2009年04月25日

レッドクリフ

先日テレビで、レッドクリフ part.1を見ました。

劇場ではpart.2が上映中なのに、何を今さらという感じですが
個人的に「三国志」では
劉備たちがまだ不遇な時代、董卓の天下から呂布が死ぬまでの頃が好きで
赤壁の戦いにはあまり思い入れがなかったので、part.1見てなかったんです。


以下感想なんですが
CGをふんだんに使った壮大なスケール感はさすが
しかし、物語の"尺"的に不要なシーンが長いわりに
内容が薄いなと感じてしまいました。

たとえば、孫権が曹操に立ち向かうことを決意する虎狩りのシーンが長すぎる。
孫権の妹も出てくる必要なし。
そして何より、周瑜のラブシーンが長すぎる。てか、不要。
part.1最大の見せ場である、八卦の陣を擁した赤壁前の陸戦は
関羽や張飛の一騎当千ぶりを演出するために
いかにもジョン・ウーらしい、ありえないアクションシーンの連続で
「ンなあほな」と、笑ってしまう。
で、これから決戦と言うところでブッツリ終わる。

まあ後編への引きという意味では正しいけど
演出と編集次第では3時間の映画1本で収まる気がして、
無駄に贅沢だなという印象。

主役のひとり周瑜役のトニーレオンが、ガレッジセールのゴリに見えるのは
大いに問題で、女性にも理解しやすくというアプローチでラブシーンを入れたりするなら、周瑜はもっとイケメンを使うべきではなかったでしょうか。

あと、中村獅童がモンゴル人にしか見えない件
posted by BIE at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28688824
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック