2009年06月01日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第09話

原作13話後半〜15話中盤 +16話少し

兄貴とやらに作られた鎧人形じゃねぇのか?
66の言葉が重くのしかかるアルの悩みを揶揄するように
ゼンマイ仕掛けのおもちゃが出てくるんですが
hagane_09a.jpg
テレビもないこの世界でロボットはねぇだろ

セントラルに到着したウインリィ
hagane_09c.jpghagane_09b.jpg
原作と同じく後ろにカーティス夫妻が見切れてます。

そしてヒューズ中佐に拉致られるウインリィ
中佐の家が一戸建てじゃなく大通り沿いのアパルトマンになってる
いかんなぁ、グレイシアさんもエリシアちゃんも
旧アニメ版の声の方が好みだ。先入観かなぁ。

ところで・・・
hagane_09d.jpgあんた誰?
久米田入ってるよね
posted by BIE at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師

2009年05月25日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第08話

第11話後半〜第13話中盤
48と66の登場から第五研究所倒壊まで。

旧アニメでは、死んだはずのショウ・タッカーがキメラになって登場したり
実際に囚人を賢者の石に変える実験を行う様子が描かれ、
その実験にエドが一歩踏み込んだりと、
この辺からすでに原作と違う路を歩み始めていましたが、

ま、当然今回は原作通り。違和感を感じる改変もナシ。

危惧されていたヒューズ中佐のスチャラカぶりが
原作よりも若干強化されていて満足
hagane_08a.jpgグレイシアさんキャラ違くないスか?
だって次回かその次くらいには死んじゃうし。
もっと視聴者の記憶に残しとかないと、ね。

追記:
このグレイシアさんの写真見て、エンヴィーが
この表情とポーズまんまに化けるなら今後一切の展開に対し文句言いません。
posted by BIE at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師

2009年05月18日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第07話

今回は原作の10・11話あたり
中央図書館での暗号解読から第五研究所潜入まで

前回も感じたことだが、ヒューズ中佐のスチャラカ要素が足りない
素は有能だが、見た目はウルトラC調でないと中佐っぽくない。
中佐のキャラは、前作並びに原作・およびファンのイメージに依存しているのか
細かく描写されていない。

というか、使われ方がすごく適当で、
脚本家は中佐というキャラの重要性を本当に理解しているのかと言いたい。

次回、私用電話でデレデレしている様があるようだが
所詮は短命のキャラ、尺のために切り捨てられている感じがする。
もうすぐ死ぬからこそ、少ない出番が大切なのに・・・

どういう意図なのかわからないが
ロス少尉とブロッシュ軍曹のセリフが入れ替わっていたり
66と48のセリフが逆だったり
そこは原作通りでいいんじゃねえの? って改変が各所に。

そんなことより、暗がりで66と48が、エドの侵入に気付くところで
引きにするべきだったんじゃ?
posted by BIE at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師

2009年05月11日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第06話

今回も原作そのまんまでしたね。善きかな善きかな。

どれほどまんまかって、どうでもいいモブまで原作通り
hagane_06a.jpg
hagane_06b.jpg
hagane_06c.jpg恐れ入る。

壊れた機械鎧オートメイルを修理しにリゼンブールへ向かうエドとアル
途中マルコー医師と出会い、賢者の石のヒントをもらい
リゼンブールへ。
3日間で機械鎧オートメイルを直して、いざセントラルへ。

以前僕が勝手に想像した展開より、もうすでに1話分短縮された。
次回は中央図書館でマルコーの残した資料と格闘する話で
マリア・ロス少尉もシェスカもちゃんと出てくるみたい。
賢者の石の材料をつきとめる辺りまでだろうか。

さて、今回まるで原作通りと言ったものの、
当然若干の改変はあるんですが、
マルコーの所へラストが来るくだりはカットでもOK
ただ、すごく些細なことなんですけど

機械鎧オートメイルが直ったエドが、ウインリィの話も聞かずに
アルのボディを直しにすっ飛んでいき、
その後に、片手ではできなかった髪を結い直して
すぐに組み手をはじめる。

hagane_06g.jpg
この無意識の優先順位のさりげない描写が好きだったので
カットされてがっかり。
連日徹夜のウインリィの作業を覗いてそわそわする様子なんかいらないから
ここを残しておいて欲しかった・・・
posted by BIE at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師

2009年05月04日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第05話

エンヴィーの声、コナンくんかよ。前の方が好みだな。
初期配備のホム公3人みんな声優変更されてるんですね。

おおむね原作通りだったが
大佐の無能あたりのセリフ回しが少し変わってた。
あと本当に湿気ってて煙がちょっと出た

俺みたいな一般人を
おまえらデタラメ人間の万国ビックリショーに
巻き込むんじゃねぇ!

hagane_05a.jpg
ヒューズ中佐の扱いがひどくて泣ける・・・

hagane_05b.jpg
なんか、真面目とギャグの使い分けがまるで変わってる・・・。
posted by BIE at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師

2009年04月28日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第04話

やっぱりヨキ中尉のエピソード削られてた

順当にこなすべきエピソード
ショウ・タッカーの件は今作はちゃんと時系列に沿って。
(旧アニメでは過去エピソードになってました)

やっぱり30分には詰め込みすぎな感じ
シーン転換が目まぐるしく、セリフが多すぎ
"溜め"と"余韻"が足りない。

今気付いたんですけど、背景美術のタッチがずいぶん変わってますね。
hagane_04a.jpg
印象派のかすれた油絵風というか絵本風というか
デッサンはあえていい加減に、しかもかすれて描くことで
やわらかい味を出しているつもりなんでしょうか。
僕的には、これはいただけません。成功しているとはとても言えない。



マリア・ロス少尉の声、若いな。



さて、この詰め込みすぎなペースで果たして最後まで描ききれるのか
僕なりに考えてみましたヨ


第05話 (原作:06・07話)
    スカーと遭遇し腕を破損するエド、ボディを破壊されるアル、
    イシュヴァール内乱の話
第06話 (原作:08話)
    オートメイルを修理にリゼンブールへ。マルコーとの出会い。
第07話 (原作:09話)
    ロックベル家にて。
第08話 (原作:10・11話)
    マルコーの研究資料の件。シェスカは出ないかも
    解読して第五研究所へ
第09話 (原作:11・12・13話)
    第五研究所の戦い
第10話 (原作:14・15話)
    アルの孤独。ウインリィ中央へ。ヒューズ中佐の死。
(原作:16〜19話は省略)ラッシュバレーで出産に立ち会う話

第11話 (原作:20・21・22話 +25話)
    ダブリスの師匠のもとへ。過去の修行の話
(原作:23・24話は省略)修行を経て母親を作り出した悲劇の件。1話で消化済み

第12話 (原作:26・27話)
    アルがグリードに拉致、イズミが取り返しに行く
第13話 (原作:28・29・30話)
    エドvsグリード グリードの部隊に対する大総統の掃討作戦
第14話 (原作:31・32話)
    バリー・ザ・チョッパー出現 ホークアイ中尉が保護
    リン・ヤオとの出会い(メイ・チャンは出なくてもいいかも)
第15話 (原作:33・34・35話)
    マリア・ロス少尉の逮捕〜殺害(偽装)
第16話 (原作:36・37話)
    バリー・ザ・チョッパー本体と遭遇
第17話 (原作:38・39話)
    第三研究所まで追撃。ラストvsマスタング大佐。
第18話 (原作:40・41話)
    クセルクセス遺跡でロス少尉と再会、焼死偽装の真相。
    リゼンブールにホーエンハイム帰郷、エドと再会。
第19話 (原作:42・43話)
    エド、母トリシャの墓を掘る。
第20話 (原作:44話)
    死んだ人間を再構築することはできない。
    アルの肉体は生きている。新たなる決意。
第21話 (原作:45・46・48話)
    スカーを餌にホムンクルス釣り、グラトニーを生け捕りに
第22話 (原作:49話)
    グラトニー暴走まで
第23話 (原作:50・51・52話)
    グラトニーの腹の中で
    マスタング大佐は軍本部に乗り込み囚われの身に。
第24話 (原作:53話)
    キング・ブラッドレイ誕生の秘密
    グラトニーの仲から脱出
第25話 (原作:54話)
    "お父様"と接見。リンがグリードに。
第26話 (原作:55・56話)
    エドとマスタングはブラッドレイに目をつけられる。
    スカーはマルコーと出会う。
第27話 (原作:57・58・59・60・61話)
    マスタングとホークアイの過去とイシュヴァール
第28話 (原作:62・63話)
    マルコー、スカーと共に脱走
    東方司令部のグラマン中将はマスタングと組み、
    キンブリー出所
第29話 (原作:64話)
    キンブリーvsスカー
    エドとアルはブリッグズへ。
第30話 (原作:65・66話)
    アームストロング少将の人となり。
    ブリッグズにスロウス出現
第31話 (原作:67話)
    国土錬成陣の秘密
第32話 (原作:68・69話)
    レイブン中将がブリッグズに
第33話 (原作:70・71話)
    プライドの正体
    エド、キンブリーの話に乗ったフリをしてスカー追撃
第34話 (原作:72・73話)
    エド、スカーと結託
第35話 (原作:74・75話)
    フラスコの中の小人
第36話 (原作:76・77話)
    炭坑の戦いでエド負傷
第37話 (原作:78・79・80話)
    ホーエンハイム、リオールへ。
    エンヴィーvsマルコー
第38話 (原作:81・82・83話)
    アルとウインリィ、リオールにてホーエンハイムと再会
    エド復活。
    グリード、先代グリードとリンの記憶に悩まされ脱走
第39話 (原作:84・85話)
    北と東の合同教練にブラッドレイ
    その隙にマスタング一味がセントラル進出
    アルの身体を乗っ取ったプライドが出現
第40話 (原作:86・87・88話)
    vsプライド
    セントラルではマスタング一派が暗躍
    アルの犠牲でプライドを閉じこめることに成功
第41話 (原作:89・90話)
    マスタング一派の活躍
    ブリッグズ兵とアームストロング少将も動き出す
    マリア・ロスにハボック少尉、戦線復帰
    中央司令部の人形兵器、動き出す
第42話 (原作:91・92話)
    賢者の石を使ったアルvsキンブリー&プライド
    人形兵器との総力戦
    スロウスvsアームストロング姉弟
第43話 (原作:93・94話)
    プライド、敗れたキンブリーを吸収
    エンヴィー、ヒューズ殺害を白状し、vsマスタング戦

今はここまで。

なんとか50話に収めるとして、問題は原作があと1年で終わるかどうか。
コードギアス、ガンダム00の枠だから、
2クールやって半年のインターバルを置くとかしたらどうだろうか。
それなら原作とほぼ同時展開で最終話まで描けるかも。

また結末が原作と違う展開にされるくらいなら
今作は作ってる意味すら無いしね。
posted by BIE at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師

2009年04月20日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第03話

今さら物語導入部のエピソードを持ってこられても・・・

宗教や神を否定する若き錬金術師の傲慢な物言いには
実体験に裏打ちされた悲しい根拠があった。なんて発見もなければ
イカロスの話を引き合いに出すのも、鋼の腕と脚に驚くのも
1話と2話でもうやっちゃってるから、ノリがイマイチですな。

駆け足すぎる
なんか削れない箇所だけつなぎ合わせて30分にムリヤリまとめている感じで
もうお腹いっぱい
オードブルなしに、メイン・メイン・メインて感じすかね
エレカシ宮本も他人事じゃありませんよ。

2年間100話とかでやればいいのに。
手堅い人気はあるし、原作も1年じゃ終わらねぇだろうに。
posted by BIE at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師

2009年04月13日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第02話

前回のプロローグはまぁ置いておくとして、
原作に沿った作りになるという今作。

ピナコばっちゃんの声が相変わらずロッテンマイヤーさんで安心したのに
ウィンリィとホークアイ中尉が変わってる。むむむ・・・

しかし、なんかすごく簡単に母親作っちゃってるし
現在のエルリック兄弟に繋がるふたりの強い意志とか、
母親への愛情・父親への嫌悪なんかがほとんど描写されておらず
総集編でも見てるみたいだ。

2クールなのか、前作同様4クールなのかは知りませんが
やはり原作通りで最後までやるにはチンタラやってられないんでしょうか。

このくらいは視聴者も知ってるだろってスタンスで流されます。
やはり初心者に優しくない。

持ってかれたー!
は前作の言い方の方が好き
(こういう事言われるから、声優さんも同じ芝居二回するのはイヤでしょうね)

マスタング大佐とヒューズ中佐の会話は蛇足
ここで錬丹術に触れておく必要はないし
兄弟が地獄を見た件は、大佐にしゃべらせるヒマがあったら
回想に時間を取るべきなのでは?と思った

こういう事を書くのはまだ尚早かとも思いますが
エドと父親の確執、アルの孤独感、マスタングとヒューズの友情など
深く描く必要のあるエピソードが浅くなってしまう事が心配です。

最後までやることだけを優先するあまり
ただ表面をなぞるだけの作品にはならないでいただきたい。

何かエピソードいっぱい削られそうで、
マリア・ロス少尉の逃亡の件とかハブられそうだし、
イズミの下で修行するくだりも今回のチラ見せだけで済まされそうな予感
ヘタしたらリンかシャオメイどっちか出てこないんじゃないかと心配したり

まぁ、ヨキ中佐とか出てこなくてもいい人もいっぱいいますけど。
posted by BIE at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鋼の錬金術師

2009年04月07日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

hagane_01a.jpg
はじまりましたね。
2003年に同じボンズ・ANIPLEX制作ですでに一度アニメ化されている本作ですが
原作が人気になるやいなや、即アニメ化が決定したため
あっという間にストーリーが追いついてしまい、後半はほぼオリジナルの展開に。

アレはアレで有りっちゃアリなんですが
アニメオリジナルのホムンクルスが名前と性格がリンクしてなかったり
ダンテの行動原理がいまいちしっくり来なかったり、
そもそもホムンクルスの定義がまるで違う・・・とか
ホーエンハイムの扱いが・・・・とか
おざなりにしちゃダメな部分で釈然としないところが顕著に見られ
作品のパッケージとしては、うまくまとめ上げられてはいるものの

今となって、原作のその後の展開を見た者としては
アレを本当に「ハガレン」として受け入れられるのか
という気持ちにさせられるのは当然の所。

原作者の荒川弘に今後の展開予定とか結末を
聞いた上で制作が始まったにもかかわらず
原作でじっくり時間を掛けて描写したいであろう重要なエピソードなんかは
当然アニメで先にやってしまうワケにもいかず
相当な腹をくくってはじめたシリーズだっただろうと
制作者の苦労は想像に難くない。


そんな中、今回は原作準拠だというので
特にレビューする必要もないだろうと思っていたら
・・・ずいぶん違いますね。

いや導入のエピソードがオリジナルなのは別にいいんですけど、
世界観がすでに随分違うな・・・と。

のっけから「大総統が実は悪」と臭わしていたり
国家錬金術師の内部にもその抵抗勢力が存在するとか
話がシリアスすぎます。

てか、物語は
錬金術を使って、失った身体を取り戻すエルリック兄弟の旅からはじまり
旅を続けるうちに少しずつ事の真相が明らかになっていく展開が面白いのに
オープニング映像にいきなり若い頃のホーエンハイムが出てくるとか
正直ありえません。

一度アニメ化されているし、原作のファンも多いし
いまさら原作準拠で作り直すと言っても、そのままなぞっては能がない
てことなんでしょうか。
しかし、いきなり原作終盤のテンションではじめられても困ったものです。

この作り方は、初心者に優しくありません。
やはり物語の謎の重要な部分やキーパーソンは、
せめて解明されるクールまで隠しておいて欲しいところ

話作りの上手い人は、ずっと先の展開があらかじめ決めてあっても
謎を小出しにして、上手に伏線を張って、
後でそれらを上手く回収しながら、きれいに風呂敷をたたむものですよ。
重要な小物を全部チラ見させてしまっては
謎が謎ではなくなってしまいすっかり興ざめですよ。

こういうところからも、今作は
すでに原作を読み込んでいる人(すなわちお客さんとして確定している人向けに
作られているとしか思えません。

人気作だからもう一度映像化して金儲けしよう
という考えが透けて見えるようで、何だかイヤな感じです。
posted by BIE at 05:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 鋼の錬金術師