2016年03月16日

ちはやふる [上の句]


chihaya-poster2.jpg

「ちはやふる [上の句]」の試写会が当たったので見てきた。

原作は、言わずと知れた既刊31巻大人気連載中の
実にストイックな、スポ根"競技かるた"漫画「ちはやふる」。

現在二期まで作られたアニメ版の完成度がすこぶる高かったため
正直、僕は実写版にはまったく期待していなかったのだが
決して悪くない出来だった。

映画には時間の制約があるため、
エピソードの省略や前後の入替えがかなり大胆にされていることもあり
原作の再現度という意味では、シナリオに納得出来ないファンも少なく無いとは思う。

しかし、キャラクター造形や世界観、
また普段我々があまり目にすることがない「競技かるた」の
長所短所をディフォルメして見せる演出など、「色(彩)」といい「熱」といい
紛れも無くこの作品は「ちはやふる」だった。

確かに、太一のキラキラ感が絶望的に足りなかったり
机くんがキモオタ風だったり
かなちゃんが巨乳じゃなかったりするのに違和感はあるが
太一の美形度は実写で実現するのはおそらく不可能だし、
(ファンの方には申し訳ないが、僕は野村周平をイケメンだとは思わない。)
原作の机くんはキャラが薄すぎるので、
短い作品ならこれくらい逆ベクトルにアクが強くても構わない。

人気コミックの実写化に際しては
「原作のイメージをどう取り込むか」という課題の昇華具合、
もしくは逆に、どう飛び抜けて「はっちゃけて」いるかが焦点となる。

そんな中
「キャスティング在りきかよ」と、安易な人気女優の起用を穿った目で見ていた
主人公:綾瀬千早役の広瀬すずは

chihaya_suzu.gif
原作者も「美人過ぎる」と太鼓判を押す、突出した存在感を醸し出しており
さらに「熱血かるたバカ一代」のドタバタ演技も、白目を剥いて気を失う様も
紛うことなき綾瀬千早がそこに居た。

もう千早の存在感だけで「ちはやふる」たり得ている、と言ってもいい。


残念なことは、子供時代のエピソードが軽々に扱われているところだが
全編通して「あのエピをきっちり描いていたら、ここはもっと深く描けたのに」
という不満が絶えず付きまとうのは、長編原作を持つ映画の宿命なので
過去に思いを馳せるよりは、[下の句](後編)で
どれだけ世界観を補完してくるか、に期待することにした。


chihaya-sw.png 間違えたw

とにかく、広瀬すずがものすごく魅力的だ。
彼女を好きな人、好きになりたい人にはぜひ見ることを薦める。

・・・まぁ、演技は「一平ちゃん夜店の焼きそば」CMと同レベルだが・・・

posted by BIE at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174498963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック