2012年05月11日

ONEPIECE 666 「イエティ COOL BROTHERS」


さて皆さんお待ちかね!(Gガン予告風)

op_666a.gif
世界の甲板から Vol.46は
「インペルダウン LEVEL5.5番地ニューカマーランド新女王ボン様」

いまだ健在だった5.5番地ニューカマーランド。

イワンコフがルフィと共に脱獄する際
一緒に来るも残るも自由だとみんなに言っていました。
にわかに考えにくいですが、居残りを選択した者も居たのでしょう。
その残党が2年の間にまたぞろ勢力を伸ばし
ニューカマーランドはすっかり元の活気を取り戻しているようです。

その中心に君臨する新たな女王ボン様とはいったい誰でしょうか。
まったく見当がつきませんが
知ってる誰かに似ている気がしないでもありません。

そのベンサム・・・
もといボンサマとやら・・・




めんどくさいから、もういいや
生きてましたね。ボンちゃん。本当によかった。

どういう経緯で助かったのか、いずれ語られることがあるでしょうが
おそらくは
黒ひげ一味が騒動を起こしたどさくさに紛れて
5.5番地残党の手引きで悪魔の袖引きルートから逃げおおせたのでしょう。

さもなくば、
イワさんがいない今マゼランの毒を中和する術など無く
まともに拳を交わしていたらボンちゃんが助かる道理は無いのですから。

そしてそう、イワさんが居ないニューカマーランドでは
もうホルモン調整で男女の垣根を越える方法はなくなりました。
しかし、ジェンダーフリーに限らず、
あらゆる自由を求めるニューカマーのキャンディたちにとって
ボンちゃんの生き様は紛れもなくカリスマであり
新女王になるべくしてなったと想像できます。

ボンの字が「盆」ではなく「梵」になっているのも
「梵」とはお釈迦様を導いたインドの原理神格ブラフマンのこと
またはそこから、清浄・神聖なものを表す文字です。
ニューカマーランドでいかに祀りあげられているか
崇め奉られているかがわかります。

ホルモンの助けを借りなくても
ボンちゃん自身は男にも女にもなれるしね。

本編再登場が楽しみです。




さて本編:

前回雪原に倒れていたゾロ、サンジ、ブルックは
件のイエティ兄弟の仕業に間違いないらしく

今回の攻撃の仕方を見る限りでは
なぜゾロが刀を抜くことすらしていなかったのか
どうにも腑に落ちません。

詳細不明のままですが
少なくともイエティ兄弟はすでに始末したつもりのようです。


続いて狙われたのはナミ、チョッパー
子どもたちと一緒に居残った組。
茶ひげがいち早くイエティ兄弟だと気付きますが

op_666b.gif
なんとイエティ兄弟の標的には自分も含まれていました。

op_666c.gif

まぁ、そもそも
島の外から余計な客を招き入れたのが茶ひげの部下だし
ルフィの懸賞金にビビリ入ってケツまくって
捕まったら知ってる情報全部話すし
役に立たないどころか、不利益与えまくりで
確かに助ける価値が1ミリも見つからない。

信じたマスターに見捨てられ
憐れ茶ひげは身動きできないまま

op_666d.gif
イエティ兄弟の巨大な銃口に晒されること
その描写にたっぷり3ページ以上。

う〜む・・・こんな役どころになるとはなぁ・・・

op_666e.gif
そして影は見えども姿ははっきり見えず
消えてしまうイエティ兄弟。

シーザーの命令には
フランキーボディの捕獲が含まれており、ナミが攫われました。

op_666f.gif

忌まわしいベガパンクの技術だが興味はあるようです。



今回重要なのが
トラファルガー・ローがこの島に来たときの話

op_666g.gif

突然やって来て、シーザーに対等の立場を要求したロー
この研究所に残された政府の研究資料に興味がある風ですが
その実、深い裏がありそうです。

op_666h.gif
シーザーに「JOKER」という後ろ盾が居ることまで知っていたのは
「JOKER」の正体に繋がる証言ですが
ちと早計なのでまだ深読みしないことにします。


ここで見過ごせないのが、ローがはじめて来たときのモネ。

op_666i.gif
なんと両手が(見た感じ両足も)健常です。

茶ひげや元囚人のシーザーの部下たちに脚を与えたのは
ローにとって、シーザーを信用させるまでには至らずとも
条件を呑ませる通過儀礼のようなものだったでしょう。

しかし囚人たちとはちょっと雰囲気が違うなーと感じたモネは
数ヶ月前までまったくの健常者だったのです。


当初、むさくるしいシリーズになりそうなので
ムリヤリ設定された女性キャラじゃないかと思いましたが
このモネ、なんだか重要な役割を担っている気がしてきました。

だって、モネは好きこのんで鳥人間になったってことでしょう?
どう考えても頭がおかしい。
ローの能力なら、いつでも元に戻れると
織り込んだ上でのことだとは思いますが、常軌を逸してる。

シンドリーちゃんみたいに、巻き込まれた被害者じゃないし

op_666j.gif
何より、他人の事など一切信用しそうにないシーザーが
一目置いているのが、ただ者ではない証。

セクシー・ハーピーから目が離せません。



そして
非人道的な行為を喜々としてするシーザーを
op_666k.gif
趣味の悪ィ男だ・・・誰かを思い出す・・・

どうも僕はローとドフラミンゴの繋がりが無視できないようで
真っ先にドフラミンゴを想像しましたが、
同様にローが「JOKER」の存在を知っていたのもドフラ経由で
その正体が、例の「もっと上」の男・・・・?
とか、安易に考えてしまうのがよろしくないので
一度リセットしておきたいのですが、これがなかなか・・・

しかし、こういう類の「趣味の悪さ」って
モリアとドフラミンゴくらいしか思い浮かばないんだよなぁ


op_666l.gif
さて、いよいよ行動を開始するのか、
謎だらけで多くを語らないローがめちゃめちゃカッコイイですね。




非常に重要かもしれない追記:

そういえば、ローの正体はサボではないかという説がありましたね。
誕生日とか北の海出身とかはいくらでも偽れると思うので
もしこの可能性を突き詰めると、今回のローのセリフはちょっと興味深いです。

趣味の悪ィ男だ・・・誰かを思い出す・・・
が、父親を含む祖国ゴアの腐った貴族どものことだとしたら。

どこへ行こうと、おれの自由だ
というのが「誰よりも自由な海賊になる」という感情の延長だったとしたら。

しかしロー=サボ説には大きな穴があります。
エースを助けに行かなかったことです。

子供のころの記憶を断片的にしか持っておらず
衝動に従って行動しているため、気まぐれにルフィを助けたりした・・・とか
あるかもね・・・・ないかもね・・・ふふふ・・・

posted by BIE at 04:47 | Comment(14) | TrackBack(0) | ワンピース
この記事へのコメント
梵ちゃん生きてて残念なような嬉しいような
Posted by AA at 2012年05月11日 05:55
もうなにがどうなるのか。。。たのしみですね

気になるといえば、広告欄にたしぎはモクモクの実をあやつれるのか?みたいに書いてありましたよね? やはり悪魔の実は心臓にやどるではなかったのですかね?
心臓を切り取られたときに、倒れましたが、心臓を抜き取られると一瞬気絶しちゃうんでしかね?モクモクの実の発動もできず。。
Posted by じぇにふぁ at 2012年05月11日 12:13
やっぱりビーさんもドフラを想像しましたか(^^)

モネは確かに気になりますね。自ら鳥人間になったとしたら、確かに常軌を逸してますね。かなり頭良さげのようですが、

ドフラミンゴは政府の上役と関係ある感じでしたよね。海賊であるドフラの力を借りようなんて輩ですから、恐らく政府の一部の勢力はなにか企んでるんでしょう。その組織の幹部もしくはボスがジョーカーなのかな?又、赤犬が政府上層部に元帥になるようおされてましたよね。少なからず赤犬もその組織と接点があるかなと思います。もしかしたら政府の命令で赤犬自身が事件をもみ消しているのかも、ってことは赤犬がジョーカー?

気になるのはローとドフラの関係ですね。ローはドフラの傘下の海賊だったのだと思います。Dの事をドフラに聞いたのかな?んでドフラの推薦で七武海に入ったのかも。その目的はドフラのようにその組織に利用される事で、その組織の目的を知る事。だからこそスモーカーにお前たちは何を企んでいる?立場を変えなきゃ見えない景色があるというセリフをはいたんだと思います。ローは革命軍のスパイなんじゃないかな。かつてのくまのポジション。多分政府の裏を見て革命軍に入ったと思います。そして革命軍の命令でパンクハザードで情報収集をしているのだと思います。集めるものは集めたので今回のトラブルにのりシーザー裏切りに出たのだと思います。ローの何をしようがおれの自由。くまが何をしようとおれの自由。この二つのセリフ似てませんか?
Posted by ゾロ at 2012年05月11日 16:40
最後のローの台詞が
スリラーバークのくまに似てるきがします
Posted by あ at 2012年05月11日 21:37
自ら鳥人間になるってそんなに頭がおかしいですかね?
悪魔の実でさえ飛行能力は5種しか確認されていませんし、ラフェットは厳戒態勢のはずの七武海と五老星の会談に事も無げに侵入しています。
この世界で空を飛べると言う事はロギアよりも希少で有力な能力なのではないでしょうか?
てかモネってナミに似過ぎじゃないですかね。
まさか血縁とかだったらやだな。
Posted by まめ at 2012年05月12日 04:49
パンクハザードの一件が終わって残った茶ひげ達はどうなるんでしょうか。下半身がもとに戻っても動けないわけだし...。それが「5人目」に関係してきたりしたりして。
Posted by 毛ネ at 2012年05月12日 13:30
チョッパーが5人目に数えられるかどうかは、ローに行動にかかっているような気がしますね。
Posted by BIE(管理人) at 2012年05月12日 14:23
なんかモネ土壇場で裏切りそう、キャラ的に。ローとつるんでたりして。
Posted by 名無し at 2012年05月13日 13:29
管理人さんの解説やらここのコメ欄見てるとシーザーが転落していく様がすごい目に浮かぶのは私だけではないハズ!
Posted by zoom at 2012年05月13日 19:31
管理人さーん
白ひげの点滴にローのマークがついてったって本当ですか?
Posted by new at 2012年05月14日 15:36
25巻でシャンクスの使いとしてロックスターが白ひげの元を訪れたときですね。
厳密にはローのマークでもドフラミンゴのマークでもありません。
しかしスマイルマークの付いた点滴を使っています。
ついでに、看護師のねーちゃん達がみなヒョウ柄のストッキングだかブーツだかを履いているのが、ローの帽子に似てると考える人もいるようですね。
Posted by BIE(管理人) at 2012年05月14日 15:59
「趣味の悪ィ男だ……誰かを思い出す……」
これって、昔の自分のことだったりして……“死の外科医”って、その時についたあだ名かも……??
Posted by Luke at 2012年05月14日 20:46
ローがサボはないっしょ。SBSのルーキーの子供時代見たらローはサボじゃなかった。
Posted by スパイ at 2012年05月15日 10:26
モネはなんだかオルサン時代のロビンを彷彿とさせますね。
ちなみにこの回は666でございます、一応お知らせ。
Posted by 谷町 at 2012年05月16日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55763791
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック