2011年12月27日

ONEPIECE 651 「新世界からの声」


カリブーを追ってきたルフィ・ゾロ・サンジだったが
op_651a.gif
前回、ルフィに見つかったカリブーは
飛ぶように逃げ去ったのではなく、ルフィにぶっ飛ばされていて
op_651b.gif すでに気絶してました。

取り返した財宝は全部もらえるそうなので、
op_651c.gif 喜んで担ぐ三人。
この三人だけでこういうほのぼのしたやりとりも珍しい。


運搬用に空飛ぶ魚を探してお菓子工場まで来たルフィ
そこではビッグマムの手下と左大臣が揉めていた


op_651d.gif すごむとかわいい
ビッグマム海賊団 戦闘員 ペコムズ

op_651e.gif 紳士的(?)足長族
ビッグマム海賊団 戦闘員 タマゴ男爵

毎月10トンのお菓子を引き渡す代わりに
魚人島は「ビッグマムに守られている」という名目を掲げることができている
その契約を反故にするなら協定は決裂
後日ビッグマム海賊団の猛者共が魚人島を滅ぼす
といいます。




op_651f.gif
四皇ビッグマム
シャーロット・リンリン



op_651g.gif
ビッグマムからの電伝虫に勝手に出るルフィ

言い訳も謝罪も代替案も聞き入れない強弁なビッグマム
しかしルフィの威勢の良さにニヤリとし、
ルフィが罪をかぶろうとした望み通りに、怒りの矛先は
麦わらの一味に変更してやるから新世界へ来いというビッグマムに対し

op_651h.gif 喧嘩上等のルフィ

お前なんかに預けておけない
新世界でお前をぶっ飛ばして・・・

魚人島はおれのナワバリにする!!


以下次号


ルフィの男らしいナワバリ宣言
これもまたルフィの小さな背中に白ひげを重ねて見る効果が
魚人島民に働くのでしょうが・・・・


えーと、ちょっと待ってください。
この展開だとこのまま魚人島を出てしまいかねませんよ。

ホーディを倒したことによって
魚人島民の人間に対する意識は若干変化があっただろうし
オトヒメを殺害したのが人間でなかったこともわかったとはいえ
当面の騒動が収まっただけで、
読者視点での魚人島の根本的問題は何一つ解決していません。

しらほしがポセイドンなのは隠すべきなので置いとくとして、
ノアを修理する一族の話、タイヨウの下へ移民する話
また、ジョイボーイの時代に魚人島に何があったか

そして何より、ルフィが魚人島を壊滅させるとか云々・・・


ビッグマムは「新世界へ来な」と言ってるので、魚人島編が片付いた後
辿り着くまでこの話はお預けでしょうか。

いやいや、この怒りのテンションで盛りあがりそうな話を
保留にするのはあまりにも酷というもの・・・。

ルフィの言葉にママは「イラッ」ときたみたいなので
ビッグマムのほうからお出ましになるんじゃないでしょうか。

でも、そこで揉めると、
魚人島編の残りの話がもうしっちゃかめっちゃかになってしまうので
ビッグマムとルフィは早々にうち解けるような気がします。

その理由がローラのママだからかどうかはまだ分かりませんが
その可能性は高いですね。



あぁ、あと聞き捨てならない情報として
キャプテン・キッドがビッグマム傘下の海賊船を2隻沈めたそうです。
いかにも血の気の多いユースタス屋らしいですね。


まぁ、そんなことよりも

op_651i.gif

ビッグマム海賊団の三つ目の女の子がかわいいという話ですよ。

posted by BIE at 14:39 | Comment(9) | TrackBack(0) | ワンピース
この記事へのコメント
ビッグマム、美人系かなと思ったら
まんまん様級のバケモンだったでござるの巻
Posted by 腰痛おじさん at 2011年12月27日 22:49
ずっと以前のシルエットからして美人には見えなかったのでゴツイ系だとは思ってましたが、アルビダと被らない特徴は持っているだろうと、そのくらいに考えてました。
まさかあんなにデカイとは・・・
Posted by BIE(管理人) at 2011年12月27日 23:25
マムの登場はモリアの初登場と似てませんか?巷ではマム編は不思議の国のアリスだとか言われてるようですが、どことなくスリラーバークの臭いがしますね〜〜

展開としては敵の居るとこまで行くという感じはバロックワークス編と似てますね。敵とでんでん虫で話すとことかクロコダイル思いだしますね。
Posted by ゾロ at 2011年12月28日 15:57
シルエットみてたらなぜか「千と千尋」の魔女を連想した。
Posted by 奈々氏 at 2011年12月29日 10:14
三つ目の子とかも能力者ですかね…
ワンピースの人間離れした体系を持つキャラは能力者が多くないですか?
Posted by suger sky at 2011年12月29日 12:34
楽しく読ませて頂いています。

ところでノアですが、魚人島からの移住の為の船ではないと思うのです。
ジョイボーイはたぶん、かれらが地上でも安心して暮らせる世界の実現を約束したのだと思いますが。
ネプチューンは自分達の為の移住船だというニュアンスでなく、それを約束の日まで守りきれないかもしれないと心配していました。
また、ノアを修理する造船技術はあの一族が持っていた・・というせりふから、ノアはプルトンを作った技術と同じものだったと考えてもよいのではないでしょうか。
海王類にひかせて何に使うのか楽しみなところですね。
そしてポセイドンがそうだったように、古代兵器はそのありかがわかっても、世界政府が簡単に使えるものではない力だとわかったように思います。
自分達は使えない力、でもDの王国側には使える力であるからこそ、世界政府が古代文字を禁止してきたのだと納得したり・・。
Posted by RIO at 2011年12月31日 04:00
>古代兵器はそのありかがわかっても、世界政府が簡単に使えるものではない
これは非常に興味深いですね。その通りだと思います。
Posted by BIE(管理人) at 2012年01月01日 09:57
カラー絵に今のチョッパーが帽子を取った頭が描かれてますが、あんなんでしたっけ?
まったく覚えがないんでちょっと感動しました。
Posted by Mr.K at 2012年01月11日 21:54
そういえばあんまり記憶にありませんね。
ヒルルクに帽子をもらうまではずっと包帯巻いてましたから
前髪(?)がめずらしいのかな
空島で角ごと帽子が飛んだときも見えてなかったなぁ
Posted by BIE(管理人) at 2012年01月12日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52449538
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック