2017年08月04日

ユニットの性能調整 │ 千年戦争アイギス


今回のメンテでは、かなり大掛かりな「ユニットの調整」が行われた。

弱点が補強されるのは大歓迎だが、逆に弱体化してしまったり、出撃コストが増加したり、スキル発動のタイミングを考え直さなくてはならなくなったりと、これだけ大規模にいじられては、使い勝手がかなり変わってくるだろう。
また、先人たちが積み重ねてきた攻略動画がそのまま再現できなくなる可能性にも注意が必要だ。

たとえば、弓系の攻撃力が全体的に強化されたようだが、それに伴い「HPや防御力を調整した」ってことは、HPや防御力を下げることでバランスを取ったということだろう?バシラやクレアはいいが、スピカのように元のHPや防御力が低いユニットは目も当てられない事態にならないだろうか・・・。


aigis_20170804a.png
クレアで調整前と後とを比較してみた。
HP/-52、攻撃力/+29、防御力/-6
あんまり使い勝手は変化なさそうだ。


aigis_20170804b.png
シビラ
HP/±0、攻撃力/+84、防御力/-72

スキルに敵を弱体化させる効果が追加され、エンジェル系だけだった攻撃力上昇効果をそれ以外の敵にも確率で発動…っと、トータルすると強くなっている様だが、やはり防御力の低下が気になる。
これまでシビラには要所を安心して任せられたが、落ちる危険性も考慮しないといけなくなってきた。


aigis_20170804c.png
緊急ミッション「戦場の記憶 〜追憶の章〜」が後半を開始した。攻略はまあまあ順調。

インフォ画面のサヨが覚醒後の立ち絵に変わっているんだが、見た目あんまり変わっていないのに、無印より明らかにかわいい。

しかし何というか・・・
僕には巨乳属性がないから余計に目につくだけかもしれないが、オパーイに巻いてある「サラシのようなもの」はコレ、どうなってるのかね? 皆は受け入れられるのか?

マンガなどの創作では、サラシが包帯のように細くて柔らかい布状に描かれるのをよく目にするのだが、サラシってのはかなり固くてゴワゴワしてるものだ。およそ柔らかいものを優しく包み込むことなどできない。
そもそも、身体にサラシを巻く行為とは、内蔵を保護する目的で柔らかい腹を固めるためか、女性の場合は胸を締め付けて揺れないようにする、もしくは潰して腕の動きの妨げとならないようにするためだろう。包帯のような靭やかな布では用を為さない。

aigis_20170804d.png

たとえばチズルの場合は、服装など本来どうでもいい気性っぽいが、色んな事情で仕方なしに隠させられている。(だから巻き方がだらしなく適当)という風な背景が想像できるのだが、サヨのこの「サラシのようなもの」は、巻きつけているようにも、締め付けているようにも見えない。まさか乳頭に怪我でもしているのか・・・!

持ってる刀が「忍者刀」っぽいことにも、何か理由があるのかなぁ・・・。

posted by BIE at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180542629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック