2008年10月24日

省庁

観光庁消費者庁

国民と国家のために新しい専門の部署を作るらしいですけど
これって今一斉に淘汰されようとしている
天下りのかわりに
新しいポスト作ってるだけじゃないの?

どうせ天下りだって無くならないだろうし
無駄に税金費やすだけのような気がしますけど
どうなんでしょうね
posted by BIE at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月18日

人造人間16号の正体

本当に何を今さらというような話なのですが、ドラゴンボールのおはなしです。

物語後半
戦闘力のインフレ化が著しかったフリーザ編が終わって
人造人間編というのがありました。

未来からやってきた少年トランクスの話通りに人造人間を迎え撃った悟空たちでしたが
現れた人造人間19号・20号はトランクスのいた世界で猛威をふるったやつとは違いました。

そして更に強い17号と18号、トランクスも見たことがない16号も出てきて
その上トランクスより更に未来からやってきた人造人間セルをも交えて
話はもうしっちゃかめっちゃかになっていきます

フリーザ編の途中から話の大筋以外はずっとデタラメに展開しており、
段違いのパワーを見せられもうダメだと思ったら
01_infre.jpg
パワーアップした悟空(もしくはベジータ・ピッコロ)がそれを圧倒し、更に一段階変身した敵をも更に越える味方が現れ・・・の繰り返しと、ストーリーは完全に破綻していました。良く人気が続いたものですね。

おそらく編集部のゴリ押しでムリヤリ連載を続けさせられていた鳥山氏
本誌によるリサーチとブレーンの思いつきで展開をどんどん変えていったと思います。
キン肉マンを例にとっても、ジャンプマンガでは当たり前のことですが
細かい矛盾とかではなくて、この人造人間編には明らかな方向転換の跡が見られます。
それが16号です。

02_monosizuka.jpg
新展開のテコ入れとして満を持して登場したカタチとなる16号ですが、当初その存在は謎だらけでした。
悟空をたおすために造られたことと、完全機械タイプであること以外すべてが謎です。

03_nazo.jpg04_humanbase.jpg

その後セルをたおすために自爆しようとしますが、
05_jibaku.jpg
体の中の爆弾はブリーフ博士によって取り外されていたため自爆することができず
セルに破壊されてしまい、悟飯が力を出すきっかけこそ作ったものの
最後に残った頭部もあえなく踏みつぶされてしまいました。
06_kubidake.jpg

さてここで考えてみましょう。16号を登場させた意味があったでしょうか。
ずいぶん意味深に登場したわりには、存在目的の悟空とからむこともほとんど無く
犬死にのように死んでしまいました。16号の果たした役割はほかの人でも可能なんです。
ここから考えると
当初、16号の登場にはもっと意味が持たせられていたハズなんです。

まず
現代に再びやってきたトランクスは19号を知りませんでした。
07_minna_nanito.jpg
このあと本当に恐ろしいのは17号と18号だと皆に伝えますが、ここがまずおかしい。
3年前に来たときにトランクスは19号と20号の脅威について語っており
人造人間の設定が後付けで変更されたことは明らかです。
08_3nenmae.jpg

おそらく19号20号を登場させたものの、格好良くないし愛嬌もない敵ということで
読者の評判が悪かったんでしょう。急遽、本当の敵は別にいることに変更
17号と18号そして、物静かだが一番恐ろしく
さらに悟空に何らかの因縁を持つ16号が設定されたと想像できます。

では、当初の予定では16号の正体は何だったんでしょうか。

・無口、無表情
・自然や動物が好き、悪いことが嫌い
・体の中に爆弾
これらの特徴をもった、レッドリボン軍に作られた人造人間といえば

そうです。人造人間8号こと「はっちゃん」ですね。
09_8gou.jpg
16号の正体は再調整されたはっちゃんが記憶を消され、
悟空を殺すことだけを目的にプログラムされ再登場。
完全な機械故にプログラムに逆らえず、
恩人だったはずの悟空とたたかうことになる哀しい運命。
しかしラスボスがそれではインパクトに欠けるので、変更して
「もっと悪いやつを」ということでセル登場と相成った。

というのが僕の仮説です。

実はこの仮説は連載当時から僕が友人に語っていたんですが
誰一人賛同してくれる人がおらず、悲しい思いをしていたものです。
そのうち自分でもそんなことを考えていたことすら忘れてしまい、
最近ドラゴンボールを読み返して思い出しました。

同じ考えの人がきっといると思うんですが
知る限りでは同じ説を唱える人を僕は見つけられなかったので、今更ながらここに書くことにしました。

最終的には、物語終盤で元気玉に協力するその他大勢ではっちゃんは再登場しますが
10_last.jpg
初登場の時点では16号の正体ははっちゃんだったに違いないと
僕は今でも確信しています。
posted by BIE at 11:54 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月04日

鉄のラインバレル 01話

GONZOってこんなんだっけ
ジンキも酷かったけど・・・

CGのメカ、平井キャラ、絵柄も声優もなんだかちぐはぐで非常に散漫な感じ
第一話なのに全然作品世界に引き込まれません。

主人公の性格が、これまで見たこともないほど卑屈でネガティブな
オタクの典型のようで見ていて腹が立ちます。
それなのに、キャラの背景説明が非常に不親切なため不愉快に思うばかりで
かといってヒロインやメカの神秘性に次回が待ち遠しくなることもなく
正直、第一話の体を為していません。

「お前はもう死んでいる」とか言われても、次回に期待することもなく
ホント死ねばいいって感じです。

設定もセリフ回しも、ものすごくオタク臭い。
アニメファンが作った同人オナニー作品レベルにしか受け取れませんでした。

とにかく主人公が酷すぎです。こんなのキチガイに刃物ですよ。
もう観ません。

追記:
原作読んでみたけど、コミック版もオタク臭えなぁ

posted by BIE at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月03日

理屈っぽい

崇拝者が多いので少し怖いと思いながらも、あえて言ってみましょう。
僕はカトキハジメ氏のメカに魅力を感じません。

VガンダムとV2だけは独創的で好きなのですが
ここ数年の、理屈で凝り固まった、定規で引いたかのごとき冷たい直線の塊が
どうにも好きになれないのです。

バンダイからの発注で、平面の矛盾をなくすというのはいいと思います。
しかしそれはあくまで立体化するためのものであり
2次元には2次元の見せ方や良さがある、あくまで「別物」だということ。

僕はマジンガーやゲッターを見て育った世代ですから
ロボットは正義の味方であり、男の子の憧れでした。
そこには「燃え」が必須だったのです。

勘違いしないでいただきたいのは、
僕は決してアンチではないし、
永野護や大河原邦男や大張正巳や金田伊功らと比較する気も全くありません。

ただ、カトキ氏をはじめ、同じ方向性でなされたメカデザインは
「燃え」とは対局にあるもので
科学的な根拠(っぽいもの)や、理論的な説得力(っぽいもの)で
塗り固められた、堅くて冷たいゴタクの塊にしか感じられず
「ああ格好いいな」と一瞬思うことがあっても
惚れ込めないと言っているのです。

ガンダム以降ロボットアニメは勧善懲悪ではなくなり
敵には敵の正当性があり、そこにドラマがあるとする作品が増えました。
ウルトラマンは怪獣にも人権(?)があるので倒さないで済ましたり
仮面ライダーはライダーどうしで大バトルだ。

もはやアニメや特撮が子どもたちのためだけに作られていない
という背景があるため、仕方ないのかもしれませんが、
単純な娯楽作品ではなくなったというのはなんとも寂しい話です。


話を戻して付け加えると
近頃のカトキ氏のデザインは、すべて他人の作ったものが下敷きにあって
それを再構築しているだけにしか感じられません。
バンダイの仕事に限って言うと
他人の作ったものを揚げ足取って、理屈を付け足したものを
自分の手柄みたいに「ver.ka」とか言ってるし
それが悪いとは言いませんが、元を考えた人へのリスペクトが足りないんじゃないか。
空想科学読本なんかと同じで、元を作った作家さんに失礼な行為ですよ。

過去のメカは、どんな矛盾があろうともその時点ではそれで完成してるんですよ。
同人作家やガレージキットがするならともかく
「ガンダムのメカは、今日からカトキがスタンダードですから。」みたいな
バンダイの姿勢は、とうてい納得できるものではありません。


たとえばゲッターロボの完全変形玩具を作った人がいます。
そりゃスゴイ。すばらしいと思うし努力は買う。
しかしゲッターを楽しむためには、そんな理屈はいらないんです。

考えるんじゃないんです、感じるんですよ。

今の子どもたちにもっと必要なのは
知識を蓄えたり理論武装することではなく、感受性を高めることじゃないでしょうか。
(・・・と強引な締め。)

posted by BIE at 12:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月29日

マクロス・バーディー・ギアス

マクロスF
鉄腕バーディーDICODE
コードギアス反逆のルルーシュR2
が、相次いで最終回を迎えましたね。

【マクロスF】
最後はてっきり「ランカ!お前が好きだ!お前が欲しい〜!!!」で
ラブラブ天驚拳エンドだと思っていたのにガッカリです。(嘘です)
結局アルトはどっちにもイイ顔して、
当人たちが下で「負けません」×「受けて立つ」ってやってるのをヨソに
気持ちよく空飛んで終わりってのは酷すぎです。

劇場版は総集編らしいので今のところ期待感ゼロ

【鉄腕バーディーDICODE】
第二期決まってるのに、つとむの体戻っちゃって次どうすんだ?
と思ってたら「俺ごと撃て!」「今度は治るのにどのくらいかかるのさ」ときました
なるほど。
今作はほとんどオリジナルでしたから
第二期はレビとかゴメスがもっと絡んでくるんでしょうか
賛否あったヌルい絵柄も僕的には好きです。第二期は変わっちゃうんじゃないかと思いますが。

そんなことより「さやかー!」「つとむー!」は違和感アリアリでした。
こっちがラブラブ天驚拳じゃん。

【コードギアス反逆のルルーシュR2】
まあ遡れば言いたいこともいっぱいありますが、
「ルルーシュの戦いはこれからだ」みたいな男坂エンドが危惧されてましたから
うまく畳んだ・・・畳めてないけど、うまく締めたんじゃないでしょうか。
ルルーシュが皇帝になった時点で結末が読めてましたけどね。

シュナ兄にギアスかけるとき、
今更なぜ「ゼロに従え!」なのかと思っていた疑問が解決されたのは妙にスッキリです。
個人的には扇が首相になったのと、アーニャがジェレミアとくっついたのが納得いきません。

マクロスとギアスはネット上でそれぞれアンチが多くてうんざりでしたが
僕はどっちも楽しませてもらいましたよ。それなりに。
ガンダム00は一期が面白くなかったのであまり期待してません。
posted by BIE at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月25日

ヒロイックエイジ

本当に今更なんですが
今「ヒロイックエイジ」を観ています。

本放送中はまるで気にも留めていなかったんですが
友人が面白かったと言っていたので観てみました。
まだ半分くらいなので物語に関してはなんとも言えませんが
虫が・・・・

嫌ですねぇ・・・虫。
作中で敵の傀儡として襲ってくる先兵「青銅の種族」ってのが
イモムシそのもののカタチでしかもデカイ・・・
それが平和だった地球を滅ぼしたってんだから
想像するだけでサブイボ出ますよ。

何年か前に、ヨメがベランダで育ててた朝顔に毛虫を発見して
僕が始末させられたんですが
ヨメほどではないにせよ、僕だって毛虫なんて嫌いですよ。

しょうことなしに割箸持ってベランダ出たら・・・
1匹2匹やないんですよコレが!

4〜5cmくらいのでっかいイモムシが、そりゃもうわんさと貼り付いてて
1匹(1個?)ずつ割箸でつまんで引っぱがしていくんですが
その「ぐにゅっ」ってリアルな感触が気持ち悪くて
それを40〜50回実感して・・・

ああっ!!!
思い出しただけでサブイボ出るっ!!!


ちょっとしたトラウマですよ。コレは

テッカマンブレードとか好きになれなかった理由はこういう資質があったからかも
単純に大張がキライとかそんなことでなく・・・ナウシカは平気だものな。


posted by BIE at 13:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

ゴールド・エクスペリエンス

料理に金箔が乗ってるのってありますよね。

アレって『無駄の極み』だと思いませんか。

まぁ料理に飾り付けで”まぶす”程度の量で
値段がいくらとかは、このさいどうでもいいですが
金ってのは一応レアメタルのひとつで有限なんですよ。

世界中の金の量ってのはほぼ把握されてて
埋もれたままの金はもうほとんど無いと言われてます。

携帯電話の回路に使われてる金を回収して再利用するとか
相当苦しいリサイクルが為されている中、なぜ食う?

金ってのは確か最も分子構造の安定した物質なんですよね
てことは、
食っても、溶けたり吸収されたりせずそのまま排出されるんですよ。
当然便所に流された金を回収する方法なんか無いワケで
(今後発明されるかもしれませんが)
もったいないことこの上なし。エコの対極を行く行為ですよ。

正月に実家へ帰った際、うちの父親なんかも
「正月くらいはちょっとゴージャスに金箔入りの酒じゃ」
なんてほざいてましたが

こういう紙幣で尻を拭くような昭和の成金的発想を
テレビでも「めっちゃ豪華」「美味そう」とか流すのは
すごく不愉快で遺憾に思うのですよ。

金箔エステなんてもってのほかですよ。

そんな中、僕が何をしてるかというと
ええ、当然金に投資していますとも。詳細は言いませんが。
posted by BIE at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月22日

排ガスのせい?

仕事中の移動の脚はもっぱら原チャリなわけですが
都市部の移動に原チャリ使ってると
黒とか紺色のパンツとかジャケットが赤茶けてくることありませんか?

パンツの太ももの部分と、ジャケットの肩から腕にかけてが
日が経つにつれ赤茶色になってくるんですよ。

革とかそんないいモン着てませんから
赤茶けてきたら、クリーニングに出そうが漂白しようが
もう何やってもダメなんすよ。

そういえばガソリンってピンク色してるし
これって排ガス浴びてるせいじゃないの?って思うワケですよ。

当然シャツだって同じように浴びてるんだろうけど
シャツは1回着たら洗うじゃない
だから月に1回くらいしか洗わないパンツや
年に1度クリーニングに出すかどうかのジャケットは変色してしまうと・・・

絶対そうに違いない。あれは排ガスのせいだと勝手に結論づけます。
でも真相を知ってる人がいたら教えてください。


あんな空気吸ってると考えたら・・・ヤだなぁ
posted by BIE at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月18日

白髪

ちん毛に白髪を見つけるとヘコむ・・・
posted by BIE at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年09月16日

垂れはじめ

「我思う、ゆえに我あり」という大層な表題に
大仰な意味などありません。

日々憤慨することばかりの昨今、
それに対して何を働きかけることもできない無力な僕は
わずかばかりのストレス発散のために
自分の感じたことを感じたように発言したい。

「王様の耳はロバの耳ー!」は人に聞かれないための発言ですが
かろうじてブログという形で記録に残るというのが
無力な僕のささやかな抵抗とでも言いましょうか。

世の中で起きているいろいろな事件
身の回りで起きたごく他愛ない出来事に対して
さほど裏付けも取らずに勝手に意見します。

以後、よろしくお願いします。
posted by BIE at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記