2010年06月21日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第62話

原作:106話終盤〜107話ラストまで


新たな賢者の石を求めて大地に立ったフラスコの中の小人
ホントはクセルクセス王の衣装を上半身脱いでる状態なんだけど
hagane_62a.jpg
どうみても風呂上がりのバスタオルいっちょに見える

生物としてどん詰まりだと指摘され、では人間を産んでみようかと
人間を身体から吐き出すフラスコの中の小人
hagane_62b1.jpg
吐き出された人たちが赤っぽいのは賢者の石=すなわち精神メインで
なんかしかのタンパク質っぽいものだけを分け与えて
肉体らしきものを簡易に形成しただけだからだろうか。
その証拠にコミックでは端からボトボト肉体が崩れ出すんだけど
そういう描写はないですね。
hagane_62b2.jpg
こんなに苦しそうな顔で天を仰ぎ助けを乞う赤ん坊なんているわけないので、
イズミのトラウマによる補正もかかっていると思われます。
(エゲツナイ表現として使ったんだろけどありえない描写ですね)

そして怯んだホーエンハイム達に特大のを一発
hagane_62c.jpg
・・・いや、ちょっとでかすぎ・・・
死ぬよ。普通。

増援部隊をチョイス
オリヴィエがアレックスに通信機を持たせたことは、
コミックでは特に伏線になりませんでしたが、

そんなことよりロイとリザですよ。

hagane_62d1.jpg
リザは目が見えずともまだ戦う意志を明らかにしているロイの手を介添えし、
そんなリザに絶大な信頼を寄せ、パートナーシップを謳い肩を抱くロイ
なんでこの描写を省くかよ。
hagane_62d2.jpg よそ見してるとか、どんだけよ。
セリフも二人の結束が感じられないアレンジになってるし。


地上では、傷ついたエドとイズミにまずおそいかかるフラスコの中の小人
賢者の石にされるところを助けたのは
hagane_62e1.jpg なんとブリッグズ兵の通常弾
hagane_62e2.jpg
こういうのはこの段階では意にも介さない程度のハズなんですが
グリードのときも酷かったしそういう演出方針なんだろうか。

ここからは物量戦で消耗させていく作戦で、四方八方を取り囲むブリッグズ兵

四方八方から・・・って

hagane_62f4.jpghagane_62f3.jpghagane_62f2.jpghagane_62f1.jpg
四方八方すぎるやろ!! 同士討ちになるぞ、シロウトか!

hagane_62g.jpg
颯爽登場した焔の大佐はかっこいいけど
hagane_62g2.jpg
やはり二人三脚ぶりが全然足りない。
あと「12時の方へ修正」ってのは補正指示じゃなくて
「ちゃんと真っ直ぐ撃て」と言ういちゃもんだよ。どっちに何度って言ってやれよ


hagane_62h.jpg
グリードの攻撃はリンへの反発もあって、
親父殿の賢者の石を逆に吸い出すつもりに変更されてます。
確かに
リンとのやりとりのすぐ後に、エドの攻撃の捨て石になるとは考えにくいので
これでもいいけど、
hagane_62i1.jpg hagane_62i2.jpg 戦いの絵ヅラが妙なことに。

グリードに吸われたのか、逆に幾分かでも吸収できたのかははっきりしませんが
hagane_62j.jpg hagane_62k.jpg
エドの腕をぶっ壊したその直後に限界到来
最後の咆哮に吹き飛ばされたエドは壁材の鉄筋に刺さっちゃってますが
hagane_62l.jpg
気合い次第で抜けそうにも見える。もうちょっと長いとか曲がってるとかしとけ


アルの決意
かりそめの肉体が鉄屑状態のアルはその錬成をメイに頼みます。
ここで言う「時間がない」とは、エドに魔の手が迫っていることよりもむしろ
hagane_62m.jpg
アルの鎧の身体と精神との繋がりが壊れてしまうことを指している。
バキッて音がして「ハッ」とするアルが描かれていますが、わかりにくいね。

hagane_62n.jpg hagane_62o.jpg
そして、自らの精神を在るべき所へ送り、エドの腕を取り戻す。

hagane_62p1.jpg 腕が戻ったエドは

hagane_62p3.jpg
立てよド三流
オレ達とおまえとの、格の違いってやつを見せてやる!!!

手招きしないのね・・・

hagane_62q1.jpg
ファンにはおなじみの、コミックでは記念すべき第1話の名ゼリフなんですが
今作では第3話にサラッと挿入されたので感慨がもひとつです。いや全く。

ちなみに、その時の画がコレ hagane_62q2.jpg
なんかテキトー


hagane_62r.jpg
アルの肉体と精神を取り戻すために何を犠牲にするか楽しみだとのたまう真理
その解決と、何かを理解したグリードの決意は以下次回

さぁ、泣いても笑っても残り2話ですよ。


注)
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST のレビューは
「コミックとアニメはあくまで別物」という大前提のもと、
今回の再アニメ化に際しては原作準拠のストーリー展開で。という製作趣旨をあえて真に受けて、
コミック版との比較をしてみようというスタンスで書いています。
決して原作マンセーな人ではありませんし、アニメスタッフに喧嘩を売るつもりもありませんが
思ったことは言うというブログ自体の姿勢は崩すつもりもありませんので
ファンの方には、しばしば不愉快な思いをさせることがあると思います。
それはもう、ご了承ください。
posted by BIE at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39065833
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第62話 「凄絶なる反撃」
Excerpt: 鋼の錬金術師 Festival '09 [DVD]クチコミを見る ホーエンハイムの策略により身体からアメストリス国民の魂を失ったお父様だったが、自身の中にある神の力を保持し続けるため、自分の周囲にい..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2010-06-21 02:35