2017年07月27日

戦場の記憶 │ 千年戦争アイギス


メンテが明けた。
新しい緊急ミッションは「戦場の記憶〜追憶の章〜」

aigis_20170728a.png

最近ゲームを始めた王子たちへの「世界観の説明」を兼ねているのか、新しいキャラクターに、これまでの王子軍の歩みを紐解かせる「戦場の記憶」シリーズ。

前回は、神殿書記官 レーヴ【ビショップ】が、アンナの記憶を辿り、王子軍の足跡を追ったが、その続編となる今回の「戦場の記憶〜追憶の章〜」では、義賊サヨ【ローグ】が登場。
王子と王子軍が果たして世界を救う器か否か、信じて身を寄せるに値するか否かを見極めるために、ずっとそばで見ていたが、とうとう見つかったので白状する・・・という体で、これまでのおさらいをする特別イベントだ。

サヨは誰にでも化けることができ、モンスターに紛れるなどして王子軍の戦いをつぶさに見てきたという。その中で「あのときはモンスターの群れごと危うく殺されかけた」とか、自分語りを多分に含めながら、王子軍の行いを検証するミッションの数々。その数、前後半併せて「30」という超ボリュームなのだが、「戦場の記憶」で思い出される各ステージは、オリジナルのステージよりも幾分難易度が抑えめになっている物が多いので、さほどハードルが高い訳ではない。のんびりいこう。

月曜からは、レーヴの方の「戦場の記憶」も復刻されるので、新しい王子は世界観の勉強をしよう。

それにしても、語り部として登場した、義賊サヨ【ローグ】だが・・・
誰にでも化けられる、という薄い本の方面でいろいろ捗りそうな、実に美味しい設定を持っていながら、残念なことに僕の好みじゃないなぁ・・・。絵師の方には悪いけど、完全に設定負けしてると思う。


aigis_20170728b.png

また、一般版の方では、先週終了した「アルスラーン戦記」とのコラボ大討伐の報酬である、黒衣の騎士ダリューンが配布された。うちの王子軍では、アリシアに続く二人目の【ロイヤルガード】となる。・・・アリシアもほとんど使ってないなぁ。

いや、そんなことよりも、
先日も書いた通り、僕の主戦場はR18版なので、一般版でしか使うことのできないコラボキャラについては、僕は結晶を割ることを避けた。ところが運営によると、コラボキャラをR18番に登場させる事は(おそらく政治的な事情で)できないが、その代わりにR18版の方では、同じ性能の異なるキャラとして使用することができるようにする予定がある、というのだ。

なんですと!!

なぜ終わってから言うのだ!
「R18版では使えない」これだけを理由に拒絶したキャラが、顔と名前が違っていても使えるのであれば、結晶だって割ったかもしれない。ナルサスの性能を持っているなら、僕にとってそのキャラはナルサスである必要はないのだ。
あくまでゲスパーだが、運営も当初はそのつもりはなかったのだろう。しかし「せっかく手に入れたコラボキャラを、どうしてもR18版で使いたい!」という熱い要望に、なんとか応えたいという運営の誠意の現れなのだと、好意的に解釈することにした。

まぁ、結局セノーテも手に入らなかったし、アルスラーンガチャ回したところで入手できたかどうかは分からないしね。それに、別のキャラとして生まれ変わるのなら、また入手できる機会があるかもしれないし・・・。

posted by BIE at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180470054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック