2013年12月31日

ONEPIECE 732「地下の世界」 


リク王軍は、この日のためにあらかじめ掘っていた地下通路から

op732_a.gif
一路、王宮地下の交易港へ

狭い地下通路を取れないフランキーは、陽動も兼ねて

op732_b.gif
王宮下部にある「オモチャの家」からの侵入を試みる。

「オモチャの家」とは、オモチャ達が夜帰っていく場所だが
そこでオモチャ達は夜通し働かされるという。

おや?

前回の時点での僕の仮説では
シュガーが深く眠るとホビホビの能力が解けてしまうため
深夜12時以降の接触をさせないように外出禁止になっているのだろう
と考えたのだが、いきなり覆されてしまった・・・う〜む

これでは、シュガーを気絶させればオモチャ達が人間に戻ると、
なぜ、ここまで確信できるのかがわからない。

困ったが真相が明かされるのを待つしかない。


舞台は、王宮とその下部にある「オモチャの家」および
その地下にある「工場」と「交易港」。
敵も味方も一点に集まってくることになる。

王宮にいるドフラミンゴと藤虎、
たぶんピーカとピーカ軍の幹部たちも王宮だ。

ディアマンテひとりをコロシアムに残し
ディアマンテ軍の幹部たちはオモチャの家の防衛に。

トレーボル軍はジョーラが戦力として残存しているのかは微妙だし
ヴァイオレットは叛意が明白なので、実質シュガーだけだ。

op732_c.gif
トレーボル曰く「お前(シュガー)の存在には誰も気づかない」

シュガーは現在、王宮地下の交易港にいると
トンタッタの斥候が認識しているはずなのだが
これはどういう意味なのか。結構な謎がありそうだ。


その謎と関わりがあるのかないのか

僕にはどうにも引っかかってならないのが
op732_d.gif
ヴィオラが言う「秘密の工場」と
麦わらの一味が狙う「SMILE工場」は本当に同一のものだろうか?ということだ。

ヴィオラの証言から、
トンタッタ族が捕らわれているのは「秘密の工場」に間違いないが
トンタッタ族も、工場で何が作られているのかは知らないと言っていた。

ドフラミンゴの言を紡ぐと
麦わらの一味の狙いは「SMILE工場」なので、工場がある「オモチャの家」を守れ。
と聞こえるが、「SMILE工場を守れ」とは言っていない。

地下の工場でSMILEが作られていると思いこんで、
まぬけがオモチャの家へやってくるから迎え撃て。と言ってるだけで
ここはSMILE工場ではないのではないかと、僕は思う。


作戦開始前にフランキーは
工場なんてでかいもの、すぐに見つかるだろう。
見つかったらラディカルビームで一発だ。 と言っていた。

登場人物のみならず、読者の先入観にまで働きかけ
「工場」の形状を印象づけているのは、
そのイメージを裏切る展開が用意されていると、ややナナメ下から予想でき

およそ見つからない場所に隠されているか、
ドレスローザではいくら探そうとも見つからない(ここには存在しない)
もしくは
実際はまったく「工場」らしい風体をしていないという疑いがある。

読者が勝手に描いたイメージを大きく裏切られた例といえば
エースの父親がルフィとは異なっていたというのが、僕的には最も印象深く
大小あれど、演出として、オダッチはそういうことをする作家だと思う。

ま、とにかく
トンタッタ族500人が働かされている「秘密の工場」というのは
「SMILE工場」ではない というのが僕の見解だ。

ただそれでは、
トンタッタ族はあらゆる植物を育てる術に長けているのに
そのスキルを人造悪魔の実の生成に活かしていないのか・・・
という疑問は残るのだが、

そこは例えば
500人のトンタッタは王宮地下で働かされているが
いまだ名前しか登場していないマンシェリー姫とやらだけは特殊な技能を持っており
別の場所でSMILE生成に携わっているとか・・・・

・・・どうだかなぁ・・・
posted by BIE at 14:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | ワンピース
この記事へのコメント
カポネのような能力者がいれば工場は見つからないですよね。
Posted by ファーザー at 2014年01月01日 12:50
子どもは寝ている間に大きくなるものなので、大きくならないシュガーは夜になっても寝ていないんじゃないですかねぇ。
夜通し起きているからお腹も空くだろうし。
悪魔の実の能力のため、眠くならない体になれたのかな?

だから寝る、もしくは気絶することで、能力が解除される…とかどうでしょう。
Posted by なにもなかった at 2014年01月03日 19:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83607802
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック