2009年08月07日

ONEPIECE 553 「頂上決戦」

扉が見開きカラーなので"短期集中シリーズ"はお休みです。
色とりどりのアイスクリームを食べる麦わらの一味
op_553a.jpg
なんといっても、セクシー水着で舌なめずりするナミの
濡れた髪がステキすぎます。


さて本編


賽は投げられた。
意外にも、敵意も露わに最初に攻撃を繰り出したのは白ひげその人でした。

津波を止めたのは、皆さんご想像の通り"青キジ"の「氷河時代アイスエイジ
青キジが凍らせた湾内には、白ひげの船団から隊長を含む総勢がなだれ込み
迎え撃つのは本部の中将達

その乱戦をよそに、白ひげの器量を量ろうとした
鷹の目ミホークの斬撃を3番隊隊長:ジョズが止め、
黄猿のレーザー攻撃を一番隊隊長:マルコが止める。

まさに世界最高戦力のぶつかり合いが始まりましたよ!
というところで次回に続きます。

凄いことが作中で起こっているのはわかるんですが
麦わら一味がまるで蚊帳の外なのでいまいち面白くない。
書くことあんまり無いので、オマケをどうぞ。


余録:1
おつるさん、もっと物腰やさしい人かと思っていましたが
意外と肝が据わっていました。
op_553b.jpg
ちょっとドクトリーヌ:Dr.くれはとイメージが被ります。

それはそうと、おつるさんの横にいるのはコーミル中将ですね。
コーミル中将といえば、
扉絵シリーズ第六弾で、エースに基地潜入を許し取り逃がすという
エースと因縁浅からぬお人。
汚名返上するならもっと最前線に出てもいいと思いますが
この立ち位置は、551話までガープが立っていた場所。
何か意味があるのかもしれません。(扉絵シリーズは右側リンクから)

余録:2
前回の白ひげ「グラグラの実」に続き
ミホークの斬撃をはね返す、ジョズの「全身ダイヤモンドになる能力」と
マルコの「黄猿レーザーをも通さない青い炎」が明らかになりました。
ジョズは「3番隊」隊長、マルコは「一番隊」隊長と表記されていますが
扉絵シリーズの誤植問題などもあるので、
漢数字とアラビア数字の混在については、深くは考えないことにします。

いや、そうじゃなくて!
ゾロがまるで歯が立たなかったミホーク
レイリーの助けとくまの謎の行動で命からがら逃げおおせた(?)黄猿
どちらも押さえ込むのは人間業じゃあ無理ってモンです。

この二人と並んで、2番隊隊長を張っていたエースの強さは
推して知るべしというものですが
では4番隊隊長サッチはどうだったんでしょうか。

サッチといえば、
この後ヤミヤミの実を手に入れ黒ひげに殺害されてしまう悲劇の人
黒ひげの弁によると、悪魔の実は最初に見つけたヤツが食べていいルール
だからサッチを殺して奪った。と言っていることから、
サッチは能力者ではありません。

そして、悪魔の実を食べる以前のティーチに殺されています。
エースを含む他の隊長たちが、能力者になる以前のティーチに敗れることが
想像できるでしょうか。否。注)追記
op_553c.jpg
45巻で黒ひげの回想に出てきたときは、悪そうな顔つきをしていたサッチですが
エースの回想ではやたらフレンドリーなヤツです。
op_553d.jpg
これはもう強さではなく、人柄の良さ(面倒見の良さ)で
隊長の任に就いていたと考えるのが妥当ではないでしょうか。
ROOKIESでいうところの御子柴みたいな感じ・・・?

たぶんこの先、サッチの真の強さが描かれることはおろか
再び登場するかどうかすらも怪しい、悲劇の人:サッチ 彼の真の強さはいかに?


余録:3
まだ素顔と能力を明かさない"赤イヌ"ですが
あくまでも僕の希望としては、能力者じゃない方がいいと思ってます。
だって、能力者ばっかりじゃ面白くないもんよ。

追記:
45巻でシャンクスが能力者になる前のティーチに
顔の傷をつけられた旨を語っていました。
op_0045_a.jpg
ティーチは悪魔の実の能力に頼らずとも、そこそこ強そうです。
posted by BIE at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワンピース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31117102
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック