2009年02月26日

キャシャーンSins 21話

死は恐怖、死は闇。
死ぬことから逃れることさえできたら、皆ずっと幸福に"生"を享受することができる


キャシャーンが抱く"死ねない苦しみ" 反面、人々が求める癒しは滅ばない肉体
わたしがしていることが悪いことだと言うの?

ディオとレダもまた不死を求めてルナを目指す
待ってなさいルナ、私のものにしてあげるわ…
実に女らしい嫉妬と欲望をみせるレダ、ラスボスはこいつなのか…

行きましょう。もうここに用はないわ
滅びを恐れながらも、ルナの救いは要らないというリューズ
熱を出し倒れるリンゴ

永遠に生きる者たちの街
享楽の果てに自殺の真似事に興じたり永遠をもてあます堕落した人々
"滅び"のない世界がコレなのか

ドゥーンのように、"滅び"を受け入れる覚悟が無いのなら
ルナに救いを求めた方がいい
とキャシャーン
これもまたリューズを思っての発言なのだが
他人事としてしか言えないのがまたツライところです。

キャシャーンの美しい肉体に憧れながら
それでもルナの癒しを受けたら何かが違ってしまいそうで
それならこのままの方がいい
、とリューズ

ルナのナノ細胞を解明するべくパーティから離れていたオージが合流
"救い"なんかじゃない。ルナが与えるのは"死"だ。

かつて人もロボットも永遠の命を享受していた
その歪んだ世界でルナが与えていたのは「死」
永遠の命が溢れたイビツな世界に、生き物としての"寿命"を与えていた
「死」があってこその、本当の「生」

しかし、今のルナは本当に"癒し"を与えている
過去のルナと今のルナ
ルナに変化をもたらしたとしたら、その原因はキャシャーンしかないでしょうね

ルナの癒しを受けた人々ロボロボを目の当たりにして
リンゴをルナに診せたいというオージ
反対するキャシャーン

生き延びることを否定するなら、なぜ戦う?
お前は不死身だから綺麗事が言えるんだ
お前には死の恐怖も苦しみもないじゃないか


その言葉を受け、デンドロ軍団の攻撃に無防備に身をさらすキャシャーン
以下、次回へ続く。
posted by BIE at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャシャーン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27227637
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック