2015年11月07日

ONEPIECE 806「右腹の砦にて」・・・の前に


扉絵シリーズ「世界の甲板から 5億の男編」
Vol.2は「フーシャ村」

第19弾の「世界の甲板から」から
作中では数日しか経過していないのだから
前回とは違う切り口で展開されると思いきや、

op_806a.gif おんなじやんけ・・・。

ただ、前回は2回に分けられていた
「フーシャ村」と「コルボ山」の面子がひとまとめにされている。

op_806b.gif
ダダンがルフィの養母であることは、村の人達は知らないことで
マキノの酒場を占拠する山賊に、村人は手を焼いていたが

op_806c.gif
しかしガープが自ら「知り合いだ」と言ったことと
村長やマキノと懇意にしていること、
そして涙を流してルフィを心配したことで、
今では村人たちにも受け入れられているようだ。
(後ろの面々が、山賊の手下たちじゃないっぽい

村長だけは相変わらず、ルフィが海賊として名を馳せることを
快く思っていないと見える。


さて、注目のマキノの子供だが、どうやら男の子のようだ。
気になる父親は謎のまま。

ドグラがサボの帽子をかぶっているのが、ひょっとして何か関係あるのか・・・?

なるほど、サボなら
2年前に記憶が戻り、自分の足跡を辿ってゴア王国を訪れることはあっただろう。
タイミング的に、可能性はなくはないな。
しかしサボは、王国の壁の内側とグレイステーション、
そしてコルボ山には思い出があっても、フーシャ村には縁がないはずだ。

ドグラが被っている帽子は、
新聞で12年ぶりにサボの無事を知ったことによる喜びの表現だと思う。
ドグラは、サボが天竜人に砲撃されるその現場を目撃していたからな。
喜びもひとしおのはずだ。


op_806d.jpg
白黒原稿でサボと同じく白髮に描かれている赤ん坊の髪は
カラー版だと茶色く塗られていた。
サボの子ならもっと癖っ毛だろうしなぁ・・・

やはり本命はシャンクスなんだよなぁ・・・



本編のレビューは月曜以降にアップします。
悪しからず。

posted by BIE at 00:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | ワンピース
この記事へのコメント
管理人さんのサボ予想、大変興味深いです。しかし、サボが父親だとすると、ダダンとマキノが会った時点でサボの生存がわかるのでは?また、サボがゴア王国を訪れたのであればダダンに直接会いにいきそうな気がします。
私は順当にいけば大方の予想通り父親はシャンクス、次点でエースかなと考えています。赤ちゃんの髪色はエースの母親ルージュからの遺伝ということで。時系列的に少し無理がありますし、エースが旅の途中で故郷に帰るとは思えませんが笑
Posted by あああ at 2015年11月07日 01:15
僕も同じく本命はシャンクス、次点がエースだと考えています。

父親がエースだった場合、赤ん坊が幼すぎるように見えますが、
その出自を隠すためにマキノが1年以上産まなかった・・・とか妄想すると胸が熱くなります。
ま、アレはルージュだからできた無茶だとは思うのですが・・・
(だってホラ、ルージュの正体は・・・
Posted by BIE(管理人) at 2015年11月07日 09:18
私も、ルージュの正体は彼女しかいないと考えています。
ONE PIECEの世界で数年後、シャンクスと子供ルフィのやりとりのように、大人ルフィと成長し少年となった赤ちゃんのやりとりが描かれるのでしょうか。尾田先生の頭の中の物語の壮大さに驚きます。
Posted by あああ at 2015年11月07日 15:55
ルージュの正体で
なんかあるかもと確かに思いました
ttp://semiramis.sakura.ne.jp/anime/onepiece.html
Posted by mr at 2015年11月08日 05:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167276883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック