2017年10月19日

やっぱり黒はダテじゃない!サバルに期待 │ 千年戦争アイギス


メンテ終了。

悩ましかったサバルの強化は、結局時間も神聖結晶も強いてつぎ込むことなく、報酬のサバルはLv20、スキルLv6/10、コスト-3。
先週はストーリーミッションの消費カリスマが半額だったため、いつもより早いペースのレベルアップによるスタミナ・カリスマの回復が、より緊急ミッションの巡回を助けていたはずだが、やはり【シーフ】というクラスであることが強くブレーキを踏ませたことは否定できない。

aigis_20171019a.png

黒猫大怪盗サバル【シーフ】(黒)

【シーフ】はサバルも含めてたった三人しか実装されていないため比較がしやすいのだが、他の二人(レダ、アニータ)と並べてみても、さほど抜きん出たスペックを持っているわけではない。黒レア相当にややランクアップしているに過ぎない印象だ。

スキルは三者三様なので並行に比較できないのだが、もし実戦でサバルが活きるとしたら、ポイントはやはりそこだろう。

数秒間攻撃力を強化し、数回攻撃を当てることで敵を麻痺させる「パラライシスダガー」と、同じく攻撃力の上昇と、なんと一撃で敵を麻痺させることができる覚醒スキルの「フェイタルダガー」である。

まだ覚醒状態のパラメータが明らかになっていないため一概には言えないが、遠距離から敵を麻痺させるというのは、なかなかエグい。「フェイタルダガー」に至っては一撃で麻痺させられるので、基本性能が低く生存性が極めて低い【シーフ】といえども、黒レアのサバルならば狙い所を絞って、投入→即点火→即撤退という戦略が可能だ。
しかも、もともと一度しか使えないスキルなので、躊躇なく撤退させられる。

コアな王子たちには、様々な「縛り」を設定してプレイする猛者がゴロゴロいらっしゃる。これまで「覚醒レダあり」という条件プレイは、アイテムのドロップ増加を見込める代わりに敵が3割強靭になるという上級プレイだったのだが、レダの代わりにサバルを投入することで、そのプレイの難易度が下がるケースが出てくる、ということだ。(ノーマルプレイよりも難易度が下がることはないぞ)

確かにサバルの基本性能では、戦場に長く出し続けるリスクは高く、何度も狙って使うスキルではないように思う。サバルの本領はスキル覚醒をさせてからとなるだろう。
これまでにない独自の使い方ができる特殊なユニットであり、上級者王子への福音ともなろう。なるほど・・・考えたな運営。

報酬配布の段階でもう少し高スペックとなるようにミッションをもっとやり込むべきだった、と少し思わないでもないが、まぁ後悔の度合いはフーコのときと比べればどうということはない。折を見て育てることにしよう。


aigis_20171019b.png

今週の緊急ミッションは、「悪霊の迷宮VII」。スタミナを消費せずカリスマだけでチャレンジできるが、その代わりに報酬のドロップ確率がかなり悪い(体感です)。
くだんのカリスマ半額フェアは今週も引き続き行われるため、繰り返しチャレンジできるのはありがたい。
※カリスマ半額はストーリーミッションだけなので「悪霊の迷宮」でその恩恵は受けられないぞ、とご指摘いただきました。…そうですね。

まさか、その極めて低いドロップ率への対策として、サバルを使えということなのだろうか…。


クラス【天狗】にスキル覚醒が実装された。

わが王子軍では、データ2の方で早々に入手したので、すでに覚醒済みLv75、スキルMAX、コスト-1で頑張ってくれている。
なにせブロック0で遠距離攻撃の対象とならないため、混戦の補助としてや、味方から離れたところで敵の行列をガンガン削ってくれる有能な嬢ちゃん(?だ。(貧乳だったら惚れていたかもしれない。)

aigis_20171019c.png

そのスキル覚醒は、攻撃力の上昇率がこれまでより下がるが、射程が伸び、三体まで同時に攻撃をするようになる。スキル使用までの待ち時間が少し増えるが大した枷にはならない程度。

これはすぐにでもスキル覚醒させるべきだが、残念ながらオーブが不足していた。いずれ、スキル覚醒のめまぐるしい効果が実感できたら、また報告する。

今週ものんびりプレイだなぁ・・・。
posted by BIE at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス

2017年10月16日

「黒シーフ」サバルの有用性は期待できるか


aigis_20171016a.png

現在「神姫PROJECT」とのコラボキャンペーンを実施中だ。

「神姫PROJECT」といえば、DMMオンラインゲームの人気ランキングで常にTOP3に位置する超人気ゲーム。
当然、僕もプレイしたことはあるのだが、すぐにやめてしまったので、今回、コラボイベントの報酬をもらうために久しぶりにログインしてみた。

すると、驚いたことに最初のシーンから始まった。
なんか肌に合わなくてすぐにやめたことは覚えているのだが、どうやらチュートリアルもろくすっぽせず、本当にすぐやめたらしい。
報酬ゲットのためにはレベルを15まで上げないといけないため、確かに前回見た覚えがあるシーンをプレイしつつ先へ進めると、なんとなくやめた理由を思い出した。
インターフェースの使いづらさ、バトルのテンポ、やたらボタンを押さなければいけない回数が多い、など…、プレイするのが苦痛なのだ。とにかく肌に合わない。
これはユーザーそれぞれ「好き嫌い」「合う合わない」があるだろうから、ダメだと言うつもりはない。人気が常に上位というからには、大多数のユーザーが好んでプレイしているはず。ただ、僕には合わなかったのだ。

でも「神聖結晶30個」はとても魅力的だったので、なんとかLv15まで苦行に耐え抜いたよ。11月明けが楽しみだ。


aigis_20171016b.png

さて、緊急ミッション「大怪盗とピラミッドの秘宝」が、後半戦に入った。
サバルの覚醒立ち絵は、ボディスーツの尻部分のレースや靴の裏のスパイク(?までが肉球のデザインになっているところがなかなかイイね。
人目を忍ばねばならない「盗賊」という立場上、使っている色味は抑え気味だが、そのコスチュームは、手首足首の王冠モチーフのパーツやタイツの意匠など、さりげに綺羅びやかで自己主張が激しい。この辺りは、ただの盗賊ではなく「大怪盗」ならではの美学がそうさせるのだろう。

ところで、そんなことより気になるのは、やはりサバルの性能だ。

前回も述べた通り「シーフ」なるクラスは、実戦ではまるで役に立たないと言っても差し支えがない。それは「シーフ」に共通のクラスアビリティとして、敵を強化してしまう特性を持ちながら、同レアリティの平均的なユニット性能を持ち合わせていないためだ。
ただし、同時にアイテムのドロップ率が上昇する特性も持っているため、敵の強化を計算に入れた上でドロップ目当てでパーティに入れることはあっても、実際MAP上に出撃させることは無い、というのが現状だ。

しかし、サバルはレアリティブラックのユニット。
いかに「シーフ」といえども、黒レアなのであれば、それなりに使えるのではないのか? ってか、そうでなければいけないのではないか?

現在公開されている情報では、攻撃力が上昇し攻撃を当てることで敵を麻痺させるスキルと、ゴールドを少し余計に貰えるアビリティを持っている。
HP、攻撃力、防御力、魔法耐性などの基本パラメータが余程抜きん出ていれば良し。でなければこの「敵を麻痺させるスキル」をいかに有効に戦略に組み入れるか、が有用性のポイントとなるだろう。

頑張っても、スキルMAXコスト下限まで育てるのは僕には無理なので、今回も収集アイテム600個のスキルLv6コスト-3あたりが落とし所となるだろうな。


次に、クラス「雷公」「風伯」に覚醒が実装された。
超有能ユニットの誉れ高いフーコのレベルアップのチャンスだ。それでは早速・・・と思ったのだが

aigis_20171016c.png
なんと出撃コストが「+5」されてしまう。

おぉ・・・これは困った。防御力が今以上に強化され、壁ユニットとしてはさらに落ちにくくなるようだが、この激高コストはいただけない。

「激高コストのユニットは、そういうものだと割り切って使えばいいだけの話」と、言い切れる人にとっては大した問題ではないのかもしれない。そのステージごとに激高ユニットの投入の仕方をあれこれ思案すれば、それもまた楽しいだろう。

しかし僕は非課金プレイヤー。

胸を張って言うことではないが、自分の経験と失敗を糧としてプレイに試行錯誤する余裕など在りはしないのだ。要するに何が言いたいかというと、先人が公開してくれた攻略動画をトレースできなくなるのは困る!ということ。なさけないが、これに尽きる。

わが王子軍のフーコは、ただでさえ下限よりも「+2」多い、出撃コスト「45」。覚醒すればコスト「50」だ。
これまで絆の聖霊をいくつか使ってみたが全滅だった。仕方がないので、データ1ではシノを覚醒させて、シノを出撃メンバーに入れておけば「-2」となる効果を使って帳尻を合わせている状態だ。

フーコの覚醒はしばらく様子見だなぁ。
サバルが同じような悩みになるくらい「使える」ユニットだったらいいんだが、さて…。


あと、

aigis_20171016d.png

名声召還の報酬で「高級ゴールドアーマー」ってのが出たんだが、これ初登場だよね?

posted by BIE at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス

2017年10月09日

サバルはフレンズ? すごー…いのか?│ 千年戦争アイギス


aigis_20171009a.png

予告されていた「名声召還」が実装された。

毎日のログインや、ミッション出撃など、特定の条件をクリアすることで「名声」を稼ぎ、その総量でランク付けされた「名声召還」を引くことができる。スパンは一ヶ月ごと。

課題は「デイリー」「マンスリー」「期間限定」3つのカテゴリに分けられている。
「デイリー」では、ログイン、ミッションクリア3回、ユニットの好感度上げ、ユニットの合成でそれぞれ「名声」をゲットでき、いずれも毎日普通に行うルーティンなのでハードルは極めて低い。
「マンスリー」は、一ヶ月の間にミッションクリア30回などは「デイリー」と同時に勝手にクリアできる。「ユニット1体の好感度をMAXにする」という課題だけが、気をつけないといけないが、これも経験上普通にプレイしていたらいつの間にかクリアしてそうだ。
「期間限定」と銘打たれたものは、週替りでリセットとあるが、あくまで「ウィークリー」ではないことから、緊急ミッションなどに絡んだタイムリーなお題が用意されるものと考えられる。
今週は、緊急ミッションの5回クリアや特定ステージの条件付きクリアとなっているが、緊急ミッションが行われない週もあるので、その内容はかなり自由度があるものになるだろう。

aigis_20171009b.png

「名声召還」のグレードは五段階あり、35000の名声を必要とする最高位の「名声召還」からは、ゴールド以上のユニット一体と、ボーナスとして「ちびケイティ」「ちびナナリー」「ハッピー」が貰える。当然このランクを目指していくことになる。

「ちびケイティ」「ちびナナリー」は、金レアリティのユニット。しかしCCや覚醒ができないため戦力として数えることは難しい反面、「ちびケイティ」を「戦術教官ケイティ」に合成継承した場合、スキルレベルとコストが必ず成長する効果があると発表されている。(ナナリーも同じ。)

「デイリー」コンプで1100程度、「マンスリー」で4000程度、「期間限定」で1600程度の名声がそれぞれ得られるので、すべてコンプできれば「名声」は40000オーバーになるので、最高ランクの「名声召還」はさほど高いハードルではない。

強いて不満を言うなら、ケイティはすでにスキルMAX/コスト下限になっている王子が多いだろうし、わが王子軍にはナナリーが居ないので、ボーナスのありがたみが今ひとつであることくらいだろうか。(「ハッピー」は超ありがたい。)
来月以降は別の「ちびユニット」が配布されることを願う。


aigis_20171009c.png

さて、今週の緊急ミッションは、黒猫のフレンズ獣人サーバルゲフンゲフン…もといサバルがゲットできる「大怪盗とピラミッドの秘宝」
サバルはこれでもかと言わんばかりのロリ体型だが、僕には今のところまったく響かないな。

ま、そんなことはどうでもよくって、問題なのは今回のイベントが「収集型」であることと、その報酬ユニットのクラスが【シーフ】であること。

【シーフ】とは、物理単体攻撃を行う遠距離ユニットなのだが、そのスペックの低さからMAP上に配置して使う王子は極めて少ない(ハズだ)。
【シーフ】の価値はそのクラス特性にあり、「出撃メンバーにいるだけでユニット以外のドロップ率上昇」という盗人ならではのウハウハな特性を持つ一方で、全敵ユニットを20〜30%強化してしまう絶大なデメリットを抱えた、頭の痛いクラスなのだ。
初期から実装されているにも関わらず、いまだにレダとアニータのふたりしか居ないことからも、クラス自体の不人気ぶりが伺える。

フルコンプが難しい「収集型」イベントでは、非課金王子の僕はいつだって選択を迫られる。
神聖結晶を割って収集アイテムをより多く集めるか、ある程度で見切りをつけて報酬のランクを低〜中くらいに留めるか、である。

報酬ユニットが、たとえばフーコのような超絶有能だった場合、あとからコストを下限まで下げるのは容易ではないし、合理的でもない。今回の報酬「黒猫大怪盗サバル」が、神聖結晶をつぎ込むに相応しいユニットかどうかを見極めなければならないのだが・・・よりにもよって【シーフ】かよ・・・

クラス特性だけの価値であるなら、ぶっちゃけレダが居ればそれでいいのだ。問題は、実戦投入するに値する大戦力となるかどうか。これまでの【シーフ】とあまりにも大きな性能差をつけるとも考えにくいので、その可能性は低いと思うのだが、2年以上新顔が現れなかった【シーフ】というクラスに投入される意味の裏側を読み解く必要がある。・・・いや考えすぎなのか・・・

困った・・・どうしよう・・・
posted by BIE at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス

2017年10月04日

フーコがライバル? │ 千年戦争アイギス


明日までの緊急ミッションは早々にクリア。復刻ミッションも完遂…っと。
大討伐はなかなかハードそうなのでまだ手を付けられていないが、今週は予想通りゆるゆるとプレイ中。

そんな中、データ1で先日覚醒させた、霊鳥の射手スーが非常に有能なので、そのコストを減らしたくて、彼女の出現確率がアップ中である「プレミアム召喚2」を1回だけしてみたところ・・・スーは出なかったんだが

aigis_20171004a.png

雷神の娘ラミィ【雷公】(プラチナ)が出た。
おっと、これは!

風神の娘フーコが超絶有能ユニットだったので、気になっていた。
基本的な立ち回りはフーコと同じで、通常は宙に浮かび敵をブロックせず、単発の遠距離攻撃を行うが、ひとたび発動すると永続的に効果が持続するスキルの使用で、地上に降り1ブロックの無差別爆裂弾に変身する。

フーコと異なる点は、敵の移動速度を下げる効果がないことと、魔法攻撃であること。
パラメータは、フーコに比べるとかなり攻撃側に偏重しており、スキル中の防御力強化も付かない。

あれれ・・・?

aigis_20170719a.png

フーコをLV70まで育てた場合、好感度ボーナスを含めてHP4774、攻撃力1031、防御力411となるが、ラミィの場合はHP4576、攻撃力1372、防御力358となる。
HPは誤差の範囲だが、攻撃力30%増、防御力13%減、しかしフーコはスキルを発動すれば、そこからずっと防御力2.3倍(スキルMaxの場合)なので、最終的な防御力はなんと945となり、この数値は黒ヘビーアーマーの鉄腕乙女ディーネにも匹敵する。

ラミィのスキル「降雷」にはこの防御力強化がないので、スキル中の防御力はフーコの半分にも届かない62%減という体たらくだ。これではフーコと同様の運用はとてもじゃないができない。

範囲内のすべての敵を攻撃する1372の魔法爆裂はたしかに脅威だが、フーコのように敵ユニットが集中する場所を単騎で塞ぐというような体力は持ち合わせていない。1ブロックとはいえ魔法耐性も貧弱なため不安要素が拭えない。

僕はこれまで、同レア同クラスの場合、ガチャ産のユニットの方が強く成長するものだと認識していたが、スキルLVも出撃コストも一から育成しなければならないラミィと比べれば、max成長させることはできていないがそれでもフーコの方が、全然「使える」ユニットであることは、残念ながら否めない。

ラミィはこのまま兵舎の肥やしになってしまうような気がしてならない・・・。


さて、明日のメンテ後から「名声召還」なる新システムが導入されると発表があった。
特定の条件を満たすことで「名声」を獲得し、集めた「名声」の数に応じて、報酬がもらえたり名声召還を一度だけできるとか。

詳しくは明日、実装されてからまたレポートすることになると思うが、ただ貰えるものが増えるだけのシステムではあるまい。「名声」を稼ぐために過酷なプレイを強いられることになるのは非常に辛いが・・・いったいどんなシステムになるのだろうか。
posted by BIE at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス

2017年09月27日

帝国と王国の図式 │ 千年戦争アイギス


aigis_20170927a.png

現在、緊急ミッション「帝国騎士と叛逆の戦火」が開催中。
帝国騎士アリーセ【インペリアルナイト】(プラチナ)が入手できる。

現在、わが王子軍には【インペリアルナイト】が一人もいないので嬉しい。初お目見えから10ヶ月弱、まだ二人しか実装されておらず、ほぼ帝国プレミアム召喚からしか出ないため、入手の機会が少なかったものと思われる。アリーセが、初めて入手する【インペリアルナイト】となる王子も多いはずだ。

イベント産ユニットはガチャ産よりも弱いと言われがちだが、比較対象となる帝国騎士ヴィオラを見る機会すらそうない中では、とくに問題にはならないだろう。

【インペリアルナイト】は、2ブロックの近接ユニットでありながら、常時遠距離攻撃を行えるのが特徴。
似た攻撃を行う【魔法剣士】と異なるところは、近接・遠距離ともに物理攻撃である点と、遠距離攻撃の際に攻撃力が減衰しないこと、そしてコストはかなり重い。
コストの問題さえ気にならない戦局でなら、近接で・遠距離でと小器用に活躍できそうだ。

皇帝直属の帝国騎士である【インペリアルナイト】が、万能な攻撃特化性能である一方、少し余談となるが、われら王国の近衛騎士である【ロイヤルガード】は、どちらかというと防衛に重きを置いた能力となっていることは、王国と帝国の国そのものの特性を表しているようで興味深い。

【インペリアルナイト】は、その名が示す通り、白の帝国にしか存在せず、【ロイヤルガード】はその名の通り王国にしかユニットが居ない。

aigis_20170728b.png
唯一の例外は、先だってのコラボイベントの報酬である「黒衣の騎士ダリューン」
ダリューンの原作中における鬼神の如きスペックは、どちらかというと【インペリアルナイト】が相応しいようにも思うが、彼が属するパルスも「王国」だから【ロイヤルガード】としたのだろう。運営も気が利いているというか、まぁ…ダリューンは「飛ぶ斬撃」とか打ちそうにないものな。


今回の緊急ミッションは「試練型」のため、何度も同じステージをプレイする必要がない。

aigis_20170927b.png

復刻ミッション「帝国の治癒士」も、エリアスがすでにスキルmax/コスト下限になっているためプレイする必要がなく、今週はかなりゆっくりさせてもらった。さらに、来週も試練型イベントの後半だし、前半は復刻ミッションも放っておいていいし、「バルバトス」に加えて「大討伐」も始まるみたいだけど、いずれも慌てないでイイやつだし、この楽チン週間をどう使うか・・・ダラダラ過ごしそうだなぁ・・・
posted by BIE at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス

2017年09月14日

恋するカリオペがプリティな件 │ 千年戦争アイギス


aigis_20170914a.png
緊急ミッション「カリオペと恐怖の夜」開催。

金レアユニットに昇格したカリオペを入手できるイベントだ。
もともと悪戯好きなカリオペだが、今回はその趣向を少しばかり拗らせたらしく、やや季節外れの「肝試し」を企画したものの、催しに乗じて本物のアンデッドが王都に侵入してしまった…というもの。

リニューアルされた立ち絵は、これまでのステレオタイプな「魔女」風からガラリと趣を変え、「避暑地の令嬢」とでもいうべき落ち着いた雰囲気(巻き髪も30%増量中)。王子にイタズラするのが好きな後輩たちが増えてきたので、少しアプローチを変えて、王子に可愛いと思ってもらいたい、そのいじらしさからか、かなり幼く描かれている印象だ。

性能的には、これまでの昇格ユニットに比べると、かなり使いやすそうな気がする。


さて、今朝方まで行われていた「王者達のバトルロイヤル」の報酬

aigis_20170914b.png

オークの英雄アナトリア【グラディエーター】(黒)が配布された。

事前の宣言通りのレベルでしか入手できなかったが、ティニー欲しさにプレミアム召喚につぎ込んだ神聖結晶をすべてこちらに使っていたとしても、スキル上限・コスト下限まで育てることはできなかっただろうから、今の時点でさほどの後悔はない。

スキル点火中は死ぬことがない1ブロのパワーアタッカーといえば、イモータルプリンセスの白カルマが代表的。もちろんアナトリアはアンデッドではないので回復を受けることができるとはいえ、スキル終了時に麻痺するのはいかがなものか。対ボス戦などでの使い方が問われる。
あと、育てきれなかったのは自業自得なのだが、コスト26はやはり大きなハンデとなるだろう。


aigis_20170914c.png
月曜日に入れ替えとなる復刻ミッションは「裏切りの海賊」。

去年の春にも一度復刻しているはずなのだが、わが王子軍にはベアトリカが居ない。何故かはまるで覚えていないが、マリエはCCカンストしているので、おそらく交換に必要な刻水晶が足らずに諦めたんだろう。今開催中のホルエスといい、先週のカグラ、先々週のソラノと、最近こういう復刻ミッションが多いな。
posted by BIE at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス

2017年09月10日

ティニーに逢いたくて │ 千年戦争アイギス


現在開催中の緊急ミッション「王者達のバトルロイヤル」は、データ1・2ともに、まずまず順調だ。

順調といっても、理想的な目標である収集アイテム1300個はとうてい無理だと早々にあきらめ、報酬ユニット:アナトリアの出撃コスト「-3」となる600個を達成できれば御の字かな…と考えている。

初期レベルとスキルレベルは、後からでも比較的容易に上げることができるが、問題なのは「出撃コスト」だ。そこで、もう一つ出撃コストを下げたアナトリアを入手しようと考えると、1000個のアイテムを集めなければならない。日曜現在で500個に届いていない現状では現実的な目標とは言えない。そうなると、600個に到達した時点で割り切り、それ以上のカリスマやスタミナを費やさなければ、ある意味合理的と考えることができるだろう。自分をごまかし慰めているに過ぎないし、フーコのときのように後で激しく後悔するかもしれないが。


また実は、イベント成績のためだけに神聖結晶をあまり割れない理由もある。

先週のメンテでお披露目された新ユニット

aigis_20170910a.png

ドワーフの姫 ティニー【鍛冶職人】(黒)が、欲しくてたまらないのだ。

僕はあくまで「ヒンヌー教徒」であり、ロリコンではない。とかねてより自称してきた。しかし、彼女を見た瞬間からその認識が揺らぎはじめたのだ。
小柄で華奢な肉体、鎚をかまえる凛々しい面持ち、覚醒絵における慈愛の眼差し、可憐な衣装、そしてゼロカップの乳房。もう、なにもかもが愛おしい。これを「ロリコン」と言わずして何と言うのか。

彼女はドワーフだから、見た目よりも高齢であることは容易に想像できるが、実年齢がどうとかそんなことは「ロリコン」の定義にはおそらく影響を与えない。

aigis_20170910b.png
事実、これまで同じドワーフのロリババァと言われていたノエルには、僕はまったく何も思わなかった。

ティニーが欲しい。
そうなれば、もうプレミアム召喚を回すしかあるまい。そのために神聖結晶を緊急ミッションのためだけに使えないという事情…。バカだな、と自分でも思う。無課金でプレイすることを固く誓っている以上「キャラに惚れ込んでガチャを回す」という行為は愚の骨頂(運営さん、すみません

そうは言っても、使える神聖結晶の数には当然限りがあるし、ティニー輩出の確率が上がっているのも今週木曜までだ。やるなら今しかねぇ!

回すぜ!プレミアム召喚!!

・・・・

何回回したとか、何が出たとか、聞かないでほしい・・・。
ただ、当て付けなのか、何の因果か

aigis_20170910c.png

鍛冶職人ゴルドー【鍛冶職人】(金)
こんなん出ました〜・・・しくしく・・・

パーティに入れるだけで対象クラスの攻撃防御にバフを与えるアビリティはティニーと同じだが、対象が「男性ユニット限定」。
恒常的に使う男性ユニットなんて、王子、皇帝、ジェローム、クリストファー、ヴァレリーくらいしかいない。そのためにこのユニットを鍛えようとは・・・思わないなぁ。

とほほの思いで兵舎を覗いたら、

aigis_20170910d.png

鍛冶職人サンディー【鍛冶職人】(プラチナ)
こんなの持ってた。そういえば実装されたときにいきなり出たような記憶があるわ。

いやいや・・・
ティニーの性能は、さすがに黒ユニットだけあって魅力的だったんだけど、今の僕のこの大きな喪失感はたとえ似た性能のユニットを持ってきても埋め合わせできるものではないのだよ。別に何を喪失したわけでもないのだが。

リミットは木曜日。
さっさとアナトリアを片付けて、☆4ストミでも巡回して神聖結晶をかき集めたら、あと1〜2回チャレンジできるかなぁ・・・(どツボにハマってるとか言うな

posted by BIE at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス

2017年08月31日

弓兵の第二覚醒とソラノのパンツ


メンテ明け。

育成奨励期間終了で通常営業に戻り、今週は新しい緊急ミッションが発令された。

aigis_20170831a.png
「王者達のバトルロイヤル」

2月に行われた緊急ミッション「魔界武術大会」で優勝を収めた王子軍に、魔界の闘士ドゥーラの手で招待状が届けられた。
ドゥーラの憧れでもある「魔界武術大会」のレジェンド、オーク族の英雄:アナトリアも王子の参加を楽しみにしているという。
2月の「魔界武術大会」のラスボス的存在のNPCだった、そのアナトリアが入手できる。レアリティー黒のグラディエーターだが、さすがに黒ユニットだけあって、イベントはコンプ難易度が高い「収集型」だ。

「収集型」の報酬ユニットはコンプ難易度が高いだけあって「使える」ユニットであることが多い。先日それをフーコで痛いほど思い知ったばかりだ。
とはいえ・・・、スキルレベルは聖霊で上げられないこともないので、出撃コストを下限まで下げることだけ考えても収集アイテム1300個・・・これは無理ゲーだ。

いや、まぁ明日で月も変わるので神聖結晶はいくらでも割れるといえば割れるんだが、グラディエーターという、そうそう使い処のないユニットにそこまで手を掛けられるか、という問題だ。(こうやって、後で後悔するんだよな・・・)しかも、こういうのは後半からラッシュをかけても間に合わない。
それに何より(w 色黒はともかく「ガチムチ巨乳」ってのが、僕は苦手なのだ。そのテの枠はレアンネキとグローリアで十分間に合ってる。

どうしようかなぁ・・・。


さて、生放送でチラリと告知されていた通り、アーチャーに第二覚醒が実装された。

aigis_20170831b.png
進化クラスは【セレーネ】と【ラピッドシューター】。


aigis_20170831c.png

両クラスに進化できるアーシェラで比較してみたところ、
【セレーネ】は、対飛行ユニット特化に磨きがかかり、HP・攻撃・防御が上昇のうえ、なんと射程も伸びる。【ラピッドシューター】は、パラメータの上昇はないものの、連射性とスキルの回転が上がっているようだ。いずれのクラスも、第一覚醒より低下する能力は見受けられないので、余裕があるなら第二覚醒させるべきだろう。

現在うちの王子軍で第一覚醒済みのアーチャーは、クレア、スピカ、アーシェラ。クレアとスピカは【セレーネ】確定なので、アーシェラは【ラピッドシューター】に進化させようと思う。立ち絵は【セレーネ】の方が好みなんだがなぁ・・・。


aigis_20170831d.png

また、今週いっぱい開催中の復刻ミッション「大地に眠る召喚獣」。
報酬ユニットのソラノを持っていなかったので、このイベント自体が初復刻かと思ったらそうじゃないのな。
前回の復刻時に、データ1は途中まで攻略したけど、ソラノと刻水晶を交換しなかったみたい。プレイ開始から半年くらいの頃で戦力が整っておらず攻略しきれなかったことと、交換には刻水晶が今より多く必要だったので、泣く泣く諦めたんだろうか。

余談だが:

aigis_20170831e.png

召喚士ソラノ【サモナー】(プラチナ)
奇抜なファッションが愛らしい、アイギス初の【サモナー】なのだが、その格好が奇抜すぎたのか、iOS版の「千年戦争アイギスA」では

aigis_20170831f.jpg
(iOS版)

ハーたん(初期)っぽい魔法学校生徒風のファッションに改められている。
全年齢版のPCブラウザゲーではR18版と同じ立ち絵が使われているので、別にパンツやワレメが問題なのではないと思う。iOS版限定のサービスなのだろうか。他にもそういうユニットがあると知っている人がいたら、教えて欲しい。

posted by BIE at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス

2017年08月24日

ヴェルティ覚醒!│ 千年戦争アイギス


メンテ明け。

aigis_20170824a.png
今週の緊急ミッションは「悪霊の迷宮VI」

「悪霊の迷宮」は、各ステージで出撃できるユニットが制限されており、その条件下で確率ドロップのアイテムを揃えると、なかなかいいコンプ報酬がもらえる特殊なイベント、今回はその第六弾だ。
カリスマのみの消費で挑戦できるし、クリア報酬のGも高めなので、今回の追加ステージに加えて第五弾までの取りこぼしを回収できれば、各種聖霊・神聖結晶・Gが充実…となかなか美味しいイベントなのだ。
わりとゆったりプレイできると思うので、これは今週も強化週間…かな。


さて、本日の目玉。デモンサモナーの覚醒が実装された。
デモサモといえば、5月に行われた緊急ミッション「奪われたグリモワール」の報酬として仲間入りするなり、いきなり攻略動画の主力のひとりに躍り出たヴェルティが有名だ。ラピス様なんぞそうそう手に入らないから、多くの王子がデモサモはヴェルティしか知らない現状だと思う。

aigis_20170530k.png
【デモンサモナー】悪魔召喚士 ヴェルティ(プラチナ)
(参考:覚醒前)
デモサモは敵を直接攻撃しない。しかし、自身の射程内に居るすべての敵ユニットにダメージを与え続ける、要するにHPをガンガン削っていくユニットだ。

「タワーディフェンス」というゲームシステムの特性上、敵はこちらに向かってどんどん攻めてくるわけで、数十体の雑魚キャラがヴェルティのそばを通り抜けるだけで、みるみるHPをすり減らし昇天していく様は、あたかも集団自殺するレミングスの如し。

「愚鈍な魔物共よ、こぞって地獄の釜の蓋を覗くがいい!ヌハハハハハ!」という気分にさせてくれる。※使用感には個人差があります。

オマケに、トークンとして魔法防御が高くて意外と固い小悪魔インプを使役する。
5月の緊急ミッションは収集型イベントだったので、出撃コストをほとんど下げられなかったのが悔やまれる。

あれだけ有能なヴェルティが、覚醒するとどうなるのか。
昨日告知があったときからすごく楽しみにしていたので、早速データ1の方だけ覚醒させてみた。

aigis_20170824b.png
(覚醒後)

クラス特性の内容には変化なし。追加アビリティは「出撃コスト-1」だが、覚醒時にコストが2増えているのでトータルでは「+1」された状態。アビリティのありがたみはあまり感じない。
戦力パラメータも目立って強化されているように思えないが、注目すべきは射程がわずかに伸びていること。
デモサモは射程範囲に居る敵すべてにリアルタイムでダメージを与え続けるので、射程の長さは非常に重要だ。
そして、使役する悪魔がインプからデーモンに格上げされている。当然コストも大きくなるので、トークンリレーの際などで以前の攻略法はトレースできない可能性があるので注意が必要だ。。

ネックはやはりコスト。「絆の聖霊」を使って、なんとかヴェルティ本人の分だけでも下げたいところだが、同様にフーコのコストもかねてから下げたいと思っているし、なかなか手に入らない「絆の聖霊」の使い処が悩ましい。

立ち絵には、おそらくヴェルティ自身の内面の変化が現れており、以前と方向性は変わっていないがおしゃれ度合いが増している。胸を強調し、しかし透けていたパンツは隠すという、人嫌いだった彼女が他人の目を意識しはじめていることが、その和らいだ表情からも分かる。

活躍を期待しよう。


そんなデモンサモナーのラピス様とリヴルの二人が、現在プレミアム召喚で確率UP中だが・・・さてどうしたものか。今月はすでに結晶を50個割ってしまったので、プレミアム召喚は9月に入ってから…と思っていたんだがなぁ・・・。


復刻ミッションでは現在「軍師の後継者」を開催中。

aigis_20170824c.png

後衛戦術家の「天の軍師レン」が入手できるイベントなのだが、レンはかなり初期のユニットで、実用性という面で「今さら感」が拭えない。わが王子軍には、データ1・2ともに黒レア軍師のアイシャが居るので、どうしても育てるのに二の足を踏んでしまうのだ。ちなみに、レンが巨乳でアイシャが貧乳だからではないぞ。レンの立ち絵は全ユニットの中でも1・2を争うセクシーさだと思っているので(本当です)残念だ。


aigis_20170824d.png

そんな「軍師の後継者」は今週いっぱい。来週月曜からは次の復刻ミッションに切り替わるのだが、それが「大地に眠る召喚獣」だ。これもそうとう初期のイベントで、僕はデータ1でもこの報酬のユニット「召喚士ソラノ」を持っていない。
クラス【サモナー】(召喚士)は、平時はまったく攻撃せず、スキル発動時のみ召喚獣が強力な範囲魔法攻撃を行う特殊なユニットだ。わが王子軍には金レアのリノが居るが、なかなか使い処が難しく活躍したためしがない。とはいえ、限られた場面で「ソラノが居れば簡単」というステージも何度かあり、残念ながらそこではリノで代用できなかったので、復刻してほしいと思っていたのだ。

乞う期待!
posted by BIE at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス

2017年08月23日

のんびり育成中 │ 千年戦争アイギス


さて、お盆休みも終わったが、アイギスでは350万ユーザー突破記念の第二弾を開催中。

今週は緊急ミッションが行われず、報酬ドロップ率アップ週間となっている。緊急ミッションがないとのんびりできるので、好感度UPアイテムを狙ったり、魔水晶を補充したり、それらを使ってユニットを育成したり覚醒させたりと、すなわち育成補助週間というわけだ。


aigis_20170823a.png

今回のメンテで、以前告知があったように、レベルアップ時に残ったカリスマ・スタミナを持ち越せるようになった。レベルアップ時には上限分回復するカリスマ・スタミナが、今週からは残っていた分に加算されるので、一時的に上限を超えて保持することができるのだ。レベルアップ直前の残量にナーバスにならなくて済むのは助かるし、昨今のオンゲではけっこう当たり前の仕様なので、実装が素直に嬉しい。


前回紹介した【ソルジャー】の第二覚醒。とりあえずケイティ先生だけはやっとかないとな。

aigis_20170823b.png

戦術教官ケイティ【コマンダー】(金)
【ソルジャー】→【ソルジャーチーフ】→【ソルジャーエリート】→【コマンダー】と成長。
実質、第一覚醒からスペック的には大きく変化していないのだが、こっそり出撃コストが「-2」されていた。これは大きい。
うちのデータ1王子軍におけるメイン援軍要請ソルジャーは、ケイティとジェローム。戦略的にはほぼ毎回どちらか、もしくは両方を投入するので、覚醒ジェロームの初期コスト+2効果と併せ、これまでよりも確実に一手先に動けるようになった。クラス特性の全ユニットバフも強力なのだが、これは残念ながらケイティとジェロームを両方出撃させても重ねがけはされないらしい。(ジェロームも第二覚醒はコマンダー)

立ち絵の凛々しさが素晴らしく、絵師の技術の向上も伺うことができる。



余談だが、今朝のログボでデータ2の「結晶のカケラ」が貯まったので「ベース召還SP」を10回。

aigis_20170823c.png
鉄×5、銅×2、銀からアサル・セシリー、そしてプラチナからパルフィが出た。

aigis_20170823d.png

ベース召還からプラチナが出るのはめったにないので、嬉しいことには違いないのだが…ライチが有能すぎて、サブのメイジアーマーを育てるのが後回しになってる。
データ2のエーリカ(カボ子)は全然育ててないし、実はパルフィは2体目だし、ジェシカも居るし、この機にひとりは育てておくべきかとは思っているのだが…、ジェシカはライチの上位互換って感じでバラエティに乏しいし、パルフィはスキルが攻撃系じゃないのがなんとも・・・


データ2で以前ゲットした、クラリーチェを覚醒させた。
データ1で結構前から使ってる火霊使いロレッタが非常に便利だったので、クラリーチェをぜひとも最前線に出したかったのだ。

aigis_20170823e.png

闇霊使いクラリーチェ【エレメンタラー】(プラチナ)
自身はまったく攻撃せず、闇の精霊を使役して攻撃する。一度に出せる精霊は3体までで、1体目はコストが不要。
ロレッタと異なる点は、まずは、単発攻撃のロレッタと違いこちらは範囲攻撃であることと、それが相手の防御や魔法耐性を無視する貫通攻撃である点。さらにクラリーチェ自身の射程がロレッタよりもわずかに長い。だが、ロレッタ(火の精霊)は他のエレメンタラーよりも攻撃速度が速く、加えて闇の精霊は他の精霊よりもコストが「2」多い。見事な一長一短で、エレメンタラーはだいたい性能が横並びなんだ。あとは他のクラスとの相性だなぁ。

aigis_20170806f.png
(参考:覚醒前)

また、単に「いたずらっ子」風だった覚醒前の立ち絵と比べて、明らかにダークサイドに落ちてしまった印象を受ける「歪んだ笑み」の立ち絵が僕的には微妙。角や翼が「小悪魔的でかわいい」と一部で評判らしいが、

aigis_20170823f.gif
ドット絵ではホントに宙に浮いてるので、クラリーチェは「小悪魔”的”」なのではなく、覚醒することで本当に角と翼が生えた「小悪魔」になってしまった、と考えるべきだろう。闇の精霊を取り込んじゃったのかなぁ。
posted by BIE at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 千年戦争アイギス