2009年05月02日

パンデミック

なんだか新型インフルエンザの被害が、
笑って見てられない状況になってきました。

横浜市がどうとか、修学旅行やGWの海外旅行がどうとか
そんなレベルでなくって、
とにかく日本人全員、危機意識が低すぎて、逆に引く。

マジでヤバイですよこれ。
「マスクの売上が3倍で、マスク会社の株価がうなぎ登り」とか
「海外旅行のキャンセルが続出で旅行会社が大打撃」とか
そんな報道してる場合か。
パニックを煽れとは言わないけど、
も少しマスコミ各社には真剣になっていただきたいものだ。

今5月アタマですよね、
ここから"超"爆発的に被害が広がって、
2ヵ月後には世界の人口が半分になっていたりしたらどうします。

そう、今年は2009年。
パニックを避けるためにあえて10年ずらして記述していましたが、実際は
2009年7の月、恐怖の大王がアンゴルモアを蘇らせる
のかもしれませんよ!

nandatte.jpg

ジュセリーノもびっくりですよ。(あ、リンクは踏まなくてもいいです)

え? 不謹慎ですか?
いや、マジでもっと危機感持たないとダメだと思ってるんだけどね。
posted by BIE at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月26日

アーバン マテリアル 超合金

バンダイがまたやらかした。

1238010413490.jpg
4月から始まるらしい
真マジンガー・衝撃!Z編にあわせてのことだろうが
チタンやカーボンをふんだんに使った、全高60cmのマジンガーZを
インターネットの完全受注生産で発売するという。
予価200万円
ターゲットは旧テレビシリーズのリアル視聴者世代の男性。
どうよ、コレ

子供の頃マジンガーやゲッターに夢中になった世代の人たちに
再び夢を与えるアイテムだとでも言うつもりだろうか。
モチーフがマジンガーなんだから、
一部のブルジョワのための限定品のつもりで作ってないだろう。
もしそうだとしたら、そんなモノは語るにも値しない。

じゃあ実際にその世代の庶民のセガレたちが、今大人になって
子供の頃の夢に、現在のスタンスで向き合えるアイテムになってるのか?



しかも、その存在としては、すでに超合金魂があったじゃないか。

超合金魂マジンガーZは、今の技術を使い、
あらゆる意味で今の大人向けに作られた、夢の玩具だった。
ちょっと小遣いの範囲からムリをして・・・という距離感まで
まさに超合金の名を冠するに相応しいと思ったよ。
だらだらシリーズ化してるのは、いかがなものかと思うが
超合金魂マジンガーZの登場は感動モノだった。

しかしコレはどうだ。
正直・・・調子に乗ンな、バンダイ! という気持ちだ。


僕が子供の頃、男の子ならみんな欲しかった玩具の代表格が超合金である。
マジンガー劇中の「超合金Z」ではなかったが、
ズッシリとした肉厚なダイカストの重厚感が充分な説得力を放つ夢の玩具だった。
僕には手が出なかった。買ってもらえなかった。まさに憧れだった。

今回のコレは断じて超合金ではない
アーバン・マテリアルとか御託を並べるくらいなら、
いっそ超合金と名乗らないでほしい

しかも60cmて何よ。
そのサイズなら、今の技術でジャンボマシンダー魂を出したらいいじゃないか
もちろんソフビABSでだ。それなら2万円しない値段で売れるだろう

バンダイは消費者の「夢」をはき違えている
手の届かないところにあるものを作ったって商売にはならないし
喜ぶ者は消費者層のごく一部でしかないと知れ。

アレいいでしょう? ご希望なら受注生産でお分けしますよ。
ってスタンスは、いやらしい「そちも悪」の越後屋商売だ。

カリスマを作りたいのなら
ダイヤモンドでできた世界にひとつだけのマジンガーとか、一点ものを作ればよい

こういうコレクター心を煽るだけの高額商品は
決して日本経済を活性化させないと認識して欲しい。

あと、最後にひとつだけ、意匠に文句を言わせてもらうと
ジェットパイルダーって時点でダメだ
posted by BIE at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月19日

日本のロボット事情

政府系研究機関の産業技術総合研究所が女性型ヒューマノイドを作り
話題になってますね。

日本のロボット技術もここまで来たか
なんてそこかしこで持ち上げられてますけど、
僕的にこの方向性ではロボット文明の将来は暗いと思う。

なぜロボットを人と同じにしようとするんだろう
僕には、まずそこが理解できない。

細かかったり危険だったり、人のできない作業をさせる、
同じ作業を正確に手早くできる。などがロボットの良いところ。
ロボットと人は求められるものが違うのだ。区別されて然るべきなのである。

より人間らしくするために、とても皮膚に見えない樹脂の肉体にしたり
義眼や不自然に動く口で気持ち悪いムリヤリな表情を作ったり
ファジーな機構を取り付けて作業の精密性が失われたり
すべて本末転倒であると言いたい。

これだけ労働従事者が余っている時代である。
人にできる作業は人がやればよい。と言うより、人がやらねばダメだ。

素性の分からない人を雇うよりプログラムに従順で安心なロボットがいい
とか思っている人がいたら、考えを改めてほしい。
携帯電話やパソコンがあれば、指先ひとつで大抵のことができるようになってしまったので、君たちは勘違いしているのだ。

人と人のつきあいとは元来そういうものです。
性格も主義主張もバラバラな人どうしが協力して社会を作り上げているんです。
確かに異常犯罪も増えたし、世の中物騒ですが
そういった社会との接点を自分から閉ざすことが、
社会のルールからも目を背けることに繋がり
歪んだ社会を産み出す考え方の第一歩であると気付いてほしい。


話を戻すが、なぜ人型にする必要があるんだろう
それはおそらく、開発者が想像する未来のロボットが人型だからで
人型ロボの究極は、人間と見分けが付かないほど精巧に出来たロボである
という意識の下に作られているからに他ならない。
SFだ。
ほら、この考え方どこか気持ち悪いでしょう?

ホンダのASIMOを思い出してほしい
あれはホンダの技術力をアピールするための宣伝塔以外、大した役割を持たない。
ASIMOがホンダの工場ラインで車を作っているかというとそうではない。

本来、ロボットは使役する作業に特化した形態をしているのが理想であり
人型ロボができることは、上手に人のマネをすることだけだ。
人間のような容姿を持たせ、人間のように随時あらゆる状況に対応できる汎用性を
持たせようとすればするほど、人マネ以外何もできない凡庸なロボになる。
そんなヒトモドキの存在にどんな意味がある?

さらに
人のカタチをしたものが会社や自宅にいるなら女性型がいい、と言う発想は
明らかに現在の女性の価値を見誤った女性蔑視の思考から来るものであり、
人間と見分けが付かない女性型ヒューマノイドが将来的に
性的目的で使用されることも容易に想像がつく。
(障害者向け性的玩具など、価値ある用途もあるだろうが…)


最後に誤解の無いように付け加えるが、僕はASIMOは大好きです。
技術力のプレゼンテーションとしての人型ロボットの方向性としては
理想に近いでしょう。
ホンダさんにはこれからも、ASIMOに表情をつけたり皮膚をつけたり
くれぐれもしないでほしいと、切に願います。
posted by BIE at 04:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月22日

マクロス進宙式

35393.jpg

2009年2月22日は、超時空要塞マクロス(もちろんファーストシリーズ)作中における第一話の日付なんだそうです。

それを記念するTシャツが某所から出てるみたいですが、何でも商売になるもんですねぇ

作中でも日付なんてたいした意味も持たされてないのに
俺は知ってるぜ的にことさら強調しているのが
個人的にはすごく気に入らないんですが、

35394.jpg

マクロスシリーズの全ての始まり、超時空要塞マクロス第一話の日付2009年2月22日。
その日に行われた巨大戦艦マクロスの進宙式を記念したTシャツ。
マクロスが宇宙に向かう様子をマクロス艦進宙式と書かれた英文と共にグラフィカルにデザインしたクールな一枚!!


これって自分がいかにコアなマクロスファンかということを
周囲の一般人には気づかせず、さりとてオタク連中には強調して見せるための
アイテムという解釈でいいんでしょうか。

みんなが大好きなマクロスの記念すべき進宙式を祝おうぜ。
というオタク心をくすぐるコンセプトは分かるんですが
実際は、
式典の最中に異星人が現れ、ブービートラップの主砲をぶっ放し、
政治家に急かされて緊急発進すれば
重力制御ユニットが脱落して勝手に飛んでいき不時着(墜落?)と
図柄のような颯爽と飛び立つ雄姿とはほど遠かった進宙式。

ストーリーを知っている我々の、未来からの視点に立つと
どうしてもそのマイナスイメージは拭えないわけで、ギャグにしかなりません。

では、描写こそされていなかったけれど
作中の進宙式で、統合軍が記念品として作り
配布(販売)したものだと仮定すればどうでしょうか。
なるほど、それなら日付入りで、
颯爽と飛び立つマクロスの雄姿が描かれていても納得です。

しかし・・・

進宙式の時点では左腕(?)にプロメテウスはドッキングしてないし
そんなことは想定もされていなかったんだよ


どう考えてもおかしいよね。


追記:
認識番号ていうんですか?
劇場版 愛・おぼえていますかの中でも"SDF-1"と呼称されてたので
すーっと流してましたけど、
これって、ひょっとして Super Dimension Fortress の略?
ださっ!!!

自軍の宇宙船に"超次元要塞"なんて冠つけるセンスがありえないッス…
posted by BIE at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月26日

インフルエンザ

かかってしまいました・・・
タミフルが効かないという、今話題のAソ連型

ディケイド第1話とガンダム00第16話のレビューは
全快してからになります。

悪しからずご了承ください。
posted by BIE at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月10日

鉄腕バーディー DECODE '02

第二期はじまりました

birdy02.jpg
絵柄の変更ありません
思ったより好評だったみたいですね
設定もそのまま引き継ぎ、第一期のまんま一ヶ月後から物語が始まりました

今作ではゴメスやレビが表に出てくるんじゃないかと思ってたんですが
どうやら新キャラごっそり登場で
まったく別の組織による完全オリジナルになるようですね。

レビに関しては原作でも、その性格や行動心理
これまでの経緯などがほとんど描写されていないので
勝手に発展させにくいのかもしれませんね

まぁいちいちレビューするほどでもないので
第二期終了後にまとめて書こうと思います。
posted by BIE at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月04日

あけましておめでとうございます

おくればせながら
あけましておめでとうございます。

年末年始PCから離れていたので一切書き込めませんでした

数少ない来訪者の皆様
本年もよろしくご愛顧ください。
posted by BIE at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月17日

みんなワンピースに飢えているのか

わが「コギト・エルゴ・スム」は
実に細々と運営しているニッチなブログなんですが
ありがたいことに、最近検索エンジン経由のアクセスが増えてきてるんですよ

ご来場の皆様、ただいまよりトライダー本当にありがとうございます。

ではどんな検索ワードで辿ってこられているかというと
なぜかこれがワンピース関係のワードばっかしだったりします。

kensakuword.jpg
みごとに100%ワンピ関連
真贋あやしい526話のバレに関するキーワードまであります

最近はNARUTOやBLEACHに押されて人気も下降線かと思っていましたが
どうしてどうして。
こんなに人気あるなら来年の劇場版やめなくてもよかったのに・・・

ま、それはともかく
今週は休載でしたし、更にそれが合併号だったので
来週はジャンプ自体出ないんじゃないですかね(未確認)

もう1週待たされるのは非常に辛いですが
この検索結果がワンピの人気を物語っているようで少しうれしいです

インペルダウン編いい感じに盛り上がってきてますから
皆さん続きを読みたくて仕方ないんでしょうね

さてエースとルフィはどういう再会を果たすんでしょうか
ハンコックは?ジンベエは?牛頭は? ワクワク・ドキドキ
僕も早く読みたいです。
posted by BIE at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月14日

もろびとコゾリーテ

クリスマスシーズンです。

世の中クリスマス一色なんでしょうが
自宅で仕事をしているヒキコモリの僕にとっては
クリスマスソングを耳にする機会もテレビの中だけになってしまいました

そんな僕でも子供の頃は、小学校や地域の子供会で
クリスマスソングを楽しく歌うこともあったものですが

「もろびとこぞりて」という歌があります。

もーろーびとー こぞーりーてー しゅわー きまーせりー

これ子供には意味分かりませんよね。

僕は30才手前になるまで、何かの呪文だと思っていたんです。

シュワキマセリ
オーパッキャマラー

・・・・似たようなもんです。
posted by BIE at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月13日

ファンタ

コカコーラの炭酸飲料「ファンタ」

僕たちが子どもの頃、ジュースと言えば
ファンタプラッシーだったワケなんですが

今、ファンタ日本発売50周年を記念して
“歴代人気フレーバーシリーズ”なるものを復刻販売しているそうですが
そのラインナップが「?」って感じ

第1弾:グレープフルーツ
第2弾:パイナップル
第3弾:ピーチ
第4弾:青りんご
第5弾:フルーツパンチ

・・・えー   ?
何? このラインナップ。 全然「歴代」と違うやん!

今は亡きファンタの人気フレーバーといえば
「ゴールデンアップル」に決まってるやん!!

たまに観光地とか行ったら、カップ自販機で未だに売ってたりすることあるから
選にもれたんかもしれんけど、
懐かしのあの味いうたらゴールデンアップルでしょ!

もしくは「糖尿になる」いうて一時販売停止になった昔のグレープ

あかんあかん。全然あかん。
第一弾からやりなおせコカコーラ。
posted by BIE at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記