2008年09月16日

大決戦!超ウルトラ8兄弟

注)観てきたわけではありません。

僕は昭和ウルトラ直撃世代なので、平成シリーズはなんとなくしか知りません。

紫色には違和感があったけどティガが格好良かったのは覚えています。
ダイナは頭の造型がイマイチ好きになれずタイプチェンジもティガの焼き直しぽくて好きになれなかったと記憶しています。
ガイアは登場シーンの土砂を跳ね上げる演出にしびれました。

その後のシリーズはまったく見ていなかったのですが、
知人にメビウスは面白いと聞き、テレビシリーズと去年の劇場版を観ました。

面白いです。メビウス。

昔の怪獣やウルトラ兄弟、その俳優たちをただのサービスで登場させるのではなく
ちゃんと背景設定まで考えて、ストーリーに絡めて、
しかも抑えどころをしっかり踏まえた演出に感心しきり。

とくにエース編の最後に北斗と南が再会するシーンと
レオ編の「お前の涙で人が救えるのか!」の名台詞がお気に入りです。

サービス満点のこの作品の流れを受け、
昨年の映画は、あくまで「メビウス」の映画だったのですが
今年は違います。

かつて昭和ウルトラ兄弟たちがリアルに活躍した世界の
25年後と位置づけたメビウスの物語世界に
公式設定上、一緒に登場することがあり得ない平成初期3作品の
ティガたちが登場。しかもそのティガが主役だという。

なんで?

最近までメビウス観てたお子たちも、昭和世代のお父さんたちも
ティガなんてさほど思い入れありません。
ダイナなんてウルトラヒーローとまるでかけ離れたブレイクの仕方しちゃって
イメージが台無しです。

前作の新旧競演の評判が良かったからでしょうか
この組み合わせは親子でウケる!ヒットが堅いと安易に考えたんだと思います。

今度はもっとサービス満点にしよう。ヒロインたちも出そう。
ウルトラQまでさかのぼろうか。
なんとか平成3部作も出せないかな じゃあパラレルワールドだな。
パラレルワールドならヒロインたちは奥さんにしちゃえよ。
子どもも本物使おう。

平成3部作の主役ブッキングしとけよ。



困りました。ジャ○ーズ事務所が主役じゃないと出させないって言ってます。
えー!・・・じゃあしょうがないから主役はダイゴで。

こんな飲み会の与太話のように見る見る企画が出来上がっていったと
勝手に想像してみました。

僕個人的には、パラレルワールドだからって
やっていいことと悪いことがあると思います。
「こういうのは円谷の忘年会で流せばいい」
という書き込みを見ましたが、僕もおおむね同意です。

なので、僕はあまり楽しみにはしていません。
機会があれば見てみようとは思いますが劇場まで見に行くのはちょっと・・・。
それに、賛否あると思いますがCGウルトラマンの板野サーカスが
僕的に受け付けられないのですよ。

あと余談ですが、超ウルトラって語呂が気に入らなかったりして。
posted by BIE at 22:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画全般