2017年10月19日

やっぱり黒はダテじゃない!サバルに期待 │ 千年戦争アイギス


メンテ終了。

悩ましかったサバルの強化は、結局時間も神聖結晶も強いてつぎ込むことなく、報酬のサバルはLv20、スキルLv6/10、コスト-3。
先週はストーリーミッションの消費カリスマが半額だったため、いつもより早いペースのレベルアップによるスタミナ・カリスマの回復が、より緊急ミッションの巡回を助けていたはずだが、やはり【シーフ】というクラスであることが強くブレーキを踏ませたことは否定できない。

aigis_20171019a.png

黒猫大怪盗サバル【シーフ】(黒)

【シーフ】はサバルも含めてたった三人しか実装されていないため比較がしやすいのだが、他の二人(レダ、アニータ)と並べてみても、さほど抜きん出たスペックを持っているわけではない。黒レア相当にややランクアップしているに過ぎない印象だ。

スキルは三者三様なので並行に比較できないのだが、もし実戦でサバルが活きるとしたら、ポイントはやはりそこだろう。

数秒間攻撃力を強化し、数回攻撃を当てることで敵を麻痺させる「パラライシスダガー」と、同じく攻撃力の上昇と、なんと一撃で敵を麻痺させることができる覚醒スキルの「フェイタルダガー」である。

まだ覚醒状態のパラメータが明らかになっていないため一概には言えないが、遠距離から敵を麻痺させるというのは、なかなかエグい。「フェイタルダガー」に至っては一撃で麻痺させられるので、基本性能が低く生存性が極めて低い【シーフ】といえども、黒レアのサバルならば狙い所を絞って、投入→即点火→即撤退という戦略が可能だ。
しかも、もともと一度しか使えないスキルなので、躊躇なく撤退させられる。

コアな王子たちには、様々な「縛り」を設定してプレイする猛者がゴロゴロいらっしゃる。これまで「覚醒レダあり」という条件プレイは、アイテムのドロップ増加を見込める代わりに敵が3割強靭になるという上級プレイだったのだが、レダの代わりにサバルを投入することで、そのプレイの難易度が下がるケースが出てくる、ということだ。(ノーマルプレイよりも難易度が下がることはないぞ)

確かにサバルの基本性能では、戦場に長く出し続けるリスクは高く、何度も狙って使うスキルではないように思う。サバルの本領はスキル覚醒をさせてからとなるだろう。
これまでにない独自の使い方ができる特殊なユニットであり、上級者王子への福音ともなろう。なるほど・・・考えたな運営。

報酬配布の段階でもう少し高スペックとなるようにミッションをもっとやり込むべきだった、と少し思わないでもないが、まぁ後悔の度合いはフーコのときと比べればどうということはない。折を見て育てることにしよう。


aigis_20171019b.png

今週の緊急ミッションは、「悪霊の迷宮VII」。スタミナを消費せずカリスマだけでチャレンジできるが、その代わりに報酬のドロップ確率がかなり悪い(体感です)。
くだんのカリスマ半額フェアは今週も引き続き行われるため、繰り返しチャレンジできるのはありがたい。
※カリスマ半額はストーリーミッションだけなので「悪霊の迷宮」でその恩恵は受けられないぞ、とご指摘いただきました。…そうですね。

まさか、その極めて低いドロップ率への対策として、サバルを使えということなのだろうか…。


クラス【天狗】にスキル覚醒が実装された。

わが王子軍では、データ2の方で早々に入手したので、すでに覚醒済みLv75、スキルMAX、コスト-1で頑張ってくれている。
なにせブロック0で遠距離攻撃の対象とならないため、混戦の補助としてや、味方から離れたところで敵の行列をガンガン削ってくれる有能な嬢ちゃん(?だ。(貧乳だったら惚れていたかもしれない。)

aigis_20171019c.png

そのスキル覚醒は、攻撃力の上昇率がこれまでより下がるが、射程が伸び、三体まで同時に攻撃をするようになる。スキル使用までの待ち時間が少し増えるが大した枷にはならない程度。

これはすぐにでもスキル覚醒させるべきだが、残念ながらオーブが不足していた。いずれ、スキル覚醒のめまぐるしい効果が実感できたら、また報告する。

今週ものんびりプレイだなぁ・・・。
posted by BIE at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181324835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック