2017年08月23日

のんびり育成中 │ 千年戦争アイギス


さて、お盆休みも終わったが、アイギスでは350万ユーザー突破記念の第二弾を開催中。

今週は緊急ミッションが行われず、報酬ドロップ率アップ週間となっている。緊急ミッションがないとのんびりできるので、好感度UPアイテムを狙ったり、魔水晶を補充したり、それらを使ってユニットを育成したり覚醒させたりと、すなわち育成補助週間というわけだ。


aigis_20170823a.png

今回のメンテで、以前告知があったように、レベルアップ時に残ったカリスマ・スタミナを持ち越せるようになった。レベルアップ時には上限分回復するカリスマ・スタミナが、今週からは残っていた分に加算されるので、一時的に上限を超えて保持することができるのだ。レベルアップ直前の残量にナーバスにならなくて済むのは助かるし、昨今のオンゲではけっこう当たり前の仕様なので、実装が素直に嬉しい。


前回紹介した【ソルジャー】の第二覚醒。とりあえずケイティ先生だけはやっとかないとな。

aigis_20170823b.png

戦術教官ケイティ【コマンダー】(金)
【ソルジャー】→【ソルジャーチーフ】→【ソルジャーエリート】→【コマンダー】と成長。
実質、第一覚醒からスペック的には大きく変化していないのだが、こっそり出撃コストが「-2」されていた。これは大きい。
うちのデータ1王子軍におけるメイン援軍要請ソルジャーは、ケイティとジェローム。戦略的にはほぼ毎回どちらか、もしくは両方を投入するので、覚醒ジェロームの初期コスト+2効果と併せ、これまでよりも確実に一手先に動けるようになった。クラス特性の全ユニットバフも強力なのだが、これは残念ながらケイティとジェロームを両方出撃させても重ねがけはされないらしい。(ジェロームも第二覚醒はコマンダー)

立ち絵の凛々しさが素晴らしく、絵師の技術の向上も伺うことができる。



余談だが、今朝のログボでデータ2の「結晶のカケラ」が貯まったので「ベース召還SP」を10回。

aigis_20170823c.png
鉄×5、銅×2、銀からアサル・セシリー、そしてプラチナからパルフィが出た。

aigis_20170823d.png

ベース召還からプラチナが出るのはめったにないので、嬉しいことには違いないのだが…ライチが有能すぎて、サブのメイジアーマーを育てるのが後回しになってる。
データ2のエーリカ(カボ子)は全然育ててないし、実はパルフィは2体目だし、ジェシカも居るし、この機にひとりは育てておくべきかとは思っているのだが…、ジェシカはライチの上位互換って感じでバラエティに乏しいし、パルフィはスキルが攻撃系じゃないのがなんとも・・・


データ2で以前ゲットした、クラリーチェを覚醒させた。
データ1で結構前から使ってる火霊使いロレッタが非常に便利だったので、クラリーチェをぜひとも最前線に出したかったのだ。

aigis_20170823e.png

闇霊使いクラリーチェ【エレメンタラー】(プラチナ)
自身はまったく攻撃せず、闇の精霊を使役して攻撃する。一度に出せる精霊は3体までで、1体目はコストが不要。
ロレッタと異なる点は、まずは、単発攻撃のロレッタと違いこちらは範囲攻撃であることと、それが相手の防御や魔法耐性を無視する貫通攻撃である点。さらにクラリーチェ自身の射程がロレッタよりもわずかに長い。だが、ロレッタ(火の精霊)は他のエレメンタラーよりも攻撃速度が速く、加えて闇の精霊は他の精霊よりもコストが「2」多い。見事な一長一短で、エレメンタラーはだいたい性能が横並びなんだ。あとは他のクラスとの相性だなぁ。

aigis_20170806f.png
(参考:覚醒前)

また、単に「いたずらっ子」風だった覚醒前の立ち絵と比べて、明らかにダークサイドに落ちてしまった印象を受ける「歪んだ笑み」の立ち絵が僕的には微妙。角や翼が「小悪魔的でかわいい」と一部で評判らしいが、

aigis_20170823f.gif
ドット絵ではホントに宙に浮いてるので、クラリーチェは「小悪魔”的”」なのではなく、覚醒することで本当に角と翼が生えた「小悪魔」になってしまった、と考えるべきだろう。闇の精霊を取り込んじゃったのかなぁ。
posted by BIE at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180746407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック