2016年02月25日

ONEPIECE 817 速報


光月家後継者の威光。
イヌ・ネコ休戦へ。

真っ赤な「歴史の本文」とは・・・。

本スレはこちら
posted by BIE at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワンピース

2016年02月15日

ONEPIECE 816「イヌ VS ネコ」


o
世界の甲板から -5億の男編- vol.10は
「ウォーターセブン −「お前とうとう…」-」

おや・・・?
空島がまるっと省略されている。

少しモヤッとするが、おそらく空島にはニュース・クーが届かないため
青海の激変をリアルタイムに知る由もないので、その反応は見ることができないし
第19弾の「世界の甲板から」以降、
数日〜数ヶ月ではさほどの変化がないので特に報告することもない
・・・ということなのだと理解しておく。

トンジットさんは新聞読んでると思うけどね。


ウォーターセブンでは、フランキーの新しい手配書に関係者一同驚愕。
「お前とうとう…」とは、
ついに頭部まで全身機械化してしまったと勘違いしての言葉だろう。
おもしれぇな・・・

余談だが:

o
第19弾「世界の甲板から」vol.37で
異常に巨大になったように見えたティラノサウルスが
ポケットサイズに戻っている。・・・ただ画面の手前に立っていただけだったようだ。


本編:

やっとのことで、錦えもんとカン十郎がゾウの頂上に到着した。

op_816a.gif
黙して二人に同行していたバリエテは血相を変え、
この一大事を国中に知らせる鐘を鳴らした。

op_816b.gif

モコモ公国あわや壊滅の要因「雷ぞう」と縁ある「侍」と
ここまで同行してきたが、それをミンク族には告げられないのは
麦わらの一味の「負い目」と「思いやり」だ。

だが、絶対に気を抜いてはいけない局面で、アダルト三人は眠ってしまい、
錦えもんたちの入国を許してしまった。

錦えもんたちが、眠りこけた三人に気づかなかったのは
カン十郎の能力で生み出した「虎三郎」に乗ったまま
三人が寝ている地点を通り過ぎたことと、辺りが霧深いこと、
加えて一晩お預けを食らった分、余計に気が早っていたからと考えられる。

しかしそれは三人が目覚めなかったことの説明にはならない。

少なくともロビンは、人の気配で目が覚めないようでは
オハラ消滅からの20年間を生き抜けなかったハズだ。
この2年でそれだけ平和ボケしてしまったのか、
そうでなければ、何者かに意図的に眠らされたとしか僕には考えられないのだが
それについては、ひとまず置いておくことにする。


op_816c.gif op_816d.gif
バリエテの「知らせ」を聞き、やにわに殺気立つ公爵と旦那の両勢力。

op_816e.gif
クラウ都で鉢合わせた公爵と旦那は、一触即発を軽く乗り越えて
殺し合いを始めるも

op_816f.gif
その諍いは、錦えもんの登場でひとまず収まった。
侍が現れた以上、二人が争っている場合ではない。

経緯を知らない錦えもんには遠慮がない
op_816g.gif
拙者、ワノ国 光月家が家臣、錦えもんと申す者!!
「雷ぞう」を捜しにきた!!


誰も幸せにならない怒りや悲しみ、また怨嗟を危惧し
二人を隠そうとしたウソップたちの気苦労には意味がなかった。

お待ちしていた・・・

op_816h.gif
雷ぞう殿は… ご無事です!!!

ルフィまでもが腰を抜かす驚愕の展開。

ワノ国の光月一族とミンク族は遥か昔より兄弟分
都市が滅ぼうとも、誰が死のうとも、敵に「仲間」は売らない。

op_816i.gif
もはや彼らの顔には曇りもなく、微塵の後悔も、もちろん恨みもない。

op_816j.gif op_816k.gif
むしろ、この涙は
国が滅ぶような思いをして守ったことが「報われた」という達成感と安堵。
兄弟分の契りはそれほど深く強いのだ。

なにせ、
モコモ公国は1000年来外部との接触を絶ってきた神秘の国。
かたや、ワノ国は世界政府に加盟せず独自の文化を持つ国。
日本をモデルとしているなら
江戸時代頃がモチーフだったとしても、建国から1300年の歴史を持ち
250年に亘って諸外国との交流を拒んでいる可能性がある。

光月一族とミンク族は、兄弟の契りを交わしたまま
数百年出会うことがなかったかもしれないことが

op_816l.gif
錦えもんたちの会話からも伺える。

記憶にすらない語り継がれただけの遥か古の盟約が
今でもこれほど固く結ばれていようとは、まさに驚きである。

まぁ、公爵と旦那は一緒に海に出ていた時代があるそうなので
その頃にワノ国で何らかの縁があった可能性もあるけど・・・。



なるほど、光月一族とミンク族の切っても切れない固い絆はわかった。
ではここで、ひとつ疑問がある。

それだけ固い兄弟の誓いを交わした相手が
自分のためにあわや全滅しようかという中、当の雷ぞうは何をしていたのか。

ミンク族にこれほどの覚悟があるなら
雷ぞうにも同様の気持ちがあるのが当然だ。

「ご無事」というからには瀕死の重体などということはないだろうし、
忍者というのが本当なら、何もできない庇われるだけの身でもないだろう。
雷ぞうは無事だがここには居ないのか、
もしくは、兄弟分の絆で光月一族の方が「絶対的に立場が上」なのか・・・

実は「雷ぞう」は光月一族の「やんごとなきお方」なんじゃないか?
「忍者雷ぞう」とは世を忍ぶ仮の姿なのではないだろうか。

op_816m.gif
はじめて名前が出てすぐ、バリエテとイメージを被せて巧妙に騙されたが
「雷ぞう」といえば、八代目市川雷蔵をモデルとした重要人物である疑いが強い。

雷ぞうの正体、早く知りたいが・・・次週は休載だ。
まったく、いいところで引っ張るなぁ。


さて、
錦えもんたちがゾウへ来た理由も、いよいよ語られるときが近そうだが
長きに亘って鎖国してきたワノ国が、開国を迫られているのかもしれないな。
幕末がワノ国の舞台設定のモデルなら、
ネコマムシのキャラクターが龍馬っぽいことにもうなずける。

あと、ワノ国になにか大問題が起きているかもしれないこととは別に
麦わらの一味は今どう行動するべきか決断せねばならないのだが
錦えもんは個人的にサンジに恩があるので

op_816n.gif
これが活きてくる気がするね。

posted by BIE at 20:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | ワンピース

2016年02月10日

ONEPIECE 816 速報


雷ぞうは、居るらしい・・・

本スレはこちら
posted by BIE at 19:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | ワンピース

2016年02月08日

ONEPIECE 815「おれも連れてけ!!」




世界の甲板から -5億の男編- vol.9は
「アラバスタ王国」

タイトルには特に状況の説明は何もなく
海賊王への道を登り続ける麦わらの一味の活躍を知り
ぐっと大人っぽい微笑みで遠くに思いを馳せるビビ。

この落ち着き、この凛々しさ、
ひょっとして・・・・

女王におなりあそばしましたか・・・?(尊敬語は適当


数カ月前か数日前か、
扉絵特集19弾のときはまだ元気(?だったコブラ王。
病床に伏していたとはいえ、
こんなに短い期間で亡くなられたとは考えたくないが
健康状態が芳しくないため王位を継承移譲することは十分考えられた。

アラバスタの王になるということは
空白の百年を制した20人の王の真実を引き継ぎ
アラバスタのどこかに隠されているという古代兵器プルトンをも継承するということ。

プルトンの在処を示す「歴史の本文」を守護する使命に裏打ちされた
世界貴族たちと袂を分かった理由とその宿命を背負うということだ。

コブラの様子からして、すべての情報が残されているわけではなさそうだが
2年前の亡国の危機を乗り越えて、その覚悟がビビにはすでにある様だ。

実際の即位はまだにしても、もはやビビ女王の誕生は決定事項。
この微笑からは、それが伺える。


あと余談・・・というか重箱の隅でスマンが:

カルーが使っているハサミは通常の右手仕様のハサミ。
左手(手?では使いにくかろうなぁ・・・



本編:

サンジは結婚式から逃れられない。

op_815b.gif
情報力は当然のことながら、その情報を
他人にいうことを聞かせるカードとして、一切の躊躇もなく使うビッグマム。

op_815a.gif
マムが「決定事項」として通達した予定を狂わせることがあったら
その者は後に後悔にむせび泣く。

「四皇」とはそういう存在だ。

なるほど、七武海とは異なり政府との繋がりもないから
「タテマエ」なんてものも必要としない。
公序良俗に反しようが、極悪非道だろうが、彼らに都合のいい結果があるだけだ。

これまで海賊としての在り方が明らかになっていた四皇は白ひげだけだったが
ロマンチストだった白ひげとはまた、
まったく異なる思考、行動原理を持っているらしい。「四皇」は奥が深そうだ。

op_815c.gif
そしてこれは、政略結婚。

ヴィンスモーク家とシャーロット家が血縁を結ぶための儀式。
成立すれば「血の掟」から逃れることはできない。
考え方や話の進め方がヤクザかギャング、すっかり闇社会だ。
カポネ・ベッジが同調するのもわからない話ではない。


ルフィは気に入らない。
世界中の海でもっとも自由な男を目指すルフィである。
本人の意志に反して、決して抗えない政略結婚に
大事な仲間が巻き込まれる。看過できるはずがない。


ルフィはペコムズに手引させて、一人で乗り込む気マンマンだが

op_815d.gif
当面の問題はビッグマムだけではない。
とりあえず、落ち着いて対策を練らなければならない。


op_815e.gif
その翌朝、遅れていた錦えもんとカン十郎がようやく到着。

op_815f.gif
一緒に登ってきたバリエテは
二人が「雷ぞう」を探しにやってきた侍であることを知ってしまった。

これが元で、ミンク族の麦わらの一味への信頼も揺らいでしまうのか。
錦えもんたちは何をしにゾウへきたのか。
そして結局のところ、
雷ぞうはどこに居るのか・・・。



ところで、
ローが次の目的地をゾウとしていた理由。
それは「身を隠すため」だった。

正確には、仲間を潜伏させるため・・・かな。

命を賭してドフラミンゴを打倒するつもりだったローは
事を成し、しかし自分亡き後、
ハートの海賊団の仲間たちがカイドウからの報復を受けることを危惧して
辿り着くことが容易ではない幻の島「ゾウ」へ避難させたのだ。

op_815g.gif
そのことは、ベポたちと二度と会うことはないと考えていた点から推察できる。

ところが事態はすべて良い方向へ転び
ドフラミンゴを倒した上で、ローは命を永らえ
闇取引ルート崩壊の被害者どもの恨みの対象もルフィが主となった。
行きがかり上対立したジャックの一団と因縁を抱えたのも麦わらの一味。
魚人島からこっち、ビッグマムと喧嘩しているのも麦わらの一味だ。

現在、ハートの海賊団には、麦わらの一味ほどの脅威は迫っていない。

サンジの話から宴の流れで有耶無耶になってしまったが
ここへきてローからの話とは一体何だったのか。

同盟の解消ということではなさそうなので、
麦わら・ハートの海賊同盟としての今後の行動についての話なのだろう。

今、カイドウ、ビッグマムと三つ巴で事を構えてもいいことは何もない。
しかしサンジの結婚式まで、時間的にそう猶予はなさそうだ。


そして、そこへきて錦えもんたちだ。

今回のモコモ公国存亡の一大事の原因となった「侍」と
直接関わりのあるルフィたちを、もはやゾウに置いてはおけぬと
不本意ながら追い出すカタチとなれば、否が応でも物語は動き出す。

まずは、やはり
錦えもんたちがゾウを目指した目的が語られないことには始まらない。

事態は風雲急を告げる・・・
posted by BIE at 22:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | ワンピース

2016年02月04日

ONEPIECE 815 速報


とりあえず宴。
しかし一方で・・・「侍」の来訪がバレた!

本スレはこちら
posted by BIE at 17:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | ワンピース

2016年02月02日

ONEPIECE 814「ネコマムシの旦那に会いに行こう」


ONE PIECE 扉絵特集
世界の甲板から -5億の男編- vol.8は
「ドラム王国 −兵士のカブトデザイン変更−」

うん。これサクラ王国の間違いだな。

もともと一本角だけのシンプルなデザインだった兵の兜に、
チョッパーの角のような装飾を加えたものが
サクラ王国兵士の正式装備となった模様。

まぁ、今年は真田幸村で盛り上がってるし
こういう兜もいいんじゃないか。赤くはないけど。

op_814a.gif
以前の兜では上部に穴を開けて出していたラパーンの耳が
兜内にしまわれているのは、
新しいデザインの邪魔になるからなのか、
でなければ、兜の外に生身の「耳」を出しておくことが
危険と判断される状況に、今現在サクラ王国が置かれているのか。

さて、次のVol.9はおそらくアラバスタ。
あれから数日〜数ヶ月しか経過していないと思われるが
コブラ王の様態が気にかかるな。


本編:

op_814b.gif
ヴィンスモーク家は「人殺しの一族」。闇の世界では有名。

ペコムズの口から言わせる演出上の都合なのだろうが、

闇社会で有名な一家を、ロビンがすぐに思い出さないのが気になる。
次回「思い出したわ」とか「そういえば聞いたことがある」とか

op_814d.gif 言いそうな気もする。
ここ2年のロビンには、直接接する機会がなかった情報ということだろう。


速報でも書いたが、
ファーストインプレッションが、キルアのゾルディック家と激しく被る。

とはいえ、「殺し屋」とは言っていないので
蓋を開ければまったく異なる家柄なのだろうと、僕は考えている。

いかな名家とはいえ、殺し屋集団が政府に対して
手配書を書き直させるほどの強制力を持つというのも不自然な話だし、
正義の殺人(を許可された)集団というなら、CP-9が在るしな。

直接的にではなく、間接的に
市民がいつ死んでもおかしくない生活を強いられる非道な政治をしているとか
ヴィンスモーク家のせいで首を括ったり一家心中がいくつあったかわからない
とか、そんな「人でなしの一族」という意味なのかもしれないな。

ただ「闇の世界で有名」だそうだから、
ドフラミンゴのように、闇に通じる別の顔(裏稼業)を持っているんじゃないか。

ってか、ドフラミンゴと通じてた可能性高いよね。
「北の海の闇」ってのとも関係在るね、きっと。死の商人かな。

812話のレビューで、最も安易な想像と前置きして書いた
北の海でドンキホーテファミリーとの繋がりを失ったヴィンスモーク家が
次の後ろ盾を求めて、放蕩息子サンジを人身御供に差し出した、とか。

ってのが、少しずつ真実味を帯びてきた。


状況がつかめず、
ただ狼狽えサンジの心配をするしかない中、

op_814e.gif
ゾロの意見は冷たいようだが、じつに的確。

サンジが自分の都合と一味の事情とを鑑み一瞬で出した結論と、
その覚悟をもっとも理解しているといってよい。

op_814f.gif
ブルックも同様に理解できているが、
アーティストの性分からか、
過剰に感情移入しているところがゾロとは対照的だ。

op_814k.gif
基本、相手の立場でものを考えないルフィとも、また別の意味で対照的だ。


ネコマムシの旦那

op_814g.gif
顔がおっかないので、どんなドラ猫かと思いきや
自分勝手な自由人(猫)だった。

op_814h.gif
「話が通じない男」とはこういう意味だったのかwww



op_814i.gif
唄については・・・特に思うところはないんだが
チョーさんの元唄は、ただ同じフレーズの繰り返しなので

op_814j.gif
この歌詞はおそらくオダッチのオリジナルだろう。
ビンクスの酒ほど重要なものにはならないと思うが
CD化されるかもしれないなぁ・・・・買わんけど。

ま、とにかく
「ネコマムシ」という名前がチョーさん由来だったってことだけはわかった。

posted by BIE at 16:24 | Comment(3) | TrackBack(0) | ワンピース