2009年03月18日

キャシャーンSins 24話(最終話)

ブライキングボスの杞憂 ルナによって世界は本当に救われたのか


限りある生を受け入れ、残された時間を有意義に過ごすという
本来、生命が持つ価値観に立ち返ったことで充実感を得たリューズとオージ
図らずもその価値は、異変以前のルナが皆にもたらしていた美徳。

その充実した短き時間を謳歌するリューズを
悲しそうな目で見つめるのはやめなさいよ、キャシャーン。
お前がリューズの限りある生命の価値を貶めてどうする

なんだか絵本チックな背景美術
cass_24a.jpg
ポポロクロイスやとんがり帽子のメモルじゃないよね?

海を見に行こう
そんな明日あるかどうか分からない機械の身体で
太股まで海に浸かるのはどうかと思いますよ、リューズさん。

あなたを殺したりしなくて本当…よかった…
リューズの涙は、想像もしていなかった幸せな今の暮らしへの感動と
その終わりが近いことを悟っている哀しみ

その頃オージはすでに活動を停止していましたが
オージに楽しげに話しかけるリンゴが泣けます


一方、命からがら助けを求めるロボットの群れに
死の臭いがするものは一掃せよと、無慈悲なルナ
"死"は穢れた悪よ…滅ぼさなければ…
お前は昔と同じように"死"をばらまいているだけだ、とボス

ルナは、生ある者には永遠の命を、死の臭いのするものは即時消去。
そうすることで、"死"のない永遠の生命に満ちた世の中になると考えている。


幸せを噛みしめて、その"生"を終えるリューズ

死を忘れると…、どうして"命"まで忘れてしまうんだろう…
ルナに救われたロボットたちが"生命"の価値を捨て
空虚な破壊の連鎖を産み出している矛盾

雨の中ルナの居城を目指すキャシャーン
キャシャーン!何しに来た! 現れるザコロボ多数
キャシャーン本来の肉体アクションでそれらを駆逐していく
ここで超破壊光線とか出たら個人的に感激だったんだけど…ま、無いよな。

ブライキングボス登場
今さらお前と戦う意味もねェが…、ここへ連れてきた奴らを背負ってるんでな…
ボスはボスで、世界を"滅び"へ導いた責任と償い
ロボットの無限の命とやらに疑問をそもそも感じていたのかもしれません
個人的な理由ではなく、ルナに救いを求める者全ての代弁者…
ロボットの代表=ブライキングボスとしてキャシャーンに挑みます。

制作発表時からずっとコレジャナイ感満点だったけれど
内海賢治声でとりあえず納得していたボスですが
ここへ来て、帽子をかぶり露わになったマントの下の姿は
cass_24c.jpg
正にブライキングボス! かっこいい!

お前もルナも、俺たちが生と死なんてモノに手を出したツケなのかもしれねェ
キャシャーン、ボスを撃破してルナの元へ

ルナを殺さないのはルナを求めるものたちのため
空虚な永遠の命を与えようとも、生きられるならその方がいい
ただし、"死"を忘れるな。忘れたらその時は、戻ってきてルナを殺すぞという意味ですかね
しかしルナの目には悪魔の姿にしか映っていないワナ

エピローグ
キャシャーンは伝説となり、死を知らないものにとって死を語る題材となった
そしてリンゴは…



えー、結局リンゴは人間でした。
オージは今となってはそんなことどうでもいいで片付けてましたけど
全然どうでも良くないよ。
リンゴの出自の謎は、ただの捨て子だったでお終いですかい?

フレンダーが"滅び"の影響を受けなかった理由も
こんな荒れ果てた時代に、一般ピープル(ロボ)のペットだったフレンダーが
カスタムパーツ満載の美しくも贅沢な作りだったことの謎も未解明のまま

それどころか
ルナとキャシャーンの間に何が起きたのか
ルナの力、キャシャーンが不死身の理由、世界に"滅び"が蔓延した理由、
かつて、死を与えていた頃のルナのナノ細胞が、後生大事に保存されていた理由も
レダが受けた、ロボットに子供を産ませる実験の顛末も
一切がボンヤリしたまんまなんですが…


"花"について
この作品では美しいもの、守るべきもの、そして生命循環のメタファーとして
メインテーマに使われています。(OPテーマが青い花であることも)

この作品ではロボットと人間以外、生命と呼ぶべき存在がほとんど登場しない
犬猫は当然のこと、虫とか草とかまるで出てこない
荒涼とした岩山や荒野ばかりだった。
そんな世界でリンゴの存在が価値あるものになってくるんですが、
じゃあ、他の人間いらないじゃん。

人間が滅びて、ロボットだけが永遠の命を享受していて
その不自然さを是正する存在としてのルナ
一縷の希望としてのリンゴ
だったら良かったんじゃないかと思うんですが…


でも、この作品はこのボンヤリ感でいいような気がします。
なので、次の言葉を最後にこの作品への批評は以後一切しないことにします。

僕はおもしろくなかったよ
posted by BIE at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャシャーン

2009年03月11日

キャシャーンSins 23話

俺は…二度と、誰の墓も作らねぇ…
何処かへと向かい歩き続けるブライキングボスとその信奉者



キャシャーン VS ディオ
戦う意味を自問するも、全ての答はとりあえず
ディオの、戦いに賭ける強い生命力に今は共感する
戦いの中に"生きる"ということに価値を見いだすキャシャーン

変わり果てた姿のレダは、ルナへの怒りをあらわに
影から見ていたリンゴに襲いかかりますが、リンゴの無垢な瞳に畏怖を感じます
レダを恐れないリンゴ「痛いの…?」
リンゴに触れられたレダの脳裏に何かのヴィジョンが「お前は…」
リューズが現れると、醜い姿を隠すかのように去るレダ
 
復讐に燃えるレダを瓦礫で一刺しするルナ
せっかく永遠の命を授けたというのに、あなたは"滅び"の匂いしかしない
あなたには、"死"しか与えられない


レダの悲哀 わたしだって…新しい命を授かろうとした…
レダの場合、叶えられなかった願いへの執着が"生"への活力
慰めとして求めた"美しさ"も、醜い姿に変えられ、
止めにお腹を刺され、レダは絶望の極み

キャシャーンとディオの戦いにも決着が。
勝った…、キャシャーンに勝った。
キャシャーンを貫いた腕からまたたく間に砕けるディオの身体
俺は本懐を遂げたから、もういい。レダを救ってやってくれ。


キャシャーン、あなたも"滅び"の醜さ、"死"の愚かさがわかったでしょう?
あなたこそ王に相応しい。ここに永遠の国を作りましょう、わたしと一緒に。


ここには価値のある"生"はない。命はあっても、誰も生きていない
生命とは、もっと燃えるような輝きと力を持っているもの
僕は、死なない代わりに、"生きる"こともできない!


あの日、わたしを殺しに来たあなたは美しかったのに。


キャシャーンに殺されたとき、ルナの中にあった"死"がすべて世界に流れ出した
そしてルナとキャシャーンは"死"から解き放たれた

意味分かりません。どう解釈すればいいんでしょう…

僕はもう戦わない
限りある命を燃やして"生きる"ために、一緒に行くリューズとリンゴ


ディオの亡骸を胸に、ひとときだけ燃え上がり死をも恐れない"生きる"ことの価値を
理解したレダは、血の涙を流しディオと共に朽ちていくのか。


ルナの元へ到着したブライキングボス
待っていました。あなたと永遠の国を。
キャシャーンにフラれたらあっさり鞍替えのルナ
一方のボスももう一度ロボットの王国を。とか言っています

あと数話
相も変わらずマッタリしていますが、
ここから終盤は小林靖子にゃんが脚本を書くようなので、
各キャラクターの行く末とドラマの結末をなんとか期待しましょう

キーとなるのは、今回レダも何かを感じたリンゴの正体です。

ルナとキャシャーンの不死の理由は今回語られましたが
ボンヤリしているのでもっと解説が欲しいところですが
それを子細に求めるのはこのドラマ的に野暮な感じもします。
posted by BIE at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | キャシャーン

2009年03月04日

キャシャーンSins 22話

永遠の命と人々の羨望の対象になれることに有頂天のレダ
美しいもの、優れたものを際立たせるにはダメな存在も必要
そして施しを与える存在として君臨したいという、これは女の欲望の権化

そのレダの条件をすべて受け入れるルナ

辛抱たまらず、跪いてルナの血を乞うレダ
ああ…私の滅びが終わる…
ルナの血はマゼンダ100%みたいな真っピンク

さっきちらりと見えた銀色の瞳は元通りに
もう"死"は見えない。笑って去るレダへのルナの表情は「ふふっ」て感じ?
このルナの表情の意味するところは何なのか。

鎖につながれたボロボロのキャシャーン
瞳孔は開き、表皮(着衣?)は剥がれ落ち、大量の血を流し
それでも再生しようとする肉体


今世界を握っているのは私。そして…きっと私は更なる高みへ
レダの言う永遠の命とは、出産による生命の連鎖を産み出すこと
命を産み出し、神に等しい存在となること

俺はキャシャーンと戦って勝ちたいだけという
ディオの男としてのこだわりに耳もくれず
私が支配できない存在は邪魔にしかならないのよ

これはもう、男の最たるエゴ(美学) VS 女の最たるエゴ(欲望) のぶつかり合い

レダが自信満々に力ずくで無理を通そうという、まさにその時
直ったはずのレダの右目が砕けて割れた。なんで!癒しを受けたのに…

リューズとフレンダーはキャシャーンを救いに潜入していましたが
すんでの所で、ディオがキャシャーンをさらって逃走


ルナに詰め寄るレダ
これはどういうこと!?  完璧でなければ、美しくなければ意味がない
足りないならもっと血をもらう

少し"癒し"が多すぎた? 
ルナの血の池にヤク中の廃人みたいに横たわり苦しむレダ
cass_22a.jpg
右手がおかしな形に変形しているように見えます

再生に苦しむキャシャーンを見守るディオは
まるで杉野昭夫が描く矢吹丈のごとき静かな表情
cass_22b.jpgへへっ、おっつぁんよぅ
その間にもディオの肉体の"滅び"は進行中

永遠の命を手にしたら、今のこの飢えるような気持ちが消える気がした
お前と戦えれば"滅び"など、どうでもいい 男です。
進んで滅ぼうとしているディオに強い生命力を感じるキャシャーン

死ぬ怖さも生きる喜びも、死ねない僕にはわからない、絶対に。

生きる喜びというものがあるなら、俺には間違いなくお前だ!

さぁ、ようやく盛り上がってきました
posted by BIE at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャシャーン

2009年02月26日

キャシャーンSins 21話

死は恐怖、死は闇。
死ぬことから逃れることさえできたら、皆ずっと幸福に"生"を享受することができる


キャシャーンが抱く"死ねない苦しみ" 反面、人々が求める癒しは滅ばない肉体
わたしがしていることが悪いことだと言うの?

ディオとレダもまた不死を求めてルナを目指す
待ってなさいルナ、私のものにしてあげるわ…
実に女らしい嫉妬と欲望をみせるレダ、ラスボスはこいつなのか…

行きましょう。もうここに用はないわ
滅びを恐れながらも、ルナの救いは要らないというリューズ
熱を出し倒れるリンゴ

永遠に生きる者たちの街
享楽の果てに自殺の真似事に興じたり永遠をもてあます堕落した人々
"滅び"のない世界がコレなのか

ドゥーンのように、"滅び"を受け入れる覚悟が無いのなら
ルナに救いを求めた方がいい
とキャシャーン
これもまたリューズを思っての発言なのだが
他人事としてしか言えないのがまたツライところです。

キャシャーンの美しい肉体に憧れながら
それでもルナの癒しを受けたら何かが違ってしまいそうで
それならこのままの方がいい
、とリューズ

ルナのナノ細胞を解明するべくパーティから離れていたオージが合流
"救い"なんかじゃない。ルナが与えるのは"死"だ。

かつて人もロボットも永遠の命を享受していた
その歪んだ世界でルナが与えていたのは「死」
永遠の命が溢れたイビツな世界に、生き物としての"寿命"を与えていた
「死」があってこその、本当の「生」

しかし、今のルナは本当に"癒し"を与えている
過去のルナと今のルナ
ルナに変化をもたらしたとしたら、その原因はキャシャーンしかないでしょうね

ルナの癒しを受けた人々ロボロボを目の当たりにして
リンゴをルナに診せたいというオージ
反対するキャシャーン

生き延びることを否定するなら、なぜ戦う?
お前は不死身だから綺麗事が言えるんだ
お前には死の恐怖も苦しみもないじゃないか


その言葉を受け、デンドロ軍団の攻撃に無防備に身をさらすキャシャーン
以下、次回へ続く。
posted by BIE at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャシャーン

2009年02月17日

キャシャーンSins 20話

ドゥーンの思い出
花畑を嬉しそうに歩くルナ「花は何故咲くのだと思う?」
無言でかぶりを振るドゥーン
「みんなを幸せにするためよ
 みんなの笑顔のために花はこうして咲いてくれるの」

「あなたに永遠の癒しを」華を一輪摘んで差し出すルナ
まともに動いてるルナがようやく出た! 何だこのちんちくりん


枯れた大地を彷徨うドゥーン
ルナだけをひたむきに想い、青い花畑でようやくルナと再会

とある町にたどり着いたキャシャーンたち
本当にこの町にルナは居て、滅びを止めているの?
うるせぇなぁ 自分の気持ちがどうあれキャシャーンとともに行くって
前回決心したじゃんかよ…
お前がそういうこと言うとまたキャシャーンもグズり出すからやめろよ

だいたいこの作品は前回までで消化したネタを蒸し返しすぎだ。
だからストーリーが進まないんだよ

ルナは自らの"血"を使って癒しを与えているらしい
キャシャーンがルナの血を浴びて不死身となったことの真相に近づけそうです

居た。

ルナキャンプで順番を待つ人々ロボロボ
その中では争いごとが絶えないという
癒してもらえるアテができたら傷つくのが怖くなくなったらしい。なんと勝手な…

破壊されてしまったロボは、まだ息があるのにロボットの墓場に捨てられる
死んだも同じ… もう、癒せないわ…
枯れてしまった花は嫌い 埋めてしまって新しい花を植えるの
とルナは言う

この町も、ルナも、思ってたのとまるで違う。
ルナ…きみはいったい…


ルナを狙う野党来襲
野党を蹴散らすドゥーン しかし昔ルナに貰った花をかばい負傷
キャシャーンが現れ野党を根こそぎ倒しましたが、ドゥーンは虫の息。
やっぱりルナに癒してもらいましょう
ルナはかけがえのない光。おれは見つめるだけでいい
ドゥーンの想い描くルナは実に可憐で優しく美しい
よもや声がクレヨンしんちゃんだとは誰も思うまい。

そこへ現れたリアルルナ
冷徹に無表情な目でドゥーンが差し出す枯れた花を見下し、
死の香りがするものは嫌いよ
あなたのために戦ったのよと迫るリューズを他所に
もう癒せないと見捨てて去りました
ひでえ!

太陽は何も与えない… 花が咲く意味などない… ただ咲いて枯れるだけ…


その頃ブライキングボスは、その昔アンドロ軍団の基地があった場所へ
ボス自ら手下の墓を作り続けたというその場所が落ち着くから居るという千葉声の男
EDでは墓守の男となっているそのロボはどう見てもアクボーンなんですが、さて。

わたしは癒しを与えし者 わたしはただ…癒し続けるだけ…
君は誰も救っていない。死が醜いだなどと…
旅の果てに感じたものは、希望でも絶望でもなく………怒りだった。

たどり着いた場所に真実はなく、ただ"希望"と言う名の虚像のみがある。
次回:失望の楽園
ルナの真実に直面し、ルナを求めるレダ、キャシャーンを求めるディオも入り乱れ
ラストに向かってようやくまともにストーリーが動き出すと考えたい。
posted by BIE at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャシャーン

2009年02月09日

キャシャーンSins 19話

今週はいつもより早いですがネットで見つけたので。

キャシャーンの永遠
わたしの滅び…
降りしきる雨はリューズの心象風景か
前回割り切ったと思いましたが、まだ引っかかってるようです


リンゴが見つけた城へ向かっていると
突然あらわれ襲ってきたカストルとヘレネ
戦いの要所でキャシャーンにかばわれ、女型のヘレネにもかなわず
貧弱、貧弱ゥとばかりに、戦う意味も価値もないとまで言われる始末
rituko82P.jpg無様ね
すっかり自信喪失してしまいました。

どうでもいいけど、横っ腹蹴られてゲホゲホむせるのはやめなさい。
ロボなんですから。

オージが話した怪物の話 「ヒュドラ」
cass_19a.jpg
いや、なんだかタイムリーだったのでつい。

強さと生命力が羨ましい…
いつか身体中がきしんで崩れてゆく…
じゃあ水から上がれよ。リンゴに錆びたらどうするって言ってたくせに!

キャシャーンに復讐できれば命など惜しくなかった
なのに何故こんな気持ちになるのか…
キャシャーンと一緒に居たいがゆえの死にたくないジレンマですね

滅びが進んだこの世のものとは思えない花畑
走り回って遊ぶリンゴとフレンダー
なんだかBGMがドロドロしてると思ったら
花畑の生命力に当てられたリューズは昏倒してしまいました

朴念仁のキャシャーンですが君が心配なだけなんだという台詞に
リューズへの想いを感じられます。
が、キャシャーンに身体を気遣われさらに惨めになったのか
あなたは美しく滅びない、私はどうすればいいのか分からない
前回の決意は無かったことに

リューズ壮絶な愛の告白
わたしは何?
戦うこともできずただ滅びを待つだけ
キャシャーンへの気持ちを見届けることさえできない
わたしを壊しなさいよ。せめてあなたの手でこの苦しみを終わらせて…


俺も…何度どう思ったか…
えーそれって逆効果じゃ…まあいいや。

紆余曲折ありましたが、とにかく"生きる"決心をしたリューズ

行きましょう…生きるために。
posted by BIE at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャシャーン

2009年02月06日

キャシャーンSins 18話

砂浜で転んでなく少女
もう一人の少女近寄って「守らなきゃ」
「…守らなきゃ?」
「守らなきゃ」「守らなきゃ」「守らなきゃ」「守らなきゃ」走り去るふたり
幼き日のリューズの記憶なのか…  …幼き日って…オイ


casshern-18a.jpg
怖えええええ! 貞子か!

最近夢を見るようになったリューズ
キャシャーンを殺してと懇願しボロボロと崩れ散る姉の夢
自分たちはルナを守りキャシャーンを殺すのだという幼い姉の記憶(?)

ここんとこ浮かれすぎだったリューズは自分の使命を思い出したようです
なに見てんだョ!
ルナ、この世の滅び、姉リーザの復讐を実行できないことを哀れんでるのか
ってのは完全に逆ギレ。
前回まで見てみてキャシャーン、きゃっきゃうふふ…だったくせに。

てか、その感情を抑えられないジレンマですね

夢の中の姉がいつも最後に"眼"のパーツを残して砕けるのは
見られている、見せる顔がないという罪悪感か。

もし私が人間なら、この気持ちの正体が分かるのか。
キャシャーンに恋してる


キャシャーンが滅びの中でもがいているなら、私ももがく
キャシャーンがルナを求めるなら、私も求める
キャシャーンが永遠の命なら、私は命の限り付き合う

姉の幻に別れを告げ、何か吹っ切れたリューズ
次回その感情と行動が更にエスカレートするようです

今回、作画がすばらしかったので、あとはもう少しエロかったら"神"認定でしたね

前々回はリンゴ、前回はレダがメインすぎるお話でしたが、今回はリューズ
何この熾烈なヒロインの座争奪戦

posted by BIE at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャシャーン

2009年01月29日

キャシャーンSins 17話

アバンタイトルで過去の謎を紡ぐのはもうやめにしたようですね
子供たちはともかく、この妊婦は誰でしょうか
声は小山茉美だし、容姿はレダに似てますが、さて。

記憶から消し去ったはずの忌まわしい日々を思い出したというレダ
てことは、やはりアバンの妊婦はレダか

前回たどり着いた白浜にたたずむキャシャーンたち一行
ほんとうに居るんだろうか。ルナを産んだ科学者は。
あれ? そんな展開でしたっけ

一方ルナが生まれたという研究所(?)へはデンドロ軍団の一行が
わたしもここで夢を見ていた
レダはルナのプロトタイプなんでしょうか

 はかない愚かな夢を見ていた=子供を産む幸せ

実験は失敗に終わり、レダは用なしになり戦闘タイプに改造
後釜のルナが万事うまくいき、許せなくって科学者皆殺し

ちっぽけな幸せなんか掴めなくたって、最も”美しい”のは私だ
こんな感じでしょうか

海岸で、ルナを姉や母と呼ぶ3人の子どもに会うキャシャーン一行
ホート・ホーティ・ホールター
ホールターは口がきけない
だからもっとロボットらしい説明でお願いしますよ
仕草もまんまろうあみたいにしないでさ・・・

わたしはレダ。この地上に於いて最も美しく、最も誇り高き女。
cass17a.jpg
レダというよりユダみたいなこと言い出しましたよ

誰も愛さない者に永遠はない
誰かを愛すれば永遠の命を得られる
このキーワードは後々活きてくるでしょうか・・・

永遠の”美”を手にするのは、女であるこの私
顔に傷をつけられて半狂乱のレダを止めたのはディオ
レダを連れて退散しました。意外。

リンゴがホールターの”正しき人”に選ばれた
ルナを産んだ”お父さん”とやらの残した秘密の光る石を手に入れた
オージいわく、これはルナのナノ細胞そのもの
オージがパーティから離脱しました

余談:
コミック連載を竹井正樹がやってるんだね
この人まだ業界にいたんだ・・・
posted by BIE at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャシャーン

2009年01月21日

キャシャーンSins 16話

言葉無く荒野を歩くキャシャーンとフレンダーそしてリューズ
ふと立ち止まったリューズは具合が悪そうです
前回ふらついて転んだときから”滅び”の兆候を臭わせていましたが
今回の仕草はまるで”つわり”のようです。オイオイ・・・

お花畑できゃっきゃうふふ

ねぇキャシャーンちょっと見てよ、リンゴのあの格好。
えーと・・・リューズさん? いったいあなたに何が・・・

謎の2人組に壊滅させられたデンドロ軍団のルナ探索部隊
これだけ機械文化が発達しているというのに
音声や映像を残す情報伝達装置の類は作られていないんでしょうか
カメラとか内蔵してたらディオに正体を伝えられただろうに・・・
ケータイ以下だな。こいつら。

リューズとリンゴは特別な存在 ”滅び”から解放してやりたい
ええ、誰しも近しい人間に対してはそう思うんですよ。
しかし君には世界の全てに対して責任があるハズ
どの口開いてそんな勝手なことを言うのか。

やはりリンゴは人間
絶望の淵のオージに生きる気力を与えたのが赤ん坊だったリンゴ
”滅び”にあらがうその鳴き声、”滅び”とは違う世界に生きる赤ん坊
この地獄で生きていたことは、まさに奇跡

アンドロ軍団最強のバルカンとマルス 
こんな旧式が・・・ お前が言うかよザコ兵

私はあなたに服従する。だから命だけは助けてあげて
ひどいなレダ
はじめから2対2で戦えば負けなかっただろうに

ディオ放ったらかし そこへ現れたブライキングボス

キャシャーンは心のない殺戮兵器として作られたが
今では人間のように心の強さを持ち始めている。故に強い。


癒しを与えし石にたどりついたキャシャーン一行
なんか西遊記みたいになってきた
posted by BIE at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャシャーン

2009年01月15日

キャシャーンSins 15話

回想:液体に広がる赤い色 それを無言で見つめるドゥーン、水面に倒れ込む
現代のドゥーン、咆哮をあげ、力を振り絞って無味乾燥の地を這い進む


ルナを手に掛けた記憶にショックの続くキャシャーン

あんた…大丈夫なの…? キャシャーンを気遣うリューズ
転けそうになったところを抱きかかえられ、にっこり笑って ありがとう。
なんスか?この突然の雪解けは。
姉とルナの敵は?滅びの責任はもういいんですかリューズさん。
女ってヤツは全く勝手だぜ。

ロボットの墓場で息も絶え絶え(?)のドゥーン
あの黒いカタマリは酷い言いようですな

さっきまで死んだ?死んだ?って何回も聞いていたリューズ
倒れる瞬間ドゥーンだと気付いてびっくり
知っているのか雷電
彼の瞳に捉えられたが最後、死あるのみと恐れられた最強の男、ルナの護衛。
「死神ドゥーン」民明書房刊
(違) てか、この容姿でなぜ分かる?

どこからともなくガンダムハンマー飛来
実にアンドロ軍団ぽいデザインのザコたち
Sins15_1.jpg

俄に記憶を取り戻し復讐の炎に燃えるドゥーン
リューズを吹き飛ばしキャシャーンに襲いかかる

もう、あなたたちが戦うことなんかないのに…どうして!
あなたの愛したルナは生きている

リューズのヒロイン株上昇回でした
でも、今作のヒロインはリンゴですので悪しからず


ところでリンゴさん、そのヘルメットは何?と誰もがツッコミたくなるでしょうね
取ったらやっぱり楽。でも息は苦しいや。
え!? 呼吸してるンスか? 
やっぱりキャシャーンと誰かの間に生まれた生命体なのでは…

ところで、
今回は登場しませんでしたが、ひょっとするとレダは
ディオとの間に子を作ろうと目論んでいるのではないでしょうか。
いや、ちょっと思っただけなんですけどね。

次回:新レギュラーなのか、はたまた只のゲストか
随分とタツノコテイストの新キャラ登場
Sins15_2.jpg
posted by BIE at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャシャーン