2016年07月04日

ONEPIECE 831「不思議な森の冒険」


ブルックとペドロは「歴史の本文」を求めて別行動。

プリンとの約束のため、ルフィ・ナミ・チョッパー・キャロットが
南西の海岸に上陸した。

上陸前に船から見えたプリンとサンジは見当たらず、
再び現れたと思ったサンジも、向こうからは何のアプローチもなく
目を話したスキに姿を消した。

op_831a.gif

消えたサンジを追って入ったお菓子の森は
もはや海岸に戻るのも容易くない「誘惑の森」。

op_831b.gif


そこには、

op_831c.gif
襲ってきたと思ったのに人間に敵意を示さない謎の巨大ワニ


op_831d.gif
自分で好きで地面に埋まっているらしい謎の巨人


op_831e.gif
突然斬りつけてきた謎のウサギ


op_831f.gif
そして、いつのまにか居た謎の左右逆ルフィ


いろいろと、分からないことだらけだが、今考えても解答はおそらく出ない。
分かることから、ちょっとずつ考えてみよう。

まず、ルフィたちが見たサンジは、サンジ本人ではないだろう。
一番に考えたのは、
クリスマスケーキなどに乗ってたりする、砂糖菓子でできた人形に
「寿命」を与えて、仮の生命をもたせたもの。
しかし、たぶんそれは違う。


ここで、左右逆ルフィもサンジと同様のものか?と考えると、
ちょっと疑問は残るが、その可能性はある。

op_831g.gif

ルフィと左右逆ルフィは、鏡写しに、まったく同時にまったく同じ行動をとる。
ニセモノが本体にリンクしていると言うよりは、ルフィそのものだ。
こいつをおとなしくしようと思ったら、ルフィがおとなしくするしかない。

サンジも、近くに居ないだけで離れた場所にいるサンジ本体と
まったく同時にまったく同じ動きをしている可能性がある。

op_831h.gif
それならば、やりとりがちぐはぐになることにも合点がいくが、
呼びかけたら、それに反応しているし、何より左右逆じゃない。
これはどういうことか。

そこで「グルまゆ」に注目。
サンジ以外の、ヴィンスモークの兄弟は
「グルまゆ」が、右も左も「6」を横倒しにした形をしており
サンジとは左右逆なのだ。

これはサンジではない他の兄弟の誰かが作った鏡像ではないか。
すなわち、左右逆ルフィと同じ原理でそこに存在しているような気がする。

当初、このサンジもどきがタバコを吸っていないことから
身体が砂糖菓子でできているのではないか(溶けるからタバコを吸わない)
…と、考えたのだが
砂糖菓子のボディならば、きっとルフィのガトリングには耐えられないな。
(同じ原理なら…という前提でね。


次にワニ。

こいつは森を彷徨う生き物を食おうとしていた様だが、
狙っているのは人間ではなかった。チョッパーとキャロットも対象外だ。

じゃあ何を狙っているのか。

人間でも動物でもミンク族でもない生き物・・・と、くれば、
トットランド全域にたくさん居る、動いて喋る無生物たちのことじゃないのか。

あの無生物たちが動いて喋る原理はまだわからないが
ビッグ・マムが誰かから奪った「寿命」を
仮の生命として分け与えられたと仮定し、

散乱したモスカートの「寿命」をかき集めて、再利用できるような感じからは
このワニは、その「寿命」を求めているのではないかと考えることができる。

だが、喋る木や花と同じかというと、それも少し違いそうだ。
木や花は服着てなかったもんな。



巨人は・・・わからないなぁ。
でも、ヒゲ生えてるけど・・・女性っぽいよね。


ウサギは、まだ敵とは限らないと思うね。



さて、前回の話のあと、ジンベエがどうなったかは
今回は語られなかったんだが、いったい何を失うんだろうな。

首とか、腕とか、脚とか
・・・あのルーレットの数字は「人数」だったんじゃないかなぁ
例えば「100人分の首を置いてゆけ」とか。そういう意味ではないか。

そうなると、
仲間を犠牲にしてまで我を通せるジンベエじゃないだろう。
それはできない…と、離脱を撤回するか、

もしくは、仲間100人分の責め苦を我が身ひとつで受け
しっかりケジメを着けたその後に何の遺恨も残さずに出て行く…とか言いそう。


以前から何度か書いているが、
僕は、ジンベエは「麦わらの一味」に加入しないと思っている。
根拠は特になく、それは
「麦わらの一味」は未熟者の集団であってほしい、という僕のただの願望だ。
ジンベエは完成されすぎている。(クザンも然り)

いずれにせよ、五体満足で一味に参入することはないだろう。



余談だが:

一部ネットで
ワンピが長期休載するという情報が流れてるみたいなんだけど、マジ?

次回は休載だが再開は33号って書いてあったし、
5回に1回休むくらいはいつものことだと思うんだが・・・
詳しい情報求む!

07/07 追記 ガセだったようですね。ひとまず安心しました。

posted by BIE at 16:30 | Comment(13) | TrackBack(0) | ワンピース

2016年07月03日

ジョジョの奇妙な冒険 第四部 #14「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」


コミックス 34巻06章〜09章の半分に相当。

jojo-04DU_14a.jpg
第07話に登場した間田敏和(サーフィス)が再登場。
表情の陰が抑え気味、全体的に禍々しさが抜けているし、
何より声のトーンが明るいので、以前とはまるで別人のようだ。

仗助とジョセフが赤ん坊を拾った第13話の翌日のエピソードで
仗助は母親探しに忙しいそうだが、聞かれていないことまでペラペラと…
チリ・ペッパー事件が片付いたとはいえ、
つい最近まで敵だった男に情報を漏らしすぎだろ、康一。
その「警戒心のなさ」が、間田を安心させたんだろうが・・・

康一をすっかり気に入った間田が言うには
人気漫画家:岸辺露伴がこの町に住んでいるという。
「不動産屋が話しているのを小耳に挟んだ」というのは、
原作では軽く触れているだけなんだが、
アニメではイメージ付き。

jojo-04DU_14b.jpg
立ち読みをしていたら、店の外で立ち話をするのが聞こえたらしい。
客(しかも有名人)の個人情報を往来で話す極めて非常識なこの二人・・誰?

岸辺露伴本人ではないのはもちろん、前回ちらりと登場した編集者でもない。
服装からすると、おそらく紺スーツのほうが不動産屋で、
手前の特徴ある後ろ姿(というか髪型)は・・・

jojo-04DU_14c.gif
チープ・トリックの乙雅三(きのとまさぞう)だよな?
こいつの後ろ姿はある意味「特徴的」だが・・・

乙は「一級建築士」なので、
露伴の住む家を建てた、もしくは設計したということなんだろう。
だから修理を依頼したとき乙が来たと・・・なるほどねぇ。
チープ・トリックの回で補足あるかなぁ



jojo-04DU_14d.jpg 露伴邸

jojo-04DU_14e.jpg
呼び鈴を押す前に突然現れた岸辺露伴(・・・コワイ
扉のおかしな所が開いた気がしたが、そういう演出なのだろう。

jojo-04DU_14f.jpg
ふたりは幸運にも露伴の仕事部屋に招き入れられた。

jojo-04DU_14g.jpg
パソコンのモニターがCRTだったり
FAX電話とコピー機が一体化していなかったりと、時代を感じるが
肝心の製図台が少し気になる。

これはアニメーターのトレス台ではないのか?
傾斜が付けられた木の枠の中央に、
ガラスか樹脂板が填められているように見える。

jojo-04DU_14h.gif
原作の方でも、パッと見同じように描かれているようで、しかし違う。
木の板の上に、もう一枚なにか厚手の板か紙が乗せられているようだ。
僕は漫画を描かないので詳しくは知らないのだが
この「もう一枚」が何であれ、
この台がトレース台というのは明らかな解釈の間違いだ。

実際そういう台を使って作画する漫画家さんも居るのかもしれないが、
岸辺露伴という作家は、トレス台など決して使わない。
「絶対」だ。これは断言してもいい。



jojo-04DU_14i.gif

いつから杜王町で仕事をしているのか、という康一の問いに
3ヶ月前に越してきたという。サラリと流しているが
実家がS市内にあり、「この辺り」には子供の頃住んでいたことがある。

実は、原作には「この辺りに」のセリフがない。
そのため、子供の頃住んでいたのは、実家があるS市である誤解を生みやすい
・・・というか、そうとしか受け取れなかったので改変されたのだろう。

そう。
露伴は幼少期を杜王町で過ごしてた。そうでなければ都合が悪いのだ。



jojo-04DU_14j.jpg
席を外した露伴の目を盗み、こっそり完成生原稿を見たふたりは
その迫力に圧倒される。・・・そして

jojo-04DU_14k.jpg
露伴のスタンド「ヘブンズ・ドアー」の能力によって
生きた書物に変えられた康一と間田。
嘘偽りない他人の人生や経験を読むことで、執筆活動に「リアル」を加味する。
自身は「知的好奇心の権化」なのに
他人と接するのが煩わしい露伴らしいスタンドと言えよう。

jojo-04DU_14l.jpg
康一のプロフィールを読む露伴。
文章を追う目の動きがおかしいぞ。それではアラビア文字だ。


他人の体験を絵や文字で読み、自分の創作の糧とする。
さらに、新たに記述を加える事で記憶を改変したり
禁止事項を設定することができる。

jojo-04DU_14m.jpg
このため、康一は露伴を害するあらゆる行動を取ることができなくなった。


jojo-04DU_14n.jpg
その夜、自分の体重が20kgも減っていることに気づいたが
それに対策を取ることができない康一。仗助に電話することもできない。

jojo-04DU_14o.jpg
さらに翌朝、
重い身体を引きずりふらふらと康一が向かった先は露伴邸。

jojo-04DU_14p.jpg
待っていたよ。時間ピッタリだ・・・

次回:「漫画家のうちへ遊びに行こう その2」


余談だが:

jojo-04DU_14q.jpg jojo-04DU_14r.jpg
アップ髪の姉:綾那(18歳)が、以前よりずいぶん老けて見えるのは気のせいか。

jojo-04DU_14s.gif jojo-04DU_14t.gif
原作ではこっちの方が幼く見えるんだが・・・


おことわり)
アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」 のレビューは
「原作準拠」の検証の目的で、コミックとの比較をするスタンスで書いていましたが
第四部は、三部までほど「原作準拠」に拘っていないようなので、比較はもちろんしつつ、
筆者の勝手な推察や持論を、多めに盛り込んで書いてゆきます。

基本的に、揚げ足取り中心の文章となることはこれまでと変わりないので
ファンの方には、しばしば不愉快な思いをさせることがあると思いますが、
筆者は決して悪意を持ってはいないことをご理解の上読み進めていただけると幸いです。

また、検証・認識の甘さから、的はずれなことを書くかもしれません。
その場合は、遠慮なくご指摘ください。

ご指摘・お叱り・応援、あらゆるご意見を歓迎します。