2017年05月15日

ブログ移転のお知らせ


ware-omou_title-3.jpg

本日より、当ブログは「我思う故に…新館」へ移転いたします。
http://cogito-ergosum.com

このサイトは近日中にログを消去する予定ですので、
過去記事を読みにたびたび訪れてくださる方や、記事に直接リンクしている方は
お手数ですが、新館をご参照ください。

今後とも宜しくお願いいたします。
posted by BIE at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月09日

体操男子団体 金メダル キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


オリンピックは、
仕事に身が入らなくなる危険があってどうもイカンね・・・

いやぁ・・・12年ぶりの団体金、本当に嬉しい。
白井の床演技がすごすぎて
捻りのシャープさと高さに圧倒された。

RhkguOn.gif
これ見て思わず「すげー!キカイダーみたい!」と言ったら
周囲の誰にも同意してもらえなかった。


普段スポーツまったく見ない僕だが
オリンピックの男子体操、柔道、水泳だけは昔から好きなんだよなぁ

追記:
やっぱり分からん・・・と言われたので貼っておく

kikaider.gif ←これな。

posted by BIE at 14:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月22日

雑報 2016.07.22


今週、自宅兼仕事場を引っ越ししまして、
ここ一週間というもの前準備やら、事後整理やら、諸手続きに追われ
仕事が溜まりに溜まって、ブログ更新がままなりません・・・。

しばらくの間
記事のアップが遅れ気味になる(とくにジョジョ)ことだけご報告しておきます。

posted by BIE at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月13日

おわびとお知らせ


調理中に誤って右手人差し指を負傷してしまいました。
今、包帯ぐるぐる巻でキータイプがままならないため、
しばらくブログの更新をお休みします。ごめんなさい。

必ず復帰しますので、
皆様には、また見に来てくださるようお願いいたします。

管理人 BIE
posted by BIE at 22:01 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月10日

遅ればせながら・・・


新年あけましておめでとうございます。
今年もこっそりひっそりワンピレビューを中心に書いていきますよ。

いや〜、年末のPCクラッシュも大概でしたが
日本海にカニ食いに行ったら甲殻類アレルギーを発症して
救急車で運ばれて旅先で1泊入院、
今後一生カニやらエビやらを食えない身体になってしまいました。

退院してなんとか帰ってきたら
年明け一発目の記事にしようと買っておいたCOMIC快楽天
目当ての鳴子ハナハルの新作が、なんと載っていないことが発覚。

書くネタを失って今日まで更新していませんでした。

鳴子ハナハル先生は、
初期からずっと僕が推しているエロ漫画家で、今や快楽天の看板作家。
だいたい年に3作の割合で不定期に新作を掲載しているものの

そこは看板作家だけあって
新年一発目(暮れに発売されるんだけどね)の2月号には
必ず新作が載っていたのです。

今回も、11月末に発売された1月号の巻末次号予告には
ちゃんと「表紙+新作読切」と書いてあったので
その時点では作者も編集部もそのつもりだったはずなんだけど・・・

ガルガンティア関連で忙しかったのかなぁ・・・

新作は1月末発売の3月号に掲載されるそうですが
お預けを食らった感がハンパないです。

いや、何でこんな記事かといいますと、
去年・一昨年と続けて新年一発目のネタがハナハルだったからなんですね。


ワンピは次号が20日発売なので、おそらくその前後の更新に。
速報は来週水曜くらいかな

春に、ジョジョ三部が始まるまでは
のんびりペースで更新することになりそうです。

てな感じで、今年もよろしくお願いします。


posted by BIE at 16:54 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月04日

たあいのないお知らせ


cogito_FB.gif

今さらですがFacebookページを作りました。

こっちのブログ記事を連動させて垂れ流しているだけなので
新規集客以外の意味はありません。

本ブログをすでに愛読(w)していただいている方には
新たにブックマークする価値は皆無だと思いますが

ほんの少し出向いて「いいね!」していただけると
管理人BIEとしてはいろいろとありがたいです。


ちなみにタイトルバックをリニューアルしたのも
このFacebookとの連動を機会に、だったりします。

posted by BIE at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月01日

新年のお慶びを申し上げマス


明けましておめでとうございます。

そんな挨拶、年が明けると同時にしろよッてなもんですが
年末からちょっと出かけていまして
さっき帰宅したんだからしょうがない。

パケット定額にも未加入のガラケーユーザーで
タブレットなんぞももちろん持っていないため
外出先で更新できないんですよね。

更新ぺースがあいからわず週2〜3のわがブログですが
昨年はおかげさまでかつてないアクセスの伸びを記録いたしまして、
地味にユーザーの拡がりを感じております。

この年末も更新ほったらかしの管理人が不在でも
コメント欄はそこそこの賑わいを見せるなど
まことに感謝感激
閲覧者の皆さん、いつも本当にありがとうございます。

本年もがんばって
某出版社の目に留まらない程度に
こっそり運営していきたいと思いますので

皆さん、どうぞよろしくお願い申し上げます。


年始最初の記事アップは4日の予定。
ネタはたぶん今年もアレです。
posted by BIE at 23:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月13日

カムジャ麺を喰ってみた


meshibana01_000a-thumbnail2.jpg
「めしばな刑事タチバナ」をご存じでしょうか。

庶民に馴染み深い大衆食のなかに美学を求める
かといって「孤独のグルメ」のような自分勝手な散歩道とは
まったく趣の異なる新テイストのグルメマンガで、
「このマンガがすごい!2012」をはじめ、各所で話題になっています。


その1巻で「袋入り即席麺」はどれが王道でNo.1かという
議論が3話に亘って繰りひろげられるのですが

サッポロ一番の本当の"一番"は?という疑問から始まり
チャルメラ、出前一丁の看過できない奥深さを経由して
結局タチバナが一番食べたいのは何かというところで

辛ラーメンを作っている会社からでている
kamja-02.gif
「カムジャ麺」がイチオシだ、という話に着地します。


辛ラーメンはみなさんよくご存じの赤いヤツ
イギリスとかでは輸入禁止になったりした件のアレだと
認知度も高いのですが、「カムジャ麺」は初耳でした。

カムジャとは韓国語でジャガイモのこと
パッケージのイラストにもあるようにジャガイモラーメンなのです。
しかし、具やスープとして入っているのではなく
なんと麺の成分の7割がジャガイモから出来ており
kamja-03.gif
シコシコかつトロトロという、ありえない新食感だといいます。

これは是非とも喰ってみたいじゃないですか。
タチバナ風に言うなら「てめぇら食っぴくぞ!」てな感じ


僕は以前、大阪の鶴橋に住んでいました。

なじみの韓国食材屋もいくつかあるので
久しぶりに古巣へ戻り購入してきましたよ「カムジャ麺」

kamja-01.jpg

ファーストインプレッションを大切にしたかったので
同封の乾燥具材以外は野菜もスパイスも入れず
袋に書かれたとおりに作りました。


特殊な新食感・・・・・

あぁ・・・
なるほど・・・新食感だ・・・


麺の中のでんぷんが溶け出してトロトロ・モチモチになる感じ
僕の印象ではシコシコとは違いました。

強いて喩えるなら

kamja-04.gif もちゅもちゅ・・・かな・・・

特別変わった味付けでもないし、味は普通
ダメじゃないけど、すごく美味くもない。
食感だけだな、これは。

ちなみに一緒に食べたヨメは
通常3分と書いてあるラーメンを1分半で食べ始めるバリ堅麺好きのためか、
この「もちゅもちゅ」は、もう食べたくないと言っていました。

すこし残念な試食となってしまいました。



ところで、久しぶりに鶴橋の駅前商店街をうろついてみたら
僕が住んでいた「冬ソナ」大ブームの頃にはなかった
韓流スターのグッズ店がいっぱい出来ており

平日の昼間だというのに若い女の子の4人連れだとかが
キャッキャいいながらキムチ屋の親父の話を聞いていたり
ソウルで大流行(らしい)ホットックの屋台が出ていたり、
店先に生マッコリのサーバーを置いていたり、
あちこちにチャン・グンソクのポスターが貼ってあったり

なんだかプチ新大久保化しています。(新大久保へは行ったことないけど)
その影響があるのか、
僕がひいきにしていたキムパ専門店が値上がりしていたのがショックでした。
なんだか味も変わってしまったような・・・

やや観光地・・・というか韓流タウン化し、
地元庶民の町でなくなってしまった感があるのはとても残念でした。

まぁ彼らもビジネスとして生き残りを懸けているわけで
ここ数年すっかり疎遠になり、商店街にまったく金を落とさなかった僕が
とやかく言うことではないのですがね・・・

ちなみに
大手メーカーが瓶入り缶入りを発売してすっかりメジャーになった感があるマッコリ
昔は桃谷のハルモニが家庭用に密造したものを分けていただいたりしたものです。
足が速く、味が定まらないので商売ものにはしにくかったのでしょうが
その味を知っている身としては今酒屋に並んでいるマッコリは全部まがい物です。

チャン・グンソクファンの嬢ちゃんよ、
それはマッコリなんて呼べる代物じゃないぞ。(あくまで僕基準)




posted by BIE at 01:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月25日

岡村靖幸


20年くらい前に知人に勧められてハマった岡村ちゃん(僕的にはオカムリン)
当時ちょうどアニメCITY HUNTERのTM Networkに続く
二代目エンディングを歌っていたりなんかして
知名度があがるかと期待もされたが、当然ながら一般受けは決してせず
カルトにカルトに人気を維持していたんだが

なんだかパワーが落ちてきたような気がした2000年頃から
覚醒剤で三度の逮捕があり
やはりスランプに苦しんでいたのかとか、
親友尾崎豊にあやかったのかとか、勝手な勘ぐりを入れたりもしてみた

Mr.Children桜井を始め、彼をリスペクトする歌唄いは数多く
期待されるプレッシャーもあっただろうが
反面、あちらこちらでカヴァーされているのでお金に困ることはなかっただろう。


そんなオカムリンが完全復活
7年ぶりのアルバムが発売された。

okamura-pink.jpg okamura-perple.jpg

「エチケット」
2枚同時リリースのセルフカヴァーである。

7年ぶりともあれば彼一流の新境地が聞きたいところ
ご機嫌うかがい的なアプローチになったのは些か残念だが
相変わらずアレンジの妙が冴えわたり
ちょっと他所では聞けないサウンドが楽しめるのは嬉しい限り。

しかし僕はアーティストが誰とかいう以前に
個人的に過去の曲の焼き直しってのがあまり好きじゃない。

今回は岡村靖幸RESTARTという意味合いで受け取ることにし
そう遠くないうちに完全オリジナル新譜をリリースして欲しいものだ。


タイトルの「エチケット」は、
「マナー」とはひと味違う、思春期のある時期に出会う言葉であり、
岡村靖幸自ら、強い意志を表現したものです。
生きて行く中で、自らを律するという意味でもあります。


ということだが、これは「もうクスリに逃げたりしないよ」と
いう意味も当然含んでいることだろうが
そんなことは信用しないし、どうでもいい。

オカムリンらしい曲が聴けるのなら、
クスリ漬けでも犯罪者でもかまわない。

そう思わせてくれる、稀有な才能だと思うのです。
無責任な発言でスミマセンが。



posted by BIE at 10:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月08日

節電ブーム


節電ブームですね

こういうときですから
国全体で消費電力を下げる努力をしないといけない。
そういう意味では「ブーム」という言い方は些かノリが軽くてよろしくないと思いますが、
より多くの人たちに、気楽に参加・協力してもらう方が大事かもしれないので
この際、国民一体でわっしょいわっしょいブームとして盛りあがって
消費電力を下げましょう。


ところで、先日ふと思ったのですが
東電の原発事故と原発そのものへの不信感、
さらに相次ぐ電力会社への不信を高める事件などで原発が計画通りに動かせず
発電能力が低下しているのを原因として
消費(需要)と供給のバランスが取れず、節電が叫ばれるわけですよね。


ここでひとつの例として
たとえば、電鉄会社を例に挙げると
駅構内の照明を暗くしたり、便数を減らしたり、冷房を弱くしたりして
節電に励んでらっしゃるようですが

電気の需給バランスが崩れているとは言ってもインフレが起きているわけではないので
電気料金が高くて使用できないのではありませんから
この夏、電鉄会社が各電力会社に支払う電気料金は『ぐっ』と安くなると思うのですよ。

僕たち利用者にしてみれば、
便数が減って不便な思いをし、暗いのや暑いのを我慢して
しかし、これまで通りの料金を支払って電車に乗るのです。

これって『サービスの低下』ですよね。

いや、文句を言っているのではありません。

電鉄会社は、その浮いた電気料金を利用者に還元するか
もしくは被災地の復興のために寄付するなどするべきだと思うのですが
そういった動きはあるんでしょうか。

気になります。

posted by BIE at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記