2010年12月21日

K A G E R O U

噂の「KAGEROU」齋藤智裕 著を読みましたよ。

各所で酷評!とか言われていますが
僕が想像していたよりも全然まともでしたよ。

「会話文が多く1時間ちょっとで読破できる」という話を聞いたとき
正直、なんだラノベかよと思ったのですが
挿絵が無いのはもちろん、
文字のみでその場の状況や登場人物の心情を描写する手法は
ライトノベルや携帯小説と一緒にしてはいけないものになっています。

この作品が本当に純粋に齋藤がひとりの能力で書き上げた
処女小説作品なのだとしたら、いや大したもんだと思いました。
逆に、ゴーストライターが居たり代理店やプロの編集者が
作ったものだとしたら、あまりにもオソマツすぎます。

電通か博報堂かテリー伊藤か秋元康か知りませんが
ウラでお膳立てをした人物はたぶん存在するのだと思いますが
何から何までねつ造して名前だけ貸せと言うことはないと信じたい。

表現の稚拙さも含めて
僕は、齋藤智裕が自身の感性で書いた と、現時点では考えています。


以下はネタバレ含みますが

哀切かつ峻烈な「命」の物語

廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。
「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。
そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。
命の十字路で二人は、ある契約を交わす。
肉体と魂を分かつものとは何か?人を人たらしめているものは何か?
深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。
そこで彼は一つの儚き「命」と出逢い、
かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。


これは初版本の帯に書かれたコピーです。

まず「哀切かつ峻烈な「命」の物語」これは言い過ぎ。
悲しすぎることも厳しすぎることもありません。

本文の文体と表現や語彙がまるで違いますので
おそらく帯の文章は別の誰かが書いているようです。
これは出版業界の通例を見てもおかしなことではありませんが
いかんせん、ここに書かれていることがほぼ内容の全てで

ここに「臓器移植」「少女」を加えたらカンペキです。
帯の機能を越えちゃってますね。


1時間ちょっとで読めるということは映画化を考えている
という意見もあるようですが

淡々と切々と陰々と滅々と進む物語です。
昔のフランス映画のように起伏や抑揚がありません。

舞台転換の少なさ、会話とひとり語り主体、
大がかりな特殊装置を必要としない、などの点から
僕は舞台劇の方が適していると考えます。

演出家と脚本次第では大化けする気がします。



最後にいくつか気になった点を

主役のバックストーリーが足りなさすぎる
40才に設定した意図もまるでわからないし
死を決意するほどの悲壮感や行き詰まり感がまるでない。

「ビリー・ジーン」のMJ、バカボンパパ、ブラックジャック
スパイダーマン、フェルメールの絵など
まるで〜〜のようにという例えがなんともイメージ貧困で苦笑する。

モーリーは喋りすぎのご都合キャラ。

「手動」ってギミックは面白い。

キョウヤの顛末が伏線不足。 などなど


決して絶賛する面白さはありませんが
これが売れないと水嶋ヒロがメディアに出てこないもんですから
影ながら応援してます。もっと精進してください。


ちなみに俳優:水嶋ヒロの大ファンだった僕のヨメは
「まったく興味ない。別に読みたくない。」だそうです。

posted by BIE at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年12月08日

東京都 青少年健全育成条例について

近ごろ巷で話題の「東京都 青少年健全育成条例」
みなさんご存じですか?
詳細には知らなくともなんとなくご存じでしょう
僕も要項を詳しく読もうと思ったのですが途中で力尽きたため
さほど詳しくは知りません。

ありていに言うと
アニメや漫画に登場する18才未満の「非実在青少年」の性的描写を
不健全であるとして規制する条例です。

大物漫画家の大先生まで引っ張り出して
表現の自由を奪う基本的人権の侵害だとか
世界に評価される日本の漫画文化が死ぬだとか
いろいろ話題になっているようです。

結論ぽく僕のスタンスを先に言うと
「賛成」というか、仕方ない流れだと思います。
理由は、情報を受け取る側がバカだから。


まず
アニメや漫画に限らず"エロ"全般について社会を見渡してみましょう

インターネットなど無かった時代
性描写というのはなんとも淫靡で大っぴらにできない"ケ"の世界

たとえば父親のエロ本を見るにしても隠れるように盗み見て
エロに興味津々であることを悟られることを恥としました。
簡単に乗り越えられない大人の世界への壁がそこにはありました。

しかし昨今、ネットでは無修正の動画や画像が氾濫し
子供でも容易に見ることができます。
エロ漫画やDVDでは未成年をエモノとしたものも多く出まわり
今や"エロ"は大人の世界でも何でもない
若者にもごく当たり前のものになってしまっているのです。

ここで
"エロ"を否定するのか!あって当たり前のものを隠す方が不健全だ!
などというのは短絡的です。
要は受け取る側の意識の問題なんです。


AVが氾濫して以降、射精の際に顔に精液をかける、
いわゆる"顔射"をしたがる男性が現実にも出現しました。
AVで中出しが当たり前になったら今度は中出ししたがります。
常識的に考えて女性が喜ぶはずない事なのに
映像作品中の演出と、実生活でしてはいけないことの区別が
つかない人が増えているのは、信じられないが歴然とした事実です。

メディアは「売れるから」という理由でより際どく、
時にはルールからはみ出したものを作ります。
そのソフトが当たり前に流通するから、大衆はさらに際どいものを求め
消費者のモラルはより低下するという悪循環。

エロ以外でも、ゲームの中で人の生き死にが軽く扱われるから
他人を傷つけたり簡単に自殺する人が増えるというのも
因果関係が無いワケがないと僕は確信しています。

若者に限らず、物事を社会的な視点で見られない人が増え
若年結婚や出産による、子供を正しく導けない未成熟な親の増加
核家族化のせいで親兄弟・近隣住民をもウザがる情報遮断と人間関係の断絶
「学校教育」からも道徳色が薄くなり
アメリカナイズされた「自由」をはき違えたバカどもが
日本をどんどんダメにしています。

他人がどうなろうと興味ない。自分だけは楽して享楽におぼれたい。
家族や身近な友人すらも守ろうと思わない。
こういう人があまりにも多く、もはやマイノリティーではなくなってきています。

多くの人は「自分はそんなことない」と思っているでしょう。
本当にそうあってほしいところですが、その内の半数以上は思ってるだけです。

悲しいですが今の日本(とりわけ都市部)はそんな感じです。


ちょっと話が逸れましたが
あらゆる情報の受け取られ方がマトモではないということです。


で「非実在青少年」に絡めて考えるとどうよ。となると少し問題点はズレます。

「リア充」という言葉がありますね
リアル(現実)の生活が充実している人物のことで
何をもってリア充とするかの概念は人それぞれですが
「彼女がいる」「定職に就いている」「友達が大勢いる」など
およそ真っ当に社会生活を営んでいる人を指して言うと思われます。

こういう言葉を使う人たちの多くは、真っ当な社会生活に背を向けており
その上で「自分たちはこのままでいい」もしくは
「自分に真っ当な社会生活などムリ」と考えています。
つまり理由はどうあれ社会的な義務や責任をはたす意志がないということです。

二次元の女の子に恋をして、現実の女性には興味がない人も
信じられないことに大勢いるそうです。
つまり子孫を残す意志がない人です。

こんな人がどんどん増えたら日本はおしまいです。
行政側としては何とかしないといけません。


いい歳した大人でも
他人の気持ちや、社会にあたえる影響を考えて行動できない世の中です。
もはや情報の流し方に制限を加えるしか無いのです。
その手始めとして二次元創作物がまずやり玉に挙がったとて必然でしょう。
18才未満の性描写となればなおさら"是"とはできますまい。

SEX描写はともかく、
裸を出すくらいはかまわないと個人的には思いますけどねェ・・・


どうせ規制しても無くなりはしません。
仮に都条例ではなく憲法で定められたとしても
アンダーグラウンドに存在し続けるでしょう。

簡単に手に入らない、目につかない。
かつてのエロ本やエロビデオがそうだったように、それでいいと思います。
いけないこと(もの)であるという認識こそが大切です。



まずはエロDVDのJKものや中出しを規制するのが先だと思いますが。
posted by BIE at 15:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月15日

人心掌握

昨今、メディアに露出しすぎの感が否めない
戦場カメラマン:渡辺陽一氏

やわらかな人柄、独特のキャラクター、
そしてなにより話が面白いので
TVで見かけるとついつい見入ってしまう。

面白おかしく扱う各種メディアのおかげで
彼が戦場においてどれ程命がけなのか
どんなすばらしい写真を撮るのか
イマイチ伝わってこないのが残念だが

彼にも本業があるし大衆に飽きられるのも早そうなので
半年後にはTV露出はグーンと減っているだろう。
だからこそ安全な場所で稼げるときに稼ぐ彼は利口だ。
ここまで来れば
TV露出が無くなっても講演で一生食べていけるだろう。

そんな彼のエピソードの一つに
戦地へ赴くときお土産として
doublesoft.jpg
必ずヤマザキのダブルソフトを持って行くという話がある。

外国には、日本のようにそのまま食べてもふんわりやわらかで
小麦の風味が強いパンというものがほとんど無いそうで
極限状態の戦地で生食できるやわらかパンを食べさせたら
たいていどんな民族の心も簡単にゲットできるらしい。

なるほど山崎製パンは柔らかいパンを作り出すために
何やらいろいろとやっているらしいし、もってこいのアイテムだ。
しかも、何と安上がりの人心掌握術だろうか。

「もっとないのかい?」「ナベ、パンおくれよ」と
現地の子供たちに、やんやの人気の氏が目に浮かぶ。


ところで、この話を聞いたとき
はじめて食べた白パンの柔らかさに衝撃を受けたハイジ
を思い出して「なるほど」と納得した僕は
自身が骨の髄までアニメ好きだと実感した。
posted by BIE at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月31日

心の壁は雨を防げるのか

台風の影響がまるでなく、週末の大阪はすっかり拍子抜けでしたが
全国の皆さんはいかがお過ごしでしたか。

そんな中、おもしろいものが売られていますね。

at_field.jpg ATフィールド雨傘

販売店さんによると、開くときには
「フィールド全ッ開!!」と言わないといけないそうですが
これ、知らない人にはまったく気付かれないし、
分かる人にはニヤリとさせる、さりげなさがいいんじゃないでしょうか。

ただ、ナイフで裂かれないように注意が必要かもしれません。


posted by BIE at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月26日

クリック詐欺?

※このご連絡は、NTTコミュニケーションズが運営する
“My”アフィリエイトの広告プログラムをご紹介する目的で行っております※
突然のご連絡失礼いたします。“My”アフィリエイト スカウト事務局の○○と申します。
現在、大手企業様のプロモーションにご協力いただきたい優良なサイト様に個別にお声掛けさせていただく活動をしております。
サイトを拝見させていただき、漫画・アニメが好きな方が特に楽しめるサイトではないかと感じ、
ご連絡をさせていただきました。
ご協力いただきますと特典もございます。詳細をご確認後にご判断いただいて構いませんので、
ご興味がございましたらご連絡をお願いいたします。

▼詳細メール申込フォーム  ○ttp://www.repo.jp/scouting/
※必須入力項目:エントリーコード『○○○』 、サイトURL『http://cogitoergosum.sblo.jp/

ご返信にて詳細をご案内させていただきます。
この度のご連絡で不快な思いをされた方には誠に申し訳ございません。
ご検討のほどよろしくお願いいたします。


今朝こんなコメントが付いたんですよ。

天下のNTTコミュニケーションズが?
こんな業界の方々に悪態付いてまわってるブログに対して?
ってか、著作権ムシした画像を勝手にバンバン貼りまくっているサイトに?

ありえねぇ

こういうのが送られてくるってのは
そこそこ知名度が上がってきたってことだと思えば腹も立たないが
ちょっと調べたら、そこここのブログにいっぱい同様のコメントが付いてるみたい。

詐欺だか何だかわかりませんけど
サイト運営者の皆さん気をつけましょうね。
posted by BIE at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月08日

モスライスバーガー鶏つくね

久しぶりにモスバーガーへ行った

何だか知らないがMOS-1 CUP 2009だかいうよしもと絡みのイベントで
グランプリを取ったらしい「モスライスバーガー鶏つくね」
2月5日から期間限定で販売されている。

僕は22年前にモスバーガーでバイトをしていたんだが
その時、新メニューとして颯爽と(?)登場したのが
モスライスバーガーで、当時はつくね1種類しかなかった。

その頃、市場にライスバーガーなんてものは出回っておらず
いろんな意味でとても斬新で画期的な新商品だった。

うちの店では発売前に全スタッフに試食をさせてくれたのだが
単純に「ちょっと変わってるけど美味しい」というイメージだった。
全店総力を挙げてライスバーガーをプッシュしろという本部からのお達しで
オーダー取った数をグラフにして競わせるなど
ハードカバーのダイアリーとマグカップが当たるキャンペーンを餌に
全スタッフ必死でセールスしたものだったが

しかし、およそハンバーガーという食べ物と合致しないスタイルへの戸惑いと
非常に崩れやすいライスプレートの形状破綻をはじめとする様々な要因から、
食べ残して帰る客が続出。非常にセールスしにくい商品だった。


現在、レギュラー商品ラインナップにあるライスバーガーは
焼肉・海鮮かき揚げ・きんぴらの三種類
個人的には海鮮かき揚げがオススメだが、
三種類とも具とごはんの相性を的確に捉えたとても美味しい商品だ。
そんな現状と照らし合わせて記憶を辿れば、原典でありながら
つくねのライスバーガーは中途半端に「ハンバーガー」の概念に捕らわれた
いわばライスバーガーの黒歴史といってもいいアイテムだったと思う。

それがここへ来て復活である。
しかも並み居る強豪を抑えて一番美味しかったという。

嘘だ。

そんなことあるわけがない。
決して不味いものではない。
僕も当時美味しいと思った。時代を先取りしすぎただけだと。
しかし下手をすれば
「あれは美味しかったよなぁ」より「食えなくて残した」と記憶する人が
たくさんいるかもしれない黒歴史。
当時「具」として挟まっていたインゲンも姿をひそめ
ほかの商品と同じ材料で作れるように原価を抑え、味付けもシンプルで地味
見た目や味のファ-ストインプレッションに厳しい昨今の若者たちに
他の商品より支持されるなどありえない。

これはきっとモス広報か広告代理店のアイデアによるキャンペーンに違いない。

いや、まぁ広告代理店の提案だろうが創業者の鶴の一声だろうが
20年来のファンとして、モスブランドに定着する美味しいメニューは大歓迎だ。
何か新しい「流れ」を模索しているのなら、
そこに部外者が口を挟むべき事ではないのかもしれない。

だとしたら
ライスバーガー鶏つくねの世間の評判を待ってみるのもいいかもしれない。
しかし、それならそれで別の問題が起き上がるのだがそれはまた別のお話。
posted by BIE at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

2010年01月01日

あけましておめでとうございます

少しずつアクセス数が増えてきていてうれしいです。
今年もご愛顧ください。

1月6日追記:
5日から更新の予定でしたが、
仕事が忙しくて、まだ仮面ライダーWの16話も見れていません
おいおい更新していきますのでご勘弁を・・・
posted by BIE at 00:00 | 日記

2009年12月10日

サービスとは

我が家のママチャリの後輪がパンクした。
タイヤそのものがつるつるだったし、ヒビ割れてたし
中のチューブも何度もパンク修理しているから
そろそろタイヤごと替え時だろうとは、かねてから思っていたのだ。

穴をふさぐだけのパンク修理や、ライトの玉交換、
ブレーキワイヤー程度なら自分でできるので
自転車屋には年に2回も行かないくせに
一応うちから一番近い自転車屋を"なじみ"にしている。

さてその自転車屋、パンチパーマの大柄ないかつい店長と
無愛想なお兄ちゃんがふたりでやっているんだが
このお兄ちゃんの無愛想が、並の無愛想じゃない。

口から出る言葉は確かに敬語なんだが、1%も敬っている感が乗っかっていない。
慇懃無礼なのではない。言葉に感情が無いのだ。
これならタメ口で馴れ馴れしく話される方が100倍マシだ。

少し余談だが、僕はお店に入って機械音声で
「イラッシャイマセ」「アリガトウゴザイマシタ」といわれるのが大嫌いだ。
何がありがたいのか分かっていないくせに。
ようこそお越しくださいました。またのお越しをお待ちしています。
という感情ナシにこの言葉を吐いてはいけないのだ。


とまあ、それはさて置き
幽☆遊☆白書の酎のようなルックスで、無感情・無表情に敬語で話されると
脅されているような錯覚すら覚える。子どもだったら泣き出すんじゃないだろうか。

たぶん悪意は無いのだと思う。しかし他人を不愉快にさせるのは簡単だ。
客商売としてはもう少し愛想良く、
気持ちよく買い物させてもらえないものだろうか

自転車屋というものは地域密着型であることを迫られるはず。
なぜなら、パンクした人や自転車を買いに来る人は、基本歩いてくるからだ。
すなわち徒歩圏内の住人がコアな客層となるだろう。
それなのに地元の人が避けて通るような、おっかないオーラを出してどうする。


別の話で、
以前北海道の根室にツアー旅行に行った際、泊まったホテルが酷かった。
ま、ツアーなので程度の低いホテルなのだろうと言えばそれまでだが
花咲ガニが名産だというので、夕食に皆オプションで花咲ガニをつけた。

僕をはじめ、花咲ガニを初めて食べる人が多く、
茹でたまんまのカニとキッチンバサミがゴロンとテーブルに置かれているものの
皆食べ方が分からない。
その内「とにかくハサミで分断すればよいのだろう」と力ずくで食べ始めるが
殻が尖っていて実に食べにくい。
「カニフォークを貸してくれ」と言い出す客に「はぁ?」と怪訝な表情の仲居。
しぶしぶカニフォークを奥から持ってきたが2〜3本しかないので全員に渡らない。
加えてこのカニが美味しくなかったから始末が悪い。(他も全部美味くなかった)
怒って食事をやめて帰る客まで出ることに。

また、季節は夏だったがそのホテルにはエアコンがなかった。
訪ねると「根室は涼しいのでエアコンは要りません。」
窓を開けて温度調節をしろという。
「ただし風邪を引くので寝る前には閉めてください。」だと。
エアコンの機能は温度調節だけじゃないし、雨のときはどうすンだ?

カニの食べ方にしても、部屋の温度調節にしても、
その地方にはその地方のやり方があるだろう。
色々試したけどこれがベストだというものがあるのかもしれない。
それなら、合理的でかつ楽しく美味しいそのやり方をレクチャーしてくれよ。
納得させておくれよ。

相手が八百屋の親父や喫茶店のウエイトレスなら文句は言わない。(たぶん)
しかしそこはホテルである。
ホテルというのは、基本遠方から来た人を主な客としているはずだ。
自分たちの常識と違う希望を訴える客に対して
もう少しマシな対応はできなかったのか。と思うわけですよ。


そこで、そういう人たちにはコレ
Concierge01_000a.jpg
コミックバンチに載ったり載ってなかったりする
[いしぜきひでゆき×藤栄道彦] コンシェルジュ

マンガなので相当破天荒ですが、
サービスとはかくあるべし みたいなソウルが学べる作品です。
オタク好きなネタもそこそこ使われてるし、おすすめですよ。


posted by BIE at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年11月08日

超下痢

汚いはなしでスンマセン

超ゲリのとき、
何度も下してると肛門が痛くなってくるじゃん。

あれって、昔は何度もケツ拭くから粘膜が擦れて痛いのかと思ってたんだけど
うちウォシュレット(正確にはINAXだからシャワートイレ ついてるし
何度も擦らない。でも痛くなるって、コレどゆこと?

・・・と長い間謎だったんだが

要するに、アレだ!辛いもの食ったときと同じか。
胃酸とかそういうキツめの液体が、腹の中の悪いもの出そうと下りてくるんだろ
デリケートな粘膜を刺激物が通過するからヒリヒリする。






常識? 凄い発見したかと思った。

鼻からゲロったら鼻がヒリヒリするのも同じなのかな
posted by BIE at 19:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月29日

ケータイ

ケータイ壊れた。

見た目は何ともないんですが、キー操作を受け付けなくなってしまいました。
朝、いつものようにケータイのアラームで起きて
自室でPC立ち上げて仕事を始めた頃は、おかしくなかったんですよ

9時前に仕事先からの電話が入ったんですが・・・

これが取れない。キー押しても何も反応しない。
いろいろ試してたら液晶表示もなんだかおかしくなってきた。

こいつは困った。フリーランスにとってケータイが使えないのは命取り。
調べたらドコモショップが開くのは10時
その間にもジャンジャン電話掛かってくるし、
そのたび名刺帳引っ張り出して固定電話でかけ直して、もう大変。


10時ダッシュでドコモショップに駆け込み修理依頼するも、
新しい機能にあまりこだわらない僕のケータイは
前回の機種変更から3年が経過しており無償修理にはならないらしい。

別に構わないんだけど、
聞いたら、つい先週できっかり3年過ぎてしまっているらしい。
3年経ったら壊れるタイマーでも仕掛けられてるんじゃないのか
ソニー製品じゃないけど。

どうしますか、修理しないで今、機種変更されますか?
ドコモの姉ちゃんニッコリ笑って言うけど、
実はヨメと二人まとめてソフトバンクに鞍替えしようかと相談していた矢先の出来事

僕は今すぐにケータイが使えないと仕事にならない。
しかし今機種変更したら、また2年以上キャリア変更が出来ない。


結局、仕方なしに有償で修理をしてもらうことにした。
勿体ないのであと半年ほど使ってからソフトバンクに変えようと思う。

なんだろう・・・すごく損をした気がする。
posted by BIE at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記