2017年04月24日

ONEPIECE 863「義侠派」


op_863a.gif
ウェディングケーキの中から一斉に飛び出した無数のルフィ。

ルフィが計画した「おもしろい登場の仕方」とは、ブリュレの能力でルフィに化けさせた動物たちを、一斉に解き放つ、というものだった。

いきなり横道にそれるが:

op_863b.gif
チョッパーとキャロットに捕まってからというもの、情報は喋らされるわ、「どこでもドア」替わりに使われるわ、タクシー替わりにされるわと、ブリュレとディーゼルには良いことがない。まぁ、捕虜なんてそんなもんだ、と言ってしまえばそれまでだ。

しかし、ママの性格もその恐ろしさも、そしてウェディングケーキをどれほど楽しみにしているかも、当然熟知しているはずのブリュレが、

op_863c.gif
この期に及んで「ごめんよママ、いう事聞くしかなかったんだ!」とは片腹痛い、いや実に興味深い泣き言である。

これはただの裏切りではない。ママの暗殺計画なのだ。

平時でも、裏切り者はママに始末されることをブリュレは知っている。今回手を貸すことを拒絶すればベッジに殺されたかもしれないが、この計画に協力してしまったら、計画の成功失敗の如何を問わず、全家族を敵に回すことになることをブリュレは分かっているのか。
仮に計画が成功して、もっとも恐ろしいママが居なくなったとしても、兄弟の誰かに始末されることは間違いない。今を無事乗り切ったとしても、茶会のあとで許しを請うて通用する相手ではないのだ。

しかもブリュレは、ルフィたちがビッグ・マム海賊団の「歴史の本文」の写しを取ることに密かに成功したことも知っている。

その上で「ごめんよママ、いう事聞くしかなかったんだ!」とは、
一時的に家族に害する行動を取ることになるけど、大丈夫!起死回生の手をすでに仕込んである、とか、あとで汚名を返上する策を持っているとか、そういうことでない限り、これはもう家族の元へ戻ることを諦めたと考えるしかない。

すなわち、ママの命、家族との絆、信頼、ママの庇護下での地位や待遇それらすべてをかなぐり捨ててでも、自分の命ひとつが大切だと、ブリュレは判断したことになる。
・・・こいつバカだろ・・・。


〜閑話休題〜


op_863d.gif
混乱する会場で、マザー・カルメルの写真立てを狙うルフィだったが、それを先読みしたカタクリに阻止された。

カタクリは「モチモチの実」の・・・デンプン人間? とにかく自然系ロギアの能力者だ。水気があれば脱出できるが触れると固められるという謎仕様。覇気では逃げられないのか。

op_863e.gif
カタクリに襲われたルフィを助けに入ったジンベエは、正式にママの傘下からの離脱を宣言。しかもジンベエは逃げも隠れもしない。先だっての「落とし前」という名目のルーレットは理不尽な悪意に塗れていたが、筋の通った落とし前ならいくらでも付けてやる。

op_863f.gif
いくらでも寿命を取るがいい。

op_863g.gif

しかしジンベエからは魂がこぼれ出ない。


op_863h.gif
未来の「海賊王」の仲間になろうっちゅう男が、「四皇」ごときに臆しておられるかァ!!!
これにてビッグ・マム海賊団をやめさせて貰う!!!


チョッパーが男泣きするほどカッコいい!!これぞ「義侠派」。漢ですわ・・・。
図らずも大勢の立会人が見守る中での、正式な脱退となった。これを今さら覆すことはママのメンツが許さないだろう。

そんな騒動を他所に、こっそりひっそり

op_863i.gif
任務完了。


op_863j.gif
これはカタクリが、おそらく「見聞色の覇気」をもって、ルフィの気とケモノの気を判別しそれを皆に伝えたことで、ルフィ本体以外の「ルフィの姿をしたもの」はすべて警戒の対象から外れていたせいだ。
今回のシリーズ、ブルックが地味に、しかしめちゃくちゃ重要ないい仕事してる。

さぁ、こっそりひっそりはいいけれど、皆この好機を見逃していないだろうな。
そして本当にママは正気を失うのだろうか。

続きはGW明け!

posted by BIE at 17:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | ワンピース
この記事へのコメント
あぁ、もう次回が気になって仕方ないです!!
どうなる、ビッグマム!?
Posted by つつ at 2017年04月24日 23:24
ママ錯乱→ランチャー発射→誰かに当たる→レイジュが救う→感謝で手打ち

っていう流れしか思いつかないや。あと、今週号でシーザーが実質フリーですよね。コマ割りからしても波乱起こしそうな予感。
Posted by 流星群 at 2017年04月25日 07:46
作戦中にあの罵倒っぷりは不安材料ですよね。
まぁ心臓はベッジが押さえているんだけども。
Posted by BIE(管理人) at 2017年04月25日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179539431
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック