションは
「ガンダムらしさ」に媚びていないところに好感が持てる。
(じゃあガンダムって付けなくていいじゃん…ってのはもう言っても無意味だ

今後どうなるかはわからないが、
今のところ惑星規模の軍事戦争が舞台じゃないし、
主人公たちは、正規軍でも反乱軍でも治安維持軍でもなく
ゲリラ的な独立愚連隊だ。

「これはダグラムなのか?」と思うくらい
かつて、これほど「土臭い」ガンダムを僕は見たことがない。


「少年たちの高度なドラマ性を持ったストーリーに沿った新世代のガンダム」
と、テーマが公表されており、
「とらドラ!」「あの花」の長井龍雪・岡田麿里が、その物語を紡ぎ出す。

ガンダムとしては・・・なるほど、新しい。



キャラクターは、どいつもこいつも愛想が悪そうだが

G_orphens_01b.jpg
眼の輪郭までキッチリ描画するデザインは
「眼力(めぢから)」つまりは強い感情表現をさせるためだと推察する。
テーマに沿った高度なドラマに期待しよう。

タイトルの「オルフェンズ」とは「孤児たち」を意味するらしく
戦うことしか知らない、戦う世界から逃げられない若者たちの
血生臭いストーリーになりそうだ。

G_orphens_01e.jpg
主役メカのガンダム・バルバトスのデザインは
まったくもって好みじゃないが、

G_orphens_01c.jpg G_orphens_01d.jpg
現在公式サイトに発表されている「他のガンダム」は
いずれも個性的で、されど派手過ぎず悪くない。
同じフレームを内装しているようには見えないが・・・。

しかしガンダム以外のMSがまるで印象に残らないのは残念だ。

「AGE」「ビルドファイターズ」「G-レコ」と、
ここ数作、序盤で観るのをやめたガンダムが続いていたが
本作はしばらく観ようと思う。


追記 2015.10.12

二話以降、レビューを書くかどうか迷っていたんだが
僕のボキャブラリーでは深く掘り下げることができなさそうなので
今作は純粋に視聴者として楽しもうと思います。

タグ:ガンダム
posted by BIE at 15:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ全般

2015年10月07日

ONEPIECE 803 速報


忍者・・・だと?

本スレはこちら
posted by BIE at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワンピース

2015年10月06日

ONEPIECE 802「ゾウ」


とうとう登場した、王下七武海最後のひとり(・・・?

op_802a.gif
自称「白ひげJr.」エドワード・ウィーブル

・・・・

前回の四皇と七武海と最悪の世代が描かれたコマで不自然な描き方されてた

op_802b.gif コレか。
ローともバギーとも繋がっていなさそうだし、
しかしスペースはしっかり一人分獲ってるから
「なんだろうコレ」と思ってたんだ。

ローの帽子にかぶってるのが「しげ」の部分だな。


op_802c.gif
第700話でブランニュー准将が七武海を紹介した時は
連載の時期的にも、映画「Z」からすぐ後だったこともあり
この最後のひとりが
映画「Z」作中でその存在だけが語られた
9年前に海軍大将ゼファーの腕を切り落とし、1年前に七武海に招聘された海賊
に違いないと考えていたんだが

こいつがそうだってぇ・・・・?
信じたくないなぁ

まぁ、現在はドフラミンゴとローがその席を開けたので
この数日で、その空位に新しく七武海に加盟した、
すなわち700話で「最後の男」とされていた海賊とは別人って可能性もあるな。

だとすると、このエセJr.は
たった数日で元白ひげ傘下の屈強な海賊団を16個も壊滅させた
ってことになり、それはにわかに信じがたいが、
こいつがゼファーの腕を切り落としたってのよりは、まだいくらか信じられる。

実力うんぬんの話ではなく、
そんな重いストーリーを背負っていなさそう・・・と言う話だ。


op_802d.gif
白ひげが愛した女と白ひげの落し胤ねぇ・・・

う〜ん、迂闊なこと書いてあとで恥かくのは嫌だけど
(しょっちゅう適当なこと書いて恥かいてるけど・・・
これは断定しちゃうよ。

どこからどう見てもニセモンだよッ!!こいつら

op_802e.gif
op_802f.gif

宝よりも名声よりも、何より「家族」を求めて
「家族」を大切にした白ひげに、愛人と婚外子が居た・・・・

無いわぁ

白ひげが認知していたならこんなノータリンの不発弾を野放しにするはず無いし
きっと白ひげも預かり知らないところで産み落とされて・・・・

いやいや、無ぇよ!!

海軍もその血筋は怪しんでいるようだし、
どうせ「しげ」も「付けしげ」なんじゃないのか。

いやぁ、なりすましって怖いねェ・・・。(「決めつけ」も怖いけどね



その頃
バルトロメオの船でなんとか航海を続けたルフィたちが到着したのは

op_802g.gif ゾウ
巨大な象の背中に栄えた土地。
その巨大な象が常に動いてるから一定の場所に存在しない幻の島。

面白いな。亀じゃないんだな。


795話でナミたちが上陸していた
ブニブニと歩きにくい島に違いない。

op_802h.gif
「噴火雨」ってのは象の行水なんだろうな。


衝撃の新章突入。
巨大な象と、その背中で人から隠れて暮らす「ミンク族」は
1000年の歴史を持つらしい。

と、いうことは、空白の100年よりも古い時代が語られるかも。
なにやら壮大な話になりそうな予感・・・また長くなりそうだ。


さて、
先に上陸しているはずのハートの海賊団はどうしているのか。
サンジたちはいったいどんなトラブルに巻き込まれたのか。

ここを目指していた錦えもんたちの真の目的と、
op_802i.gif
侍を探しているらしい角付きの一団の関係は。
その一団とジャックの、そしてカイドウとの関係は。


次号が待ち遠しいな。

余談だが:

コミックス79巻が発売された。
まだじっくり読んでないんだが、需要なところだけチェックした。

op_802j.gif
やっぱりオダッチの描き間違いだったわw
描き直されてました。キュロスの脚・・・

posted by BIE at 01:52 | Comment(6) | TrackBack(0) | ワンピース

2015年10月01日

ONEPIECE 802 速報


「エドワード」ってファミリーネームだったのか・・・

なんだかんだで、ゾウ到着

本スレはこちら
posted by BIE at 17:20 | Comment(10) | TrackBack(0) | ワンピース