2017年01月30日

ONEPIECE 853「ここじゃねェ」


ジンベエの手により解放されたルフィは
プリンの企みを伝えるべく、サンジを捜し回っていた。

op_853a.gif
サンジもついさっき真相を知ったことをレイジュから告げられたルフィは

op_853b.gif
まるで憑き物が落ちたように安堵の表情をひとまず浮かべ

op_853c.gif op_853d.gif
本来の「約束の地」へと向かった。

ルフィにとって今回の目的は「サンジを連れ戻すこと」それのみ。

ジェルマもビッグ・マムも巨大な障害には違いないが、
ゼフたちの命が盾に取られていることも含め、それらはすべて
ルフィにとっては「後で考えればいい」そして「なんとかなること」だ。

op_844e.gif
第844話で、いずれも引けない意地と意地がぶつかりあった「決闘」の地。
あの「決闘」でルフィの意志はすべてサンジに伝えた。
そして、自分たちの冒険の継続を賭けて
「何も食わず、ここで待つ」と誓ったのだ。

「騙されていた」という看過できない前提条件がクリアされた以上、
あとはサンジがどう考え、動くかに任せるしかない。


op_853e.gif
だが、サンジはまだ踏ん切りがつかない様子。

両手を失う心配はなくなったが、バラティエの安全は保証されたわけではない。
そして何より、巨大すぎる敵を一気に二勢力もつくって一味に戻れば
仲間に迷惑がかかることを危惧しているのだろう。

血の繋がった親兄弟を切り捨てることができるかどうかも
頭の片隅で考えているはずだ。

これはもう、事態が転がり始めないとサンジは動き様がない。
その上でサンジはどう行動するのか。刮目して待て!


ただ、僥倖もある。
それは何といっても「プリンの企み」そのものだ。

スムージーが「明日の計画」と言っていたことから
結婚式が単なる婚姻の儀式でないことは間違いなさそうだが
やはり、プリンの考えとママの考えには大きな隔たりがあるように思えてならない。

ママに対する叛意を隠し持っていそうなカポネ・ベッジと繋がっているんじゃないか
という意見があるようだが、その可能性は十分に考えられる。
だが冷静に考えて、ママひとりを倒したところで
家族愛が極めて強いシャーロット家が総崩れになるとはとても考えられないし
ベッジお得意の「物量による戦力の哲学」に照らしても、賢い選択とは思えない。

しかしそれでも、明日の結婚式がママの予定通りに
つつがなく執り行われるとは考えにくい。
そして、それをぶち壊すとしたら、プリンか
プリンと裏で結託している「何者か」である可能性が極めて高い。

ルフィは明日の結婚式にもう興味ないようだしな。

予期せぬ出来事が起きれば、成り行きに任せるしかない場合もある。
サンジが自ら動けるとしたら、そういうケースしか、現状ではありえないのだ。


op_853f.gif
プリンとレイジュの会話を聞いて、思わず花束とバスケットを落としたサンジだったが

op_853g.gif
その場を去る際に、花束を壁に立てかけて去っている。

op_853h.gif
そしてバスケットはそのままレイジュの病室に持ち込んでいた。
この食事が、ルフィの腹に収まることは、ほぼ間違いないよな。




さて、問題のプリンだが、

op_853i.gif
希少な「三つ目族」のハーフらしく、
その「第三の目」が真の開眼を果たせば、
ロジャーと同じような「万物の声を聞く」力が手に入るという。

おそらく、ロジャーが三つ目族だったということではなく
覚醒した三つ目の能力なら、伝え聞くロジャーの能力と同様のことができるだろう
という推測に基づく考えなのだと思われる。

プリンがママのお気に入りなのは、そういう理由だった。
「演技力」というのは本当の理由ではないのだろう。
最後まで演じきらなかったもんな。プリンの「演技力」はその程度だ。

三つ目の開眼が期待はずれだった場合、またプリンがママを裏切った場合、
ママはどういう態度を取るだろうな・・・。



一方、単身で果敢にママと対峙したブルックだったが
善戦むなしくママに拘束されていた。

op_853j.gif それもパンイチに剥かれて。

当初はネプチューン王国の玉手箱が狙われていると勘違いしたママだったが
op_853k.gif
今では、ブルックが「ロード歴史の本文」の写しを取りに来たことを知っている。

裸に…もとい、骨まで剥いて持ち物を隅々まで調べたが
何も盗んだ形跡はなかったため、
先の戦いっぷりと、珍しい生き物であることが幸いして気に入られたようだ。
ブルックの場合、こうなると本当に隠しようがないように見えるもんな、一見な。

このママの油断はありがたい。

まず間違いなく、ブルックは「ロード歴史の本文」の写しをすでに取り
頭蓋骨の中に隠しているはずだ。

てっきり、背中に背負った筒の中に拓本を巻いて入れるのだろうと思っていたが
緊急時のため、折りたたんで隠したのかもしれない。

まぁ、紙は8回しか折り畳めないとか、いや12回まで畳めるとか聞いたことがあるが
厚みも重さも、ものすごいことになるので、
本当に畳んで隠したのかどうかは、ちょっと疑問ではある。


op_853l.gif
ただ、ワンピ世界には電伝虫に「写メ機能」を搭載したものが存在するので
そもそも紙に拓本を取る必要はないような気もするのだが。

op_853m.gif
写メ撮って、FAXすれば痕跡残らないよな。(FAXもちゃんとある)

いずれにせよ、この「筒」はフェイクだと思うなぁ。




タマゴ男爵については・・・特に言うことはない・・・かな。


posted by BIE at 17:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ワンピース
この記事へのコメント
あるいは"写し"ではダメ(それ自体に意味がある)
なんてことはないでしょうか?

それと、プリンの企みを考えたときどうしても職人カタギの
あの人のジャムが頭をよぎるんですよね...(笑)

自分の死を偽装して、この国とオサラバするつもりなんじゃないか、とか。
(そうすればローラみたいに探される事もない)
それ位ならニセの血とメモメモの力(+協力者)で出来そうな感じもするし。
Posted by たまひよこっこ at 2017年01月31日 18:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178596424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック