2015年10月08日

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ


G_orphens_01a.jpg

はじまったね。
とりあえずのファーストインプレッションは
「ガンダムらしさ」に媚びていないところに好感が持てる。
(じゃあガンダムって付けなくていいじゃん…ってのはもう言っても無意味だ

今後どうなるかはわからないが、
今のところ惑星規模の軍事戦争が舞台じゃないし、
主人公たちは、正規軍でも反乱軍でも治安維持軍でもなく
ゲリラ的な独立愚連隊だ。

「これはダグラムなのか?」と思うくらい
かつて、これほど「土臭い」ガンダムを僕は見たことがない。


「少年たちの高度なドラマ性を持ったストーリーに沿った新世代のガンダム」
と、テーマが公表されており、
「とらドラ!」「あの花」の長井龍雪・岡田麿里が、その物語を紡ぎ出す。

ガンダムとしては・・・なるほど、新しい。



キャラクターは、どいつもこいつも愛想が悪そうだが

G_orphens_01b.jpg
眼の輪郭までキッチリ描画するデザインは
「眼力(めぢから)」つまりは強い感情表現をさせるためだと推察する。
テーマに沿った高度なドラマに期待しよう。

タイトルの「オルフェンズ」とは「孤児たち」を意味するらしく
戦うことしか知らない、戦う世界から逃げられない若者たちの
血生臭いストーリーになりそうだ。

G_orphens_01e.jpg
主役メカのガンダム・バルバトスのデザインは
まったくもって好みじゃないが、

G_orphens_01c.jpg G_orphens_01d.jpg
現在公式サイトに発表されている「他のガンダム」は
いずれも個性的で、されど派手過ぎず悪くない。
同じフレームを内装しているようには見えないが・・・。

しかしガンダム以外のMSがまるで印象に残らないのは残念だ。

「AGE」「ビルドファイターズ」「G-レコ」と、
ここ数作、序盤で観るのをやめたガンダムが続いていたが
本作はしばらく観ようと思う。


追記 2015.10.12

二話以降、レビューを書くかどうか迷っていたんだが
僕のボキャブラリーでは深く掘り下げることができなさそうなので
今作は純粋に視聴者として楽しもうと思います。

タグ:ガンダム
posted by BIE at 15:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ全般
この記事へのコメント
なんか伊藤悠っぽいキャラだなぁ・・・あれっ?伊藤静だっけ?と思って名前を確かめたら、
ニュースの欄でこれのデザイン原案が伊藤悠と出ていて思わず笑いました
本当に合っとるじゃないかw
Posted by th at 2015年10月14日 18:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165255504
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック