2012年11月23日

ONEPIECE 689「ない様である島」


部下を取り戻しにきた茶ひげ
シーザーの嘘っぱち・極悪非道を必死に訴えるも
その言葉は仲間に届かない。

4年前の実験失敗も「俺がやった」と言って憚らぬシーザーへの怒り、
自らの不甲斐なさ、
正しい言葉が通らない悔しさ・理不尽に涙する茶ひげ。

op_689a.gif

もともと白ひげの急逝をきっかけに
新世界に打って出た、ただの勘違い野郎のひとりだった茶ひげ
まさかここまで誌面で活躍(?するキャラになるとは
初出のときには夢にも思いませんでした。

まぁ
島を庇護する白ひげが居なくなったのをいいことに弱者を支配しようと考えた
所詮「こすずるい悪党」が、
どの口開いて今シーザーを非難しているのかと言いたくもなりますが、
「騙されていた」というのは、
過去の自分の行いを省みる余裕すら見失い、
ただ単純に憤慨・激昂するだけの怒りを発せさせる反動を持つ
非道の行いと、このシーンのみを切り取って理解することにします。


op_689e.gif
そこに、茶ひげを庇うように現れたルフィ。
相手が子どもだろうが悪党だろうが、
信頼を根っから裏切るシーザーの非道が腹に据えかねる様子。
とにかく、迷わずここまで来れたのは良かった。


シーザーが語りはじめる「オレ様リスペクト」

その中で、シーザーの実験には四皇のひとりからも引きあいがあり
人造悪魔の実の能力者数百人の部隊をつくる構想があることがわかります。

op_689f.gif

そしてそのスケールの大きい計画と
後ろ盾のビッグネームに恐れおののけと嘯くシーザーに

op_689b.gif ゲンコ一発!

それもそうです。
ジンベエはもはや戦友にして親友、
クロコダイルを一度倒し、頂上戦争では一部共謀
モリアを下し、くまは恩人、ハンコックは愛人ww
ミホークとはゾロ絡みで言葉を交わし、
頂上戦争で直接相対したこともあります。

白ひげとはエースの縁もあり、ルフィ本人に自覚はなくともほぼ身内
シャンクスは命の恩人で目下の目標、
ビッグ・マムには宣戦布告しました。

七武海や四皇の名前は
ルフィにとってなんの威光を感じさせるものでもなく、ただの日常。
それを笠に着、また隠れ蓑として非道な研究を是とするシーザーに
語る言葉など必要ありませんでした。

それにしても拳の形が顔にメリ込むパンチは
op_689c.gif ベラミー以来でしょうか。
それほどの怒りと
相手が自然系ロギアという辺りにルフィの成長を感じます。
※チャルロス聖もあったね


さて、聞き捨てならない発言がありましたね。
まず
四皇の誰かが、能力者を集めた数百人の軍勢を作り上げることを
画策している
こと。

その四皇が誰なのかは今回最も重要な問題ですが
たぶん考えても答えは出ないので、とりあえず放置します。

ペコムズとタマゴがシーザーの中継を見ていましたが
関係あるのでしょうか・・・
どちらかというと、黒ひげの能力者狩りの方が関係ありそうですが・・・


むしろ、能力者部隊が動物系ゾオンばかりっぽい?のが気になります。

次に、話の流れからして、
どうやら「SAD」とはそのために役に立つものらしい。
ということは能力者を作り出すアイテムの疑いが濃厚です。
そりゃ確かに「新世界を引っかき回せる重要な鍵」ですね。


ここでひとつ余計な気になることが・・・

シーザーの部下の羊頭たちのことです。
op_689d.gif 茶ひげの話では
4年前のガスで下半身が不自由になり、
ローの能力で新しい足を提供されたということでしたが
ではなぜ角まで生えているのかが謎でした。

彼らは人造悪魔の実の実験台にされているのではないか・・・?

実験途上の不完全な人造悪魔の実の力で羊の姿になったとしたら
現状モモの助がそうであるように
自分の意思で人の姿に戻れないのかもしれません。


余談ですが:

ローの能力で生きた動物の足を移植されたシーザーの部下たち。
それでは
そのために足を失った動物たちはどうなったのでしょうか。

ローの能力なので斬られても死なないとはいえ
毒に神経を冒された人間の足と交換したにしても、
上半身だけで生かされているとしても、殺されたにしても、
いずれにせよ可哀相なことこの上ない。

「死の外科医」という物騒な通り名を付けられているものの
ローは無駄な殺生をしない男だと僕は考えているのですが
彼の「医者」としての矜持は、動物にまで及ばないのでしょうか。

また
羊や馬は家畜として飼われていた可能性もあるのですが
キリンとか豹とか巨大ワニとか、いったいどこから連れてきたのやら・・・
posted by BIE at 15:16 | Comment(27) | TrackBack(0) | ワンピース
この記事へのコメント
確かに、動物の下半身をつけたのはいいとして、上半身はどうなったのかは謎です。
例えばですが、
人造悪魔の実を作るときに、単純に戦闘能力を上げられるものとして、ゾオン系を選ぶとします。
ただ、何か元がないとできないので、動物を連れてきます。そして、上半身は何らかの方法で、悪魔の実にこめて、下半身は余っていたので、ローが茶ひげの部下達などにくっつけたとか・・・
もっと言うと、ベポやペコムズは、何で動物が2足歩行で、しゃべっているのだろうと思っていたのですが、実験の成果の一つなのではとか。
ただ、なぜ、上半身と下半身で分ける必要があるのか、モモの助は全身竜だし、そうすると、予想としては無理があるか・・・

あと、ルフィーが茶ひげをポンとしているシーンがありましたが、今までルフィーが「ごくろうさん」的なことをするシーンがあまりなかった気がするので、成長を感じられました。(でも、ナミにはしてたかな)
Posted by 向日葵 at 2012年11月23日 18:09
4皇のひとり「黒ひげ」が能力者狩りをして能力を奪う術を持っているらしいとジンベイが言っていたのを思い出します。なので能力者の軍隊を作ろうとしていてルフィがローとの同盟を承諾する相手は「黒ひげ ティーチ」なのでは?
Posted by rodan at 2012年11月23日 18:44
ルフィの大型ケンカ売りの歴史
BW社・七武海クロコダイル
世界政府
天竜人
四皇ビッグマム
確かにすごいです…
スマイルを買い上げている四皇は誰なんでしょうかね
黒ひげはまだそこまで人員や資金の基盤ができてなさそうな気がします
Posted by きれん at 2012年11月23日 20:33
能力者軍団を作ろうとしついるのは、能力者狩りの黒ひげか?・・・以前、黒ひげがジャヤでドフラつながりのベラミー達に発した言葉「あいつらの言う"新時代"ってのはクソだ」と言っていたことが、どう関わって来るのか?どんな関係性の意味を成すのか?楽しみでもありますね。「人の夢は終わらねぇ!!」どんな夢をみてるのか?計画性のある黒ひげの手段にも楽しみが膨らみます。

魚人島で、カリブーとペコムズとのやり取りで、カリブーが「能力者か!?」・・・ゾーン系のペコムズが「当たり前だ!」とわざわざ言っていた事と、「自分を無敵と勘違いしてきた"ロギア"の寿命は短い」と敢えてロギアをいとも簡単に倒してゾーン系を際立たせた描写からビッグマム系統へ何らかの形で掛け合わせて来るのか? (まだ、謎多いですね)

いずれにしても、まだまだ他の可能性も含め楽しみですね。



Posted by いちじく at 2012年11月23日 20:56
再度失礼します。
先程の追記・・・ペコムズは、ゾーンが複数かけ合わさっている事からも含めてです。
Posted by いちじく at 2012年11月23日 21:03
人造悪魔の実は理由がありゾオン系の実しか造れない可能性もあります…

例えば造るのには何らかの動物の細胞とかが必要だとか

あと個人的にはシーザーのバックの四皇はカイドウだと思います

そしてドフラは若旦那でカイドウがその父親で大旦那であると…
Posted by ギュスターヴ at 2012年11月24日 01:09
↑ゾオン系だけじゃ、量産してもちょっと強い雑魚しか作れなさそうだなあ。せいぜい、トリトリの実で、空戦部隊を作るくらいか。でも管理人の文章と合わせて、納得がいく。

医学は生体実験で進歩するんだぜ。
さらわれてきた子供たちは完全に被害者だけど、動物を実験に使うのは珍しいことでもない。
海賊みたいな重犯罪者(麦わらの一味を除く)を生体実験に使うことに関しては、俺的にはむしろやるべきとさえ思う。
Posted by しめい at 2012年11月24日 06:08
数百人の能力者軍団を作るやから黒ひげもないと思う。黒ひげは少数精鋭でしょ?ルフィ達とそれぞれ一騎討ちでしょ?ビッグマムはお菓子だけあればいいしカイドウしかいないと思う
Posted by か at 2012年11月24日 08:18
いつも細かな考察有難うございます。

今回問題の四皇の正体は、現段階ではまだシャンクス以外どれにも当てはめようと思えば当てはめられるかもしれません。しかし、黒ひげ説が濃厚な中、あえてマイナス要因を挙げると以下の通り

・現段階で“四皇”の一人と言い切れるのか?
・黒ひげはルフィのアンチテーゼ的存在。クルーは機械的なスズメバチ軍ではなく、個々にプロフィールと個性が付き物の海賊団体なのでは?
・自らのクルーを乗せる船もままならないのに(個人的には凄い船を後々手に入れるのではと妄想?だが)数百人もの部隊を乗せる数or大きさの船はあるのか?
・“能力者狩り”はその持ち主を仲間に入れるのではなく殺して能力を奪おうとしてるのでは?(USドラマの“HEROES”的な)

あと、今週話で個人的に気になったことは“ドフラミンゴの持つ工場”と“SAD製の悪魔の実の模様”。前者はおそらくドレスローザになるのかもしれませんが、後者について、対象となる果物と不可視の“悪魔”があって、
天然の“悪魔”が天然の果物に宿る→デビル模様
人工の“悪魔”が天然の果物(食べれるから)に宿る→目ん玉模様
だとすると、“SAD”はガス状の悪魔か何かなのかもしれません。

ブルックみたいな反則的能力もあるわけですし、火の玉は死体から出た1種のガス。動物の魂を抜き取って(ガス状にして)保管するのでシーザーのみが製造でき、魂のあるゾオン系のみが可能なような…。

でもなぜ工場をPHに置かなかったのでしょう?
Posted by あしたのジョセフ at 2012年11月25日 01:04
いまさらだけど、
なんでPHはログが取れないのか?たくさんの科学者や囚人はどうやってここに来ていたのか?
このあたりに大きな伏線が隠れているような気がしてならない
Posted by しめい at 2012年11月25日 09:55
あしたのジョセフさん
>でもなぜ工場をPHに置かなかったのでしょう?

やろうと思えばできるんでしょうが、SMILEの完成までシーザー一人でできてしまうと
ドフラミンゴが商売を仕切れないからじゃないでしょうか。
シーザーの研究を最大限バックアップしてやる代わりに、商品の完成と小売はドフラミンゴの手で行う
というような約束がしてあるのでしょう。
Posted by きれん at 2012年11月25日 11:06
カリブーが上陸した島がカイドウの領土の島の1つだけどあの人がカイドウやったら、人魚姫の秘密を知ったら、カイドウは魚人島を襲うような気がするけど、そうなったらビッグマムも自分の領土を荒らされる事になるから四皇同士で争いが起きないかな?
Posted by か at 2012年11月25日 11:28
扉絵でカリブーが流れついたのは595話でドレークが上陸した
「カイドウのお気に入りの島」ですね。
ここに出てくるのがカイドウなのか、ドレークなのかで
カリブーの行く末も変わってきそうですが
木々も山々も作り物(ハリボテ)くさいのはどういう意味なのでしょうね。

横っ腹に大きな歯形があるように見えますけど、
ひょっとしてもうドレークに襲われたとか・・・
Posted by BIE(管理人) at 2012年11月25日 11:51
様々な意見がありますが、私も思うに人口で作られるのは動物系ばかりで、理由としては存在する動物からの抽出や掛け合いが出来るから、ではないかなと思います。

アラバスタやエニエスロビーで出てきた、物に悪魔の実を食べさせるという話で、それぞれが元は物なのに意思を持っていました。つまりそれは動物系の実には元の動物の意志が内蔵されているということになりそうで、そのあたりからの発展系で、実に動物の何か(魂なのか意志なのかエネルギーなのか)を詰め込んで、人工的に作ることが出来たのではないかな、と。

ドフラさんは早くからの登場で能力や立場もしっかり決まっていたでしょうから、まず噛ませということはないでしょうし、四皇というよりは世界政府と繋がってるイメージがあるので、個人的にはカイドウやビッグマムより上な気がしています。
Posted by 草 at 2012年11月25日 14:41
今日のジャンプを読んで今後の展開を妄想してみました。

ゾオン系の軍団が登場することで、今後の展開としては【ドフラミンゴ】【ゾオン系】【ワノ国】あたりがキーになってくるかと。

そして、ゾオン系と言えばチョッパーです。ランブルボールはゾオン系の軍団にとって、かなり重宝するでしょう。シーザーやドフラミンゴがその価値を見落とすはずがありません。

ランブルボールを使用すると、ゾオン系の変形数が増える上に、巨大化(モンスター化)します。モンスター化はヒトヒトの実だけかもしれませんが、ちょうど子どもたちの実験ともリンクします。


ルフィがシーザーを撃破するも、チョッパーがタンカーでやってくるドフラミンゴ一味に攫われる。ワノ国を経由した後、ドレスローザでドフラミンゴと決戦。そして正式にチョッパーが“5人目”になる、そんな流れを考えてしまいました。
※ワノ国は蛇足感がありますね。
Posted by 流星群 at 2012年11月26日 10:30
↑ちとお尋ねしたいんですが。。
現在のクルーは正式な仲間ではないんですか?
そのクルーにイベントがあると「仲間だろうが〜」となりますが
よく何人目の仲間とか話題になりますが、おだっちはこだわっているんですかね?
現在のクルーは居候状態のひとはいなくて、みんな正式なクルーだとおもってたんですが。。。
Posted by じぇにふぁ at 2012年11月26日 19:35
茶ひげの下半身。茶ひげの意思で動いてる。

ローの能力で取られたスモーカーの心臓。動いてた。心臓を傷つけるとスモーカーは苦しんでた。

同じことが侍にも当てはまる。


では、ローの能力で動物の体の一部をくっつけて、使ってるということは、残った動物の部分は生きてる。

それが死ねば、当然くっ付けられた部分も死んで使えないはず。

ローの能力の詳しいことはわからないが、これは矛盾なのか伏線なのか。

誰か気づいてたー?
Posted by ひーろ。 at 2012年11月26日 20:28
>じぇにふぁさん
「○人目の法則」についてオダッチは何も言っていないと思います。ファンの間でまことしやかに論ぜられているだけですが、そういう勝手な憶測をして楽しむのが当サイトの主たる趣旨ですので、悪しからず。
>ひーろ。さん
ハートを入れ替えられた人たちは入れ替わった肉体を動かしてましたから、完全に交換してしまうこともできるのでは。部位がバラバラだと元の持ち主の意思のままだとか?
たぶん明確な定義はないのだと思います。
Posted by BIE(管理人) at 2012年11月26日 21:03
↑ 管理人さん 
了解です)^o^(
Posted by じぇにふぁ at 2012年11月26日 21:55
PHは元々ログが取れないのではなく、ログが取れなくなったのだと推測

多分4年前のガス爆発事故や例の決闘…は関係あるかわかりませんが元々の島としての磁場などが壊れてしまい指針が示さないガスのような"あるようでない島"になってしまったのではないかと…
Posted by タルン at 2012年11月27日 02:00
逆だった"ないようである島"だった(笑)
Posted by タルン at 2012年11月27日 02:18
じゃあ、偶然たどり着いたルフィたちと茶髭たちはともかく、スモーカー、ロー、シーザーたち、あとドフラミンゴの一味はどうやってきたんだろうな。エターナルポースも使えないってことじゃないのか?
Posted by しめい at 2012年11月27日 06:17
>じぇにふぁさん

すでに管理人さんがコメントされていますが、あくまでいちファンとしての妄想ですので、必然性はないかと思われます。

ただ、一点付け加えるとすれば、尾田さんがチョッパーだけ“○人目”をしないのも何か意図があるんじゃないかなぁと思っています。

思えば、ウソップの“3人目”も、空島あたりからじっくりと回収してきました。管理人さんの考察(ONEPIECE 688「モチャ」)にあるように、何かしらの契機になるのかもしれません。

それが、ドフラミンゴやらゾオン系と絡んでいったら面白いかなぁと。いい意味で自分の妄想を裏切ってくれることに期待します(笑)


>管理人さん

コメントありがとうございます。ジョジョを含め、細かな考察や感想をいつも楽しんで拝見させていただいています。
Posted by 流星群 at 2012年11月27日 09:01
>しめいさん

場所を知ってるからじゃ?政府が破棄しただけで島自体が無くなったわけじゃないから場所を知っててある程度の航海術があれば行けるのでは?


>流星群さん
確かチョッパーだけでなくロビンもまだだったかと…
Posted by タルン at 2012年11月27日 14:54
ジンベエが言ってた政府のある「策」で「強力な正義の戦力」 を手に入れた海軍 新しい力と関係あると思いますか?

例えば、ドフラが世界政府に4皇の誰かを紹介した。
その4皇はドフラから悪魔の実を買っていて、協力な軍隊を海軍に提供している。
とかどうですか?
Posted by ひまじん at 2012年11月28日 02:36
>タルンさん

ご指摘ありがとうございます! 彼女のも出てくるんですかねー…。司法の島であれだけやったのなら、もうなさそうな気もしますが…。

見守るしかないですね。
Posted by 流星群 at 2012年11月28日 09:09
ゾオン系の軍団=ビッグマムじゃないんですかね?
ライオンも蜘蛛もいましたし。。。
Posted by うま at 2012年12月04日 15:16

この記事へのトラックバック