2017年10月04日

フーコがライバル? │ 千年戦争アイギス


明日までの緊急ミッションは早々にクリア。復刻ミッションも完遂…っと。
大討伐はなかなかハードそうなのでまだ手を付けられていないが、今週は予想通りゆるゆるとプレイ中。

そんな中、データ1で先日覚醒させた、霊鳥の射手スーが非常に有能なので、そのコストを減らしたくて、彼女の出現確率がアップ中である「プレミアム召喚2」を1回だけしてみたところ・・・スーは出なかったんだが

aigis_20171004a.png

雷神の娘ラミィ【雷公】(プラチナ)が出た。
おっと、これは!

風神の娘フーコが超絶有能ユニットだったので、気になっていた。
基本的な立ち回りはフーコと同じで、通常は宙に浮かび敵をブロックせず、単発の遠距離攻撃を行うが、ひとたび発動すると永続的に効果が持続するスキルの使用で、地上に降り1ブロックの無差別爆裂弾に変身する。

フーコと異なる点は、敵の移動速度を下げる効果がないことと、魔法攻撃であること。
パラメータは、フーコに比べるとかなり攻撃側に偏重しており、スキル中の防御力強化も付かない。

あれれ・・・?

aigis_20170719a.png

フーコをLV70まで育てた場合、好感度ボーナスを含めてHP4774、攻撃力1031、防御力411となるが、ラミィの場合はHP4576、攻撃力1372、防御力358となる。
HPは誤差の範囲だが、攻撃力30%増、防御力13%減、しかしフーコはスキルを発動すれば、そこからずっと防御力2.3倍(スキルMaxの場合)なので、最終的な防御力はなんと945となり、この数値は黒ヘビーアーマーの鉄腕乙女ディーネにも匹敵する。

ラミィのスキル「降雷」にはこの防御力強化がないので、スキル中の防御力はフーコの半分にも届かない62%減という体たらくだ。これではフーコと同様の運用はとてもじゃないができない。

範囲内のすべての敵を攻撃する1372の魔法爆裂はたしかに脅威だが、フーコのように敵ユニットが集中する場所を単騎で塞ぐというような体力は持ち合わせていない。1ブロックとはいえ魔法耐性も貧弱なため不安要素が拭えない。

僕はこれまで、同レア同クラスの場合、ガチャ産のユニットの方が強く成長するものだと認識していたが、スキルLVも出撃コストも一から育成しなければならないラミィと比べれば、max成長させることはできていないがそれでもフーコの方が、全然「使える」ユニットであることは、残念ながら否めない。

ラミィはこのまま兵舎の肥やしになってしまうような気がしてならない・・・。


さて、明日のメンテ後から「名声召還」なる新システムが導入されると発表があった。
特定の条件を満たすことで「名声」を獲得し、集めた「名声」の数に応じて、報酬がもらえたり名声召還を一度だけできるとか。

詳しくは明日、実装されてからまたレポートすることになると思うが、ただ貰えるものが増えるだけのシステムではあるまい。「名声」を稼ぐために過酷なプレイを強いられることになるのは非常に辛いが・・・いったいどんなシステムになるのだろうか。
posted by BIE at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス